ニュース
» 2008年01月24日 10時20分 UPDATE

超望遠DA★(スター)レンズも――ペンタックス、交換レンズ5機種発表

ペンタックスがデジタル一眼レフカメラ専用の交換レンズを発表。全5機種のうち3機種が単焦点と、同社らしい展開を見せる。35ミリ判換算で460ミリ相当のDA★(スター)レンズも登場。

[ITmedia]

 ペンタックスは1月24日、デジタル一眼レフカメラ専用の交換レンズ5機種を発表した。2月7日から順次販売を開始し、価格はオープン。製品名、実売想定価格は以下の通り。

製品名 実売想定価格
smc PENTAX-DA★ 300mm F4ED[IF] SDM 16万円台後半
smc PENTAX-DA★ 200mm F2.8ED[IF] SDM 13万円台前半
smc PENTAX-DA 35mm F2.8ED Macro Limited 5万円台半ば
smc PENTAX-DA 18-55mm F3.5-5.6AL II 2万円台後半
smc PENTAX-DA 55-300mm F4-5.8ED 4万円台前半

 今回の発表では、同社の高性能レンズの証である★(スター)を冠した交換レンズ2機種が登場した。「smc PENTAX-DA★ 300mm F4ED[IF] SDM」は35ミリ判換算で460ミリ相当の画角を得ることができる。レンズ構成は6群8枚で、第2・第5レンズにEDガラスを採用している。また望遠レンズながら最短撮影距離1.4メートルを実現した。サイズは83(径)×184(長さ)ミリで、重さは約1070グラム(本体のみ)。

 307ミリ相当の画角を備える「smc PENTAX-DA★ 200mm F2.8ED[IF] SDM」は、開放F値がF2.8と明るく、十分な光量を得られない室内や、被写体の動きが速いスポーツなどの撮影で効果を発揮する。また背景のボケ味を生かした撮影にもむいている。8群9枚構成で、第2・第3レンズにEDガラスを採用した。サイズは83(径)×134(長さ)ミリで、重さは約825グラム(本体のみ)。2機種ともに、レンズ内の超音波モーターにより静かで滑らかなオートフォーカスを実現する「SDM」機構や、各部のシーリングによる防塵防滴構造を採用している。

photophoto smc PENTAX-DA★ 300mm F4ED[IF] SDM(左)とsmc PENTAX-DA★ 200mm F2.8ED[IF] SDM(右)

 試験機などによる数値評価だけではなく、実写評価に重点をおくことで“レンズの味”も追求した「Limited」シリーズからは、同シリーズ初となるマクロレンズ「smc PENTAX-DA 35mm F2.8ED Macro Limited」が登場する。63(径)×46.5(長さ)ミリのコンパクト設計ながら、等倍までの接写を可能にした。53.5ミリ相当の画角を得られ、「標準レンズとしてもオススメ」(同社)。重さは約215グラム。

photo smc PENTAX-DA 35mm F2.8ED Macro Limited

 ズームレンズも2機種発表された。「smc PENTAX-DA 18-55mm F3.5-5.6AL II」は27.5〜84ミリ相当の焦点距離を備える標準ズームレンズ。非球面レンズや異常低分散ガラスを採用した光学系で、有効1000万画素以上の高精細画像でも高い解像力を発揮する。サイズは68(径)×67.5(長さ)ミリで、重さは約220グラム(本体のみ)。「smc PENTAX-DA 55-300mm F4-5.8ED」は、焦点距離84.5〜460ミリ相当という、中望遠から超望遠域までをカバーできる高倍率ズームレンズ。光学系にEDガラスを2枚取り入れ、色収差を低減する。サイズは71(径)×111.5ミリ、重さは約440グラム(本体のみ)。

photophoto smc PENTAX-DA 18-55mm F3.5-5.6AL II(左)とsmc PENTAX-DA 55-300mm F4-5.8ED(右)

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう