ニュース
» 2007年09月10日 13時00分 UPDATE

ソニーのiPodキラー?「Rolly」が正式発表

ソニーが新コンセプトの音楽プレーヤー「Rolly」を正式発表。“サウンドエンターテインメントプレーヤー”と銘打つその正体は?

[ITmedia]

 ソニーは9月10日、“Rolly”「SEP-10B」を9月29日より販売開始すると発表した。価格はオープンで、実売想定価格は3万9800円。

photo “Rolly”「SEP-10B」

 8月にオープンしたプロモーションサイトで「音楽の新しいリスニング・スタイルを提案する、サウンドエンターテインメントプレーヤー」と紹介されていた製品。横倒しにしたラグビーボールのようなボディには1Gバイトのフラッシュメモリとステレオスピーカーを内蔵。音楽再生時には両脇(アーム)が翼のように広がり、サイズからは想像できないような音量・音質で音楽を再生するという。

photophotophoto スピーカーを両端に対抗配置することで指向性を低減、「どこにいてもいい音」を狙う。また、ホイールを利用した2点接地によって床面への振動が伝わるのを抑制するほか床を反射板と利用する設計を施すことで豊かな低音も実現したという

 既存のスピーカー搭載小型プレーヤーとは外見も異なれば、操作方法も一線を画している。本体にはホイールと加速度センサーを搭載しており、床置きした状態で本体を手前に引くと「前曲戻り」、奥に押すと「次曲進み」。大きく手前に引くと「グループ戻り」、大きく奥へ押すと「グループ進み」となる。再生中に時計回りに回転させると音量が上がり、逆時計回りに回転させると音量が下がる。

 縦に手にした状態では、上ホイールが選曲、下ホイールが音量をコントロールする。また、再生中に再生ボタンを2回押したあとに本体を数回振ると、再生モードがシャッフル再生モードに切りかわる。

 音楽再生機能のほかホイールやアームを曲にあわせて動かす、ダンス(モーション)機能も備えている。

 添付ソフト「Motion Editor」を利用すれば、楽曲を自動的に解析・モーションを作成してくれる「オートモーション」機能が利用できるほか、完全に任意の動きを作成し、Rollyに踊らせることもできる。自分でモーションを作成する際には、ホイールやショルダーの可動はもちろん、アームの開閉速度、ホイールに沿うかたちで備えているLEDの発光色も指定できる。液晶は搭載していないが内部には時計を内蔵しており、指定した時間に指定した曲をモーションとともに再生するといったこともできる。

 作成したオリジナルモーションはMotion Editorを通じて製品サイトにアップロード可能となっており、他のRollyユーザーへ公開できる。また、製品サイトからはモーションのダウンロードもできる。そのほか、Bluetoothによる通信機能も搭載(プロファイルはA2DP/AVRCPに対応)。Bluetoothを搭載する携帯電話などのワイヤレススピーカーとしても機能する。

photophoto 電源は専用バッテリー。稼働時の安定性と低音の充実を狙い、バッテリー蓋にもおもりが仕込まれている

 再生可能な音楽ファイルはMP3/ATRAC/AACの3種類で、本体サイズは104(幅)×65(高さ)×65(奥行き)ミリ、約300グラム。電源は着脱可能な専用バッテリーで、音楽再生時の連続再生時間は5時間(モーションも同時再生する場合は約4時間)となってる。給電しながら音楽を再生できる専用クレードルと専用充電池、専用ソフトキャリングケースといったオプションが用意される。

関連キーワード

Rolly | iPod | ソニー | ウォークマン


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.