ニュース
» 2009年04月13日 14時50分 UPDATE

日本ビクター、Xpol搭載の業務用3D液晶モニターを発表

日本ビクターは、垂直インターリーブ方式の業務用3D液晶モニター「GD-463D10」を7月上旬に発売する。最薄部39ミリのコンパクト設計。

[ITmedia]
photo 「GD-463D10」

 日本ビクターは4月13日、最薄部39ミリの業務用46V型フルハイビジョン3D液晶モニター「GD-463D10」を発表した。価格はオープンプライス。7月上旬に発売する。

 有沢製作所の垂直インターリーブ式3Dシステム「Xpol」(エックスポール)を採用。液晶パネルの表面に微細偏光素子を規則正しく配列させたフィルムをはり、右目用と左目用の映像をインタレース化して同時に表示する。これを専用の円偏光メガネを通して見ると、偶数ラインが左目に、奇数ラインが右目に入り、立体的に見える仕組み。もちろん通常の2D映像を表示することもできる。

 また、“3D映像システム”と呼ばれる独自の3D映像信号デコーダーにより、2つの3D映像信号フォーマットに対応している点も特徴。3D映像の制作現場などで広く使われているLine-by-Line方式と、BS11の「3D立体革命」などで採用実績のあるSide-by-Side方式の両方をサポートした。そのほかの仕様は下表の通り。

 ビクターでは、4月18日〜23日に米ラスベガスで開催される世界最大の放送機器展覧会「NABShow 2009」にGD-463D10を出展する予定だ。

型番 GD-463D10
画面サイズ/解像度 46V型/1920×1080ピクセル
パネルコントラスト比 2000:1
ダイナミックコントラスト比 1万:1
入力端子 3D対応HDMI入力×3系統3端子(1080/24p、50p、60p、50i、60i)
外形寸法 1071(幅)×725(高さ)×275(奥行き)ミリ(スタンドあり)
重量 26.9キログラム
付属品 円偏光メガネ×2個
価格 オープンプライス

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう