ニュース
» 2008年03月11日 11時04分 UPDATE

ティアック、音質高めた骨伝導ヘッドフォン

ティアックが音質を高めた骨伝導ヘッドフォン“Filltune”(フィルチューン)「HP-F200」を発売。

[ITmedia]
photo “Filltune”(フィルチューン)「HP-F200」

 ティアックは3月11日、骨伝導ヘッドフォン“Filltune”(フィルチューン)「HP-F200」を3月23日より販売開始すると発表した。価格はオープンで、実売想定価格は3万6000円前後。

 同社既存製品「HP-F100」の後継。音を鼓膜ではなく、振動として直接内耳へ伝えることで音を感じ取ることのできる骨伝導ヘッドフォン。新製品はアンプ部を見直して高音質化を進めたことで、「既存のヘッドフォンとは異なる新たな可能性を提案」(同社)するという。

 音質面以外にも細部にわたって改良が施されている。肌に触れる部分の材質や形状を変更することで装着感を向上させているほか、バッテリーとアンプを小型化することで携帯性も向上している。左右は独立して音量を調整することも可能だ。

 同社では新製品について、ショールームへ試聴機を設置するほか、10日間の無料貸し出しサービスも開始する。貸し出しサービスの詳細については製品情報ページで確認できる。

関連キーワード

骨伝導 | ヘッドフォン | ティアック


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう