ニュース
» 2009年02月02日 11時05分 UPDATE

ラックスマン、コンセンサスのスピーカーを国内販売

ラックスマンがConsensus Audio Engineering製スピーカーシステムの輸入販売を開始した。フロア型スピーカー2機種をラインアップ。

[ITmedia]

 ラックスマンは1月30日、オーストリアに本拠を置くConsensus Audio Engineering(コンセンサス・オーディオ・エンジニアリング)が開発・製造するスピーカーシステムの輸入販売を開始すると発表した。3Wayフロア型の「Magma」と2Wayフロア型の「Lightning SE」をラインアップ。それぞれ「Etimo」と「Maple」の2色を用意しており、価格はMagmaが390万円、Lightning SEが240万円(いずれも2台1組)。

photo 左が「Magma」のEtimoカラー、右が「Lightning SE」のMaple

 Consensus Audioは、欧州で多くのハイエンドスピーカーを開発/設計したStefan Fekete氏が2003年に立ち上げた新鋭メーカー。スピーカーボックス内の空気の流れを内部構造によってコントロールする独自の「Air-flow-Technology」が特徴で、正確な定位と高い解像力で自然な音を実現するという。スピーカーユニットとネットワークは、独ムンドルフ製パーツを独自にカスタマイズしたものを使用している。また、エンクロージャーには7層に貼り合わせたぶなの木を使用し、高級感のあるピアノ塗装で仕上げた。

 Magmaのユニット構成は、1.2インチのセラミック・ツィーター、3.5インチのセラミック・ミッドレンジ、7インチのセラミック・ミッドウーファー。インピーダンスは5オームで、周波数特性は26Hzから35KHz。外形寸法は260(幅)×1200(高さ)×520(奥行き)ミリ、重量は1台58キログラム。

 一方のLightning SEは、1.2インチのセラミック・ツィーターと7インチのセラミック・ミッドウーファーという構成。周波数特性は28Hzから35KHz。外形寸法は260(幅)×1120(高さ)×420(奥行き)ミリ、重量は1台40キログラムとなっている。

 また2機種共通のオプションとして、オリジナルスパイクセット(25万円)やスピーカーケーブル(46万円)、ダイヤモンドツィーターセット(160万円/ペア)なども用意した。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう