ニュース
» 2009年10月02日 20時03分 UPDATE

テレビなどに使える“ワイヤレス給電システム”、ソニーが開発

ソニーは、電源コードを接続せず、テレビなどの電子機器に電力を供給できる「ワイヤレス給電システム」を発表した。約50センチ離れた場所にある機器に60ワットの電力を給電できる。

[ITmedia]

 ソニーは10月2日、電源コードを接続せず、テレビなどの電子機器に電力を供給できる「ワイヤレス給電システム」を発表した。約50センチ離れた場所にある電子機器に60ワットの電力を給電することが可能になる。

photo

 送電デバイスから供給された電力エネルギーが、同じ周波数で共鳴している受電デバイスのみに伝播する磁界共鳴型の非接触給電技術を採用。送電/受電デバイスの位置関係がずれていても高効率の給電が可能で、かつ送電/受電デバイスの間に金属が入っても、熱くはならないといった特徴がある。

photo

 新開発の給電システムは、ソニーが通信・放送分野の商品開発で培ってきた高周波伝送技術を応用した整流回路を搭載。整流を含めても約60%という給電効率を実現した。また送電・受電デバイスと同じ周波数で共鳴するリピーターデバイスを開発。デバイスのみの基礎実験では、リピーターを送電/受電デバイス間に配置することで、給電効率を維持したまま給電距離を50〜80センチメートルまで延ばすことに成功したという。

 同社では今後、ワイヤレス給電技術の電子機器全般への応用の可能性について研究開発を継続する方針。

関連キーワード

ソニー | 液晶テレビ | 商品開発


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.