ITmedia NEWS >
ニュース
» 2007年02月22日 10時00分 公開

デジ一眼専用高性能レンズ「DA★(スター)」レンズ新登場

ペンタックスが、高性能を追求したデジタル一眼レフカメラ専用設計レンズ「smc PENTAX-DA★(スター)」シリーズを新開発。第1弾としてズームレンズ2機種を発売する。

[ITmedia]

 ペンタックスは2月22日、デジタル一眼レフカメラ専用設計レンズ「smc PENTAX-DA★(スター)」シリーズを新開発、第1弾としてズームレンズ2機種「smc PENTAX-DA★16-50mm F2.8ED AL[IF]SDM」「smc PENTAX-DA★50-135mm F2.8ED [IF]SDM」を発表した。価格はオープンで、市場想定価格は、2機種ともに12万円台後半。近日発売予定(詳細な日程は未定)。

  • 「smc PENTAX-DA★16-50mm F2.8ED AL[IF]SDM」
    35ミリ判換算で24.5〜76.5ミリ相当の焦点距離が得られる、超広角域から中望遠域をカバーする3.1倍ズーム。
photophoto 「smc PENTAX-DA★16-50mm F2.8ED AL[IF]SDM」。右はK10Dに装着したスタイル
  • 「smc PENTAX-DA★50-135mm F2.8ED [IF]SDM」
    35ミリ判換算で76.5〜207ミリ相当の焦点距離が得られる2.7倍の望遠ズームレンズ。
photo 「smc PENTAX-DA★50-135mm F2.8ED [IF]SDM」

 銀塩フィルムカメラ時代から同社の高性能レンズの代名詞となっている「★(スター)レンズ」。同社の交換レンズの中でも、非球面レンズ/特殊光学ガラス/独自レンズコーティング技術などの高度な技術を駆使することで画像周辺部までクリアかつ高コントラストを実現した、優れた描写性能を持つ“銘玉”にのみ★の称号が与えられていた。デジタル専用設計の「DA★」は、ペンタユーザー待望のレンズだ。

 レンズ内に搭載した超音波モーターによって静かで滑らかなオートフォーカスを実現する「SDM」機構を採用。同社のデジタル一眼レフカメラ「K10D」に装着することで、自動でSDM機構によるAF方式に切り替わる(事前にK10Dのファームアップが必要。アップデート情報は3月下旬以降に同社ホームページで告知される予定)。

 なお、「K100D」や*ist Dシリーズなど、ほかの同社デジタル一眼レフカメラに装着した場合は、従来レンズ同様にカメラ内モーターを使用したカプラ駆動方式によるオートフォーカスが作動する。

 各部にシーリングを施した「防塵・防滴仕様」を採用。オートフォーカスによる合焦後、切り替え操作無しにマニュアルでのピント合わせが可能な「Quick-Shift Focus System(クイックシフト・フォーカス・システム)」を備えている(SDM/カプラ駆動どちらでも利用可能)。

 そのほか、汚れに強い「SP(Super Protect)コーティング」を施したほか、デジタル専用設計によって小型軽量な本体サイズを実現している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.