ニュース
» 2007年04月12日 18時58分 UPDATE

東芝、09年にテレビ向け有機ELを投入へ

東芝の西田社長が「09年には家庭用テレビ向けの、大きめの有機ELを出す」と話した。「勝負の年」というHD DVDは「日本市場向けの新しいレコーダーがもうすぐ出てくる」と予告。

[ITmedia]

 東芝の西田厚聡社長は4月12日、家庭用テレビ向け有機ELを2009年にも市場投入する考えを明らかにした。

photo 東芝松下ディスプレイテクノロジーが発表した20.8型有機EL

 有機ELはグループの東芝松下ディスプレイテクノロジーが開発しており、開催中のイベント「Display 2007」に20.8型の低温ポリシリコン有機EL(高分子)を出展した(関連記事参照)

 西田社長は都内で開いた経営方針説明会で、「09年には家庭用テレビ向けの、大きめの有機ELを出すことができるのでは。低分子も高分子もともにやる」と話した。画質などを重視した高級路線か、普及を意識したコモディティ路線にするかは「その時になってみないと分からない」が、「最初から競争が激しい液晶と同じレベルの戦いはしないのでは」という。

 有機ELテレビは、ソニーが年内の商品化を目指している(関連記事参照)

 一方、SED(表面電界ディスプレイ)はパネル生産をキヤノン単独事業に切り替えた(関連記事参照)。西田社長は「戦略は変えていないが、年内に発売できるかどうかはキヤノンの特許訴訟次第だ」と話した。西田社長が「50年に1度のディスプレイ技術であり、これにかけている」と説明した昨年5月の経営方針説明会(関連記事参照)からはトーンダウンした印象だ。

 HD DVDは「今年が勝負。日本市場向けの新しいレコーダーももうすぐ出てくる」と新製品を予告。その上でPC用ドライブが普及のカギになるとの見方を示し「ノートPC用スリムドライブで、搭載してもらえるような機能やコストを実現すれば普及するだろう」と話した。09年度にはプレーヤー・レコーダーで売上高2000億円という目標を掲げた。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.