ニュース
» 2008年06月16日 18時05分 UPDATE

AVCHDにも対応した第3世代“Everio”登場

日本ビクターは、ハードディスクムービー“Everio”の新製品として、新たにAVCHD記録に対応した「GZ-HD40/HD30」を発表した。120GバイトHDD内蔵のGZ-HD40なら、フルハイビジョン解像度で最大50時間を録画可能だ。

[芹澤隆徳,ITmedia]

 日本ビクターは6月16日、ハードディスクムービー“Everio”の新製品として、新たにAVCHD記録に対応した「GZ-HD40/HD30」を発表した。7月上旬に発売する予定で、価格はオープンプライス。店頭では、120GバイトHDD内蔵のGZ-HD40が15万円前後、60GバイトのHD30は13万円前後になる見込みだ。ボディカラーは、GZ-HD40がクリアブラックのみ、HD30はプレシャスシルバーとクリアブラックの2色展開となる。

photophoto 「GZ-HD40」はクリアブラックのみ。HD30はプレシャスシルバーとクリアブラックの2色を用意している
photophoto 背面にはHDMI出力などを装備

 同社としては初のAVCHD対応機。新たにMPEG-2 TSとMPEG-4 AVC/H.264ハイプロファイルの信号圧縮をサポートした「ビデオカメラ用デュアルコーデック対応HD信号処理LSI」を開発。「HD Gigabrid Duo」として映像エンジンに採用した。

 「従来のMPEG-2 TSは、安定感のある画質と充実した編集環境が魅力だった。しかし、どうしても記録時間が短くなり、ユーザーからは長時間記録に対する要望が強かった」(同社)。120GバイトHDDのHD40なら、AVCHD(MPEG-4 AVC/H.264)のフルハイビジョン解像度で最大50時間の録画を可能だ。AVCHDも登場から2年が経過して「再生環境は整いつつある。とはいえ編集環境に関しては完璧ではないため、デュアルコーデックとした」(同社カムコーダーカテゴリー商品企画室の及川尚郁主査)。

 撮像素子には、1/3型の268万画素CMOSセンサーを採用。ベイヤー配列フィルターを45度回転させたCMOSにより、採用色の再現性が従来よりも向上しているほか、水平解像度も約850本と従来機(720本)を大きく上回る。同社カムコーダーカテゴリー技術部の技師チームリーダーを務める白坂徹氏によると、「色飽和を抑えつつ彩度を向上。S/N比も改善しつつ、色の豊かさや深みをうまく表現できた」という。

photophoto ベイヤー配列フィルターを45度回転させたCMOSを採用。フルハイビジョンの1.3倍に相当する情報から情報を読み出す
photophoto 写真左はGZ-HD40で実際に撮影した映像

 もう1つの特徴が、「GZ-HD30」の“世界最小サイズ”だ。CMOSセンサーの採用に加え、従来は3つだったLSIを2つに集約するなどして従来モデル(HD5)から約15%の小型化を実現。また80Gバイトの容量をシングルプラッタで実現した薄型HDDを採用したことで、71(幅)×123(奥行き)×68(高さ)ミリというコンパクトボディとしている。なお、上位モデルのHD40はプラッタ2枚のHDDを搭載しているため、2ミリほど横幅が大きくなる(73×123×68ミリ)。

photophoto レンズ周囲のダイヤカットや側面のヘアライン加工が高級感を演出する。撮影時には「HD」が光る

 制御アルゴリズムの見直しによる高速起動&録画も新製品の特徴だ。起動時間は約0.6秒で、この状態から記録を開始するまでにかかる時間はわずか0.08秒。従来機の1秒+0.7秒を大きく上回るクイック記録を実現した。また専用ボタンの搭載により、撮影後すぐに自動確認再生に入ることが可能。再生までにかかる時間は従来機の半分となる3.5秒だ。

photo 「オートグルーピング」機能の概要

 このほか、再生時の利便性を向上させる機能として「オートグルーピング」が挙げられる。これは、録画ファイルを撮影した時間帯や間隔、長さなどをもとにグループ分けして、見やすくまとめるというもの。メディアを代えずに長時間撮影が可能なHDD内蔵ビデオカメラでは、サムネイルが増えて再生や編集のときに迷うことも多いが、オートグルーピング機能はシーンごとに1つのサムネイルにまとめてくれる。なお、同機ではmicroSDカードへの動画記録も可能(AVCHDモードのみ)、HDDとmicroSDに記録した動画が混在した状態でグルーピングすることもできるという。

 同時にリリースされた「CU-VD50」は、撮影した動画をPCなしでバックアップするためのDVDライターだ。MPEG-2とAVCHDのデコーダーを搭載しているため、ビデオカメラ本体を接続しなくても再生が可能。HDMI端子は1080p出力に対応するほか、x.v.ColorやDeep Color、HDMIコントロール(CEC)もサポートした。

photophoto オプションのDVDライター「CU-VD50」。縦置き/横置き両対応だ。価格はオープンプライス。店頭では5万円前後になる見込みだ

 そのほかの主な仕様は下表の通り。

型番 GZ-HD40 GZ-HD30
動画/音声記録方式 MPEG-4 AVC/H.264(AVCHD準拠)+Dolby Digital(AC3)2ch
MPEG-2 TS(SD-Video準拠)+MPEG-1 Audio Layer2 2ch
HDD容量 120Gバイト 60Gバイト
レンズ 光学10倍ズーム(動画:35mmカメラ換算で50〜500mm、静止画:35mmカメラ換算で39.5〜395mm
フィルター径 43ミリ
最低照度 7ルクス
液晶モニター 2.8型(アスペクト比は16:9)
入出力端子 HDMI出力、USBミニ、AV出力(3.5ミリミニプラグ)、コンポーネント出力、i.LINK出力(HD40のみ、付属のドックで対応)、外部マイク入力、ヘッドフォン出力
外形寸法 73(幅)×123(奥行き)×68(高さ)ミリ 71×(幅)×123(奥行き)×68(高さ)ミリ
撮影時重量 約540グラム 約525グラム
実売価格(オープン) 15万円前後 13万円前後
発売時期 7月上旬

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう