ニュース
» 2009年04月14日 18時03分 UPDATE

「空気を読めず大失敗」もある、「人生ゲーム極辛(ごくから)」

就職は難しい、空気を読めず失敗、失言で人気ガタ落ち――。46作目となる人生ゲームは極辛(ごくから)だ。

[ITmedia]

 タカラトミーはボードゲーム「人生ゲーム」の最新作「人生ゲーム極辛(ごくから)」を発売する。

photo 「人生ゲーム極辛(ごくから)」

 ルーレットを回して人生のさまざまなイベントを経て億万長者を目指す、今作で46作目となる定番ボードゲームの最新作。世相を反映してか、就職が人生ゲーム史上最も難しい設定になっていたり、「空気を読めず大失敗」「恋人にケータイをチェックされる」など、マス目で起きるイベントも今風、そして若干辛めの味付け。

 新たに「スパイラルゾーン」が新設され、こちらへ入り込むと「給料が減る」「株が下がる」「失言で人気ガタ落ち」「新型ウイルスで高熱」といったトラブルからなかなか抜け出せない。

 しかし、つらいだけではなく、一発逆転のチャンスも。ギャンブルの目にとまったプレーヤーが賞金を獲得できないとその賞金がプールされていく、キャリーオーバー制が採用されているほか、ゴール後の「宝くじ」で起死回生のビックボーナスが手にはいることも。

 「100年に1度の経済危機。そんな時代は人生ゲームで気分転換!」(同社)。

 「人生ゲーム極辛(ごくから)」の販売開始は4月23日から。価格は3990円。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう