ニュース
» 2008年05月13日 14時00分 UPDATE

より快適なライブビュー、手ブレ補正内蔵「E-520」

オリンパスがデジタル一眼レフカメラ「E-520」を発表。ボディ内手ブレ補正機構を備えるほか、「ハイスピードイメージャAF」でライブビュー撮影の快適さがさらに向上した。

[ITmedia]

 オリンパスイメージングは5月13日、デジタル一眼レフカメラ「E-520」を5月末より販売開始すると発表した。価格はオープンで、実売想定価格はボディのみが8万円前後、「ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.5」をセットしたレンズキットが9万円前後、「ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.5」と「ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F4.0-5.6」の2本をセットしたダブルズームキットが11万円前後。

photo デジタル一眼レフカメラ「E-520」

 ボディ内手ブレ補正機構を搭載したフォーサーズ規格準拠のデジタル一眼レフ「E-510」(レビュー)の後継機種。E-510と同様に防振装置には超音波アクチュエータを採用しており、キットレンズのほか、「ZUIKO DIGITAL ED 70-300mm F4.0-5.6」などフォーサーズ規格に準拠したすべての交換レンズで最大4EV相当の手ブレ補正効果を実現する。また、縦位置での流し撮り(水平方向)時にも補正が有効となるほか、焦点距離入力を行えばフォーサーズ規格準拠のレンズ以外でも補正機能を利用することができる。

 オートホワイトバランス(AWB)も強化された。処理アルゴリズムの見直しにより、E-510に比べて安定性と正確性が向上しており、色カブリなどをより確実に回避できるようになっている。

 背面液晶でフレーミングを行えるライブビュー機能も引き続き搭載するが、「E-420」(レビュー)に搭載されているコントラストAF「ハイスピードイメージャAF」を備える。撮像素子に投じられた画像からピントを割り出すためにミラーをダウンさせる必要がなく、あたかもコンパクトデジカメのような、スムーズな撮影をライブビュー時にも行える。

photophoto

 撮像素子は有効1000万画素の4/3型Live MOSセンサー。画像処理エンジンにはTurePicIII」を組み合わせることで、最大8人までの人物の顔を認識してAF/AEを最適な値に自動制御する顔検出機能も搭載。顔検出機能と連動することで背景の露出も最適な値にする「フェイス&バックコントロール」機能も備えており、背景と人物を見た目に近い自然な仕上がりで撮影できる。

 背面液晶は2.5インチの(E-510)から、2.7インチに大型化された。液晶そのものもハイパークリスタル液晶からハイパークリスタル液晶IIへ変更され、高コントラストと広再現色域を実現した。視野角は上下左右176度。連写機能も秒3コマから秒3.5コマへと高速化されている。

photophoto

 既存モデルで好評のダストリダクションシステムも搭載する。カメラ起動時/ライブビュー使用時に撮像素子の前に設置されたSSWF(超音波防塵フィルター)が作動し、ゴミやホコリを振り落とし、画像への写り込みを防ぐ。ワイヤレス対応の内蔵フラッシュやコンティニュアスAFの強化など、フラグシップモデル「E-3」の特徴も備えている。

 シーンセレクトAEにはポートレートや風景、スポーツ、マクロなどのほか、水中ワイド、水中マクロも用意されている。サイズは136(幅)×68(奥行き)×91.5(高さ)ミリ。記録メディアはxDピクチャーカードとコンパクトフラッシュ(TypeI/II、マイクロドライブ対応) のダブルスロットを搭載。電源は専用リチウムイオン充電池。

 同時にE-520専用アクセサリーとして、水中プロテクター「PT-E05」、水中撮影用フラッシュ「UFL-2」も発表された。いずれも今夏発売予定で価格は未定。

photophoto 水中プロテクター「PT-E05」(左)、水中撮影用フラッシュ「UFL-2」(右)

 PT-E05は水深40メートルまでの耐圧仕様となっており、各種の防水レンズポートとの組み合わせによってさまざまな交換レンズを利用できる。UFL-2は独自通信形式「RCデータトランスファー」に対応しており、E-520をPT-E05にセットした後、光ファイバーでUFL-2を接続するとE-520の背面液晶で多灯フラッシュの設定が容易に行える。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.