ITmedia NEWS >
レビュー
» 2005年11月08日 12時55分 公開

レビュー:Theater Style:明るさと画質を両立したD5パネル機――エプソン「EMP-TW600」 (1/6)

プロジェクター用新型透過型液晶パネル「D5」を採用したエプソンの「EMP-TW600」。これまでの常識を覆し、明るいところから暗いシアタールームまで、状況に応じた高画質を楽しめる完成度の高い1台だ。

[本田雅一,ITmedia]

 セイコーエプソンのプロジェクター用新型透過型液晶パネル「D5」を採用する製品が、年末商戦に向けて続々と投入されている。D5は前バージョンに比べ漏れ光が減少し、暗部輝度が下がることでハイコントラストを実現しているという。デバイスレベルのコントラストは、0.7インチ720P対応パネルで50%向上している。

 ではセット製品に組み込んだ状態での画質はどうか? 昨年同様、今年も売れ筋20万円クラスの透過型液晶プロジェクターを中心に、新製品を追いかけていくことにしよう。初回はエプソンのEMP-TW600である。

photo エプソン「EMP-TW600」

HDMI装備とレンズの高性能化

 EMP-TW600(以下TW600)の仕様については、エプソンによる発表会のリポートが既に掲載済み。レンズシフトや1.5倍ズームなどの基本的なスペックは、前モデルであるEMP-TW200Hと大きな変化はない。

photo レンズシフトや1.5倍ズームなどの基本的なスペックは、前モデルから大きな変化はない

 しかし同じレンズシフト量ながら、センター位置にクリックがあるダイヤル、新たに開発されたレンズ光学系、160ワットながら高効率化で200ワットクラスの光出力を得られる新型ランプなど、細かな点がブラッシュアップされている。

photo

 一方、入力端子に目を向けると、これまでTW500にしか装備されていなかったHDMI端子が追加されている事に注目したい。著作権保護のためにHDMIを利用するという動きもあるが、HDMI追加によってプレーヤーによるDVDのアップコンバート出力を受けることが可能になる。

photo TW600の背面。HDMI端子を装備した

 解像度の低いDVDの映像を720Pのパネルに表示するには拡大処理が必要になるが、拡大処理はMPEGデコード時に行うのがもっとも高品質。ところがDVDの映像をデコード時に拡大してアナログ出力する事が禁じられている。

 これは720P以上のハイビジョン信号に、マクロビジョンというコピー禁止技術を適用できないためだ。しかしHDMIならば、ハイビジョン解像度でも複製を防ぐことが可能なため、アップコンバート出力が可能になる。

 加えてレンズが新規設計になっている点にも注目したい。従来のエプソン製プロジェクターは、レンズシフトやズーム比などは便利だったものの、若干甘さや色収差を感じさせるものだった。

 TW600で採用されているレンズは、見たところカリカリに高い解像度を誇るタイプではない。しかし、中心部から周辺部にかけて平均的に良好な解像感が得られ、四隅での色収差も目立たない。ことさらに高性能をアピールするレンズではないものの、シフト範囲内でほぼ均一な品質を提供してくれる。

       1|2|3|4|5|6 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.