レビュー
» 2007年08月06日 16時42分 UPDATE

レビュー:コンパクトと高画質、両方欲しい欲張りさんへ――サイバーショット「DSC-W200」 (1/5)

スタンダードなサイバーショット「W」に、ついに1200万画素モデルが登場だ。使い勝手や機能はもちろん、デジ一眼とも比較して気になる画質を作例とともに見てみよう。

[荻窪圭,ITmedia]

 2007年夏、とうとう各社から1200万画素のコンパクトデジカメが登場した。デジタル一眼レフの主流が1000万画素(600万画素のモデルもあるけど)の中で、コンパクトデジカメがそれを抜いた格好になる。

 では一眼レフの1000万画素とコンパクトデジカメの1200万画素のどちらが上か、って気にする人も多かろう。

 その辺も含めて、いち早く登場した1200万画素機、サイバーショット「DSC-W200」(以下、W200)を見てみたい。

hi_DSC_9391.jpg シンプルなスリムスクエアデザインのサイバーショット W200

基本の3倍ズームに1200万画素CCDを搭載

 コンパクト系サイバーショットには屈曲光学系を採用した薄型モデルのサイバーショット Tシリーズと、沈胴ズームレンズを採用したオーソドックスで低コストなサイバーショット Wシリーズがある。1200万画素CCDを搭載したのはその“W”の最新型「DSC-W200」だ。

 1/1.7インチの1200万画素CCDに35〜105ミリ相当のオーソドックスな3倍ズームレンズを搭載したモデル。

hi_DSC_9332.jpghi_DSC_9396.jpg 上から(左)。上面には電源とシャッターボタンとマイクがある。正面から(右)。カールツアイスブランドレンズの右上にある窓は光学ファインダー。レンズの上にはフラッシュとAF補助光窓がある
hi_DSC_9346.jpghi_DSC_9347.jpg 側面から。レンズ周りのリングが少し飛び出ているほかは薄くてフラットなボディ。レンズも2段沈胴であまり飛び出ない

 レンズの明るさはF2.8〜5.5で撮影最短距離はマクロモード時で5センチ(ワイド端。テレ端では35センチ)とこちらもオーソドックス。

 手ブレ対策はしっかりしており、CCDシフト式の手ブレ補正機構を持つほか、ISO感度も最大ISO3200(さらに、画素混合を使ったEX高感度モードでは画像サイズは落ちるもののISO6400までサポートしている)となっている。

 ただ、通常のISOオートでは最高でISO400。高感度モードでは感度が早めに上がるようになり、最高ISO1600となる。

hi_DSC_9385.jpg シーンセレクションではEX高感度やビーチなど特殊なシーンが用意されている

 その上はシーンの中に用意されているEX高感度モード。こちらは記録画素数が3M相当に固定されるが、最高ISO6400までサポート。ただし、ISO1600までは素直に上がるものの、それより上はかなりシャッタースピードが落ちないと上がらない(ワイド端で1/4秒より遅くなると上がるようだ)。

       1|2|3|4|5 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.