ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「商品開発」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「商品開発」に関する情報が集まったページです。

全国より高い平均日商:
苦戦していた「沖縄ファミマ」が稼ぎまくるようになった経緯が面白い
沖縄にあるファミマの全店平均日商は全国平均より高い。なぜ沖縄のファミマの稼ぐ力は高いのか。地元に密着した独自の商品開発力やマーケティング施策に迫る。(2019/5/17)

どんなニーズがあるのか:
ナチュラルローソンが5個で499円のゆで卵に“商機”を見いだしたワケ
女性客が7割を占めるナチュラルローソン。4月23日に5個で499円のゆで卵を発売する。どんな勝算があってこの商品を開発したのか(2019/4/17)

体当たりッ!スマート家電事始め:
ソニーのおもちゃ「toio」、プレステのノウハウでパワーアップしていた
2年前、「ソニーのおもちゃ」として注目を集めた「toio」がようやく発売にこぎつけた。事業はSIEに移管され、製品にも大きく手を加えたという。toioの商品企画を担当する田中章愛さん、toio専用タイトルのプロデューサー、小番芳範さんに話を聞いた。(2019/4/11)

MWC19 Barcelona:
「頂点のユーザーをがっちりつかむのが目標」 ソニーモバイルに聞く「Xperia 1」
ソニーモバイルがMWC19 Barcelonaで発表した新Xperiaは、製品名も含めて従来機から大きく手を加えた。今回の新モデルはどのような戦略で開発したのか。ソニーモバイルのブースにて、同社商品企画部門 部門長の田嶋知一氏に話を聞いた。(2019/3/1)

ガリとわさびをお好みで:
和食料理人が考案 「くらバーガー」を食べて分かった商品開発の狙い
くら寿司がハンバーガーを開発した。3月1日から発売する。実際に食べてみながら商品開発の狙いを聞いた。(2019/3/1)

“聖域”はない:
カップヌードルのコラボ商品も! 百貨店が顧客「発掘」に攻勢
百貨店が、ほかの企業とコラボレーションしてオリジナル商品を開発、販売したり、期間限定ショップをオープンしたりする試みが広がっている。百貨店と縁遠かった若い年代をはじめ、新たな顧客を掘り起こすための戦略に“聖域”はない。(木村郁子)(2019/2/28)

今日のリサーチ:
理想的なKPIとは何か? 商品企画・マーケティング・営業1034人が回答――プレイド調査
KPI設定に「顧客への提供価値の最大化」があるビジネスパーソンの約8割が 「(自社の)事業が成長している」と回答しています。(2019/2/19)

企業間ビッグデータ連携に本腰、10月から新サービス:
セブン-イレブンとグリコは、ヤフーの検索履歴データをどう活用したのか?
ヤフーが自社のビッグデータ分析のノウハウを企業向けに販売する。商品企画や需要予測など、活用の幅は広いと同社は強調。既にさまざまな企業が、実証実験で有力なインサイトを得ているという。(2019/2/14)

累計680万枚:
倒産寸前の町工場がタオルで大逆転! ヒットの秘密は「糸」と「伝え方」
倒産寸前の状態から大ヒット商品を生み出した町工場がある。岐阜県にある浅野撚糸だ。累計680万枚を販売したタオル「エアーかおる」はどのように生まれたのか。V字回復を成し遂げた商品開発の秘密に迫った。(2019/2/14)

新しい働き方:
ワーケーションを軸に新商品開発 和歌山県、田辺市、白浜町とJMAMが連携
和歌山県、田辺市、白浜町は日本能率協会マネジメントセンター(JMAM)とワーケーション事業に関する包括連携協定を結んだ。(2019/2/9)

ITmedia Virtual EXPO 2019 春:
大ヒット商品はこうして生まれた! カプセルトイ「だんごむし」ができるまで
とがった商品を企画して、実際に商品化まで持っていくには? 難しい機構の実現とコストを成立させるには? それらのハードルを突破するために重要な「試作」の役割とは? カプセルトイ「だんごむし」の大ヒットを生み出したバンダイ ベンダー事業部の誉田恒之氏が語る。(2019/2/7)

インターネット調査の常識を覆す:
PR:質の高い定量・定性調査を気軽に、毎月でもリピートできるアンケート調査とは
商品開発やマーケティングの場面で調査実施のニーズは多いが、1回きりのアンケートで分かることは少ない。コストや時間をかけず、従来のインターネット調査よりも質の良いアンケートを手軽に実施できる方法を紹介する。(2019/1/25)

インターネット調査の常識を覆す
質の高い定量・定性調査を気軽に、毎月でもリピートできるアンケート調査とは
商品開発やマーケティングの場面で調査実施のニーズは多いが、1回きりのアンケートで分かることは少ない。コストや時間をかけず、従来のインターネット調査よりも質の良いアンケートを手軽に実施できる方法を紹介する。(2019/1/25)

家電ベンチャーのUPQ、Cerevoに量産を委託へ 「想像以上の反響、失敗、学びあった」
家電ベンチャーのUPQが、Cerevoに製品の量産を委託へ。UPQは商品企画やプロダクトマネジメント、販売に注力する。(2019/1/15)

ITmedia エンタープライズ セキュリティセミナーレポート:
セブン銀行のCSIRTは「商品開発部門」がカギ――マーケティングの知見を生かしたセキュリティ対策とは?
ITmedia エンタープライズのセキュリティセミナーにセブン銀行のCSIRT「7BK-CSIRT」が登場。システム部門だけではなく、商品開発部門をメンバーに加え、マーケティングの視点を持って、金融犯罪対策を進めているのだという。(2018/12/27)

製造コスト下げたい:
一斗缶の新商品開発に意欲 那覇王冠・玉城幹雄社長
一斗缶を製造する那覇王冠が、鋼板を薄くした新商品の開発に取り組んでいる。強度の維持が課題だが、「プラ缶より安く、リサイクル缶よりも安心して使える商品を作りたい」と意気込む。(2018/12/17)

あなたの地元でも販売してる?:
エリア限定だけじゃない これだけ出ていたセブンの“県・市限定商品”
セブンがエリア限定だけでなく“県・市限定商品”を販売している。2018年だけでも多くの種類の商品を開発していが、その背景には何があるのだろうか。(2018/11/28)

需要は今後も高まる見込み:
ペット用の家電、相次ぎ登場 留守中でも安心
外出先でペットの様子を確認できるカメラ、体重、尿の状況を確認するシステムなど、ペットと快適に過ごすための家電が充実してきた。近年、共働き世帯の増加や飼い主の高齢化などでイヌやネコを中心にペットの室内飼育が増え、ペットへの支出も増加傾向にあるなど「ペット家電」が受け入れられる素地が広がる。家電各社は商品開発に力を入れている。(2018/11/26)

あなたはどのパンを推す?:
ファミマの「うまいパン決定戦」 発案はみんなでワイワイ「社長メシ」
ファミマが11月27日から「うまいパン決定戦」を開催する。全国のパンメーカーが決定戦のために独自商品を開発して、売り上げを競う。このユニークなイベントは、社長と社員らがランチをとる「社長メシ」の“軽いノリ”から生まれた。(2018/11/22)

上位6商品はずっと変わらない:
ツナマヨはなぜ“20年無敗”だったのか おにぎりの担当者に聞いた
ずっと販売数で1位だったのに悪魔のおにぎりに単日ベースで抜かれたツナマヨ。なぜ、20年無敗を誇っていたのだろうか。ローソンの商品開発担当者に聞いた。(2018/11/13)

顧客からの反応聞きたい:
テレビ参入のアイリスオーヤマ、「今回はテスト販売」と告白 本気出すのは19年?
アイリスオーヤマが黒物家電市場に参入し、11月22日にテレビ「LUCA」シリーズを発売する。収益基盤を拡大する狙いだが、広報担当者は「今回はあくまでテスト販売」と明かす。顧客から得たフィードバックを踏まえて新商品を開発し、19年に出す予定という。(2018/11/5)

パナソニックが描く未来の“カデン”:
パナソニック新規事業の可能性を広げるBeeEdge、1号案件は“ホットチョコ”
パナソニック家電事業部門で、新規事業創出の機運が高まっている。同社で営業やマーケティング、商品企画に携わった浦はつみ氏は、約20年勤めていた同社を休職しスタートアップ「ミツバチプロダクツ」を設立。2018年11月1日より事業を開始した。(2018/11/2)

店舗数拡大でシナジー:
やまやとチムニー、居酒屋「つぼ八」買収
やまやとチムニーがつぼ八を買収。やまやが53.8%、チムニーが34.0%の株式を取得する。店舗数を拡大するとともに、物流面や商品開発などのシナジー効果を狙う。(2018/10/29)

IFA 2018:
有機EL採用の狙いは? カメラはなぜ単眼? ソニーモバイルに聞く「Xperia XZ3」
ソニーモバイルが「IFA 2018」で発表した新スマホ「Xperia XZ3」。ディスプレイに有機ELを採用し、本体前面にも曲面デザインを取り入れた。開発の背景を商品企画担当者に聞いた。(2018/9/10)

PR:働く人の“代弁者”になる サントリー「クラフトボス」を大ヒットに導いた、意外な発見【後編】
サントリーの大ヒット商品「クラフトボス」。前編では、商品開発を率いた大塚匠氏の前に立ちはだかった壁について紹介した。「働く人の相棒」というBOSSの価値に立ち返った結果、つくり上げることができた“新しい相棒”。それはどんなものなのだろうか。(2018/9/3)

競合には負けられない:
有明ノリとシャケの争奪戦 ファミマの担当者が語るおむすび刷新の舞台裏
コンビニ各社はおむすびの商品開発に力を入れている。味や風味の向上が注目されがちだが、原材料の調達を巡って各社はしのぎを削っている。ファミマの調達担当者におむすび開発の舞台裏を聞いた。(2018/8/27)

すべては焼酎ブーム再来のため:
雑誌発行に舞台公演も!? 焼酎業界の「名プロデューサー」走る
焼酎業界で多くの名酒を生んだ「名プロデューサー」である卸会社の社長が焼酎への逆風の中でブーム復活を狙う。地道な商品開発に加え雑誌発行、舞台の制作まで挑戦。(2018/8/23)

“半端ない”チーズの存在感:
「チーズは邪道」の声もあったのに、なか卯が24年目にして新作親子丼を販売する理由
なか卯が8月2日から新作の親子丼を期間限定で販売する。親子丼は、同店の丼のなかで一番売れている看板商品であり、24年間、基本的な商品設計は変わってこなかった。どうして、今のタイミングでチーズを加えようと考えたのだろうか。商品開発の責任者に話を聞いた。(2018/7/30)

担当者に聞く:
日本コカ・コーラのミレニアル世代が主導したコミュニケーション改革
「ミレニアル世代」の感性を取り込んで、商品開発や組織作りに生かそうとする会社が増えているという。飲料メーカー大手の日本コカ・コーラもそうした1社である。(2018/7/30)

水曜インタビュー劇場(水道発公演):
なぜ「スーツみたいな作業着」をつくって、しかも売れているのか
スーツのような作業着「WORK WEAR SUIT(ワークウェアスーツ)」が売れている。製造しているのはアパレルメーカーでもなく、作業着メーカーでもない。水道工事などを行っている会社がつくったわけだが、なぜこのような商品を開発したのか。その狙いを聞いたところ……。(2018/7/11)

宣伝広告と地道な商品開発が奏功:
ユニクロのエアリズムにみる「脱・安かろう悪かろう」の研究
かつては「安かろう、悪かろう」のイメージが強かったユニクロだが、今やお手頃な価格で高機能の商品が売れるようになった。ここに至るまでの地道な取り組みを商品開発や宣伝広告の面から検証する。(2018/7/9)

くるくる巻くとライトになる 「PAPER TORCH」発売
電子基板をプリントした紙のような懐中電灯「PAPER TORCH」(ペーパートーチ)が7月4日、IoT商品開発プラットフォーム「DoT.」(Design of Things)で発売された。丸めるだけで点灯し、巻き加減を調節することで調光できる。(2018/7/4)

PR:メタルと樹脂の劇的融合 “G-SHOCK”「MTG-B1000」開発陣の挑戦
今までよりも踏み込んだサイズダウンに取り組み、新しい耐衝撃構造に行き着いた“G-SHOCK”「MT-G」の新製品「MTG-B1000」。その詳細と経緯について、カシオ計算機で商品企画を担当する牛山和人氏とデザイナーの正林盛次氏に話を聞いた。(2018/6/14)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
顧客の若返りに成功 「和食さと」が好調を維持できるワケ
店舗数で和食ファミリーレストラン最大手の「和食さと」。外食産業全体が縮小する中でも成長を続けている。最近ではジュースやお酒が飲み放題のセルフ式ドリンクバーが人気だが、商品開発や仕入れでどのような戦略をとっているのだろうか。(2018/6/5)

ファミマ、民泊のAirbnbと業務提携 “地域密着型”で共闘
ファミリーマートが、民泊サービス大手のAirbnb Japanと業務提携する。ファミリーマート店舗を活用し、宿泊者への鍵の受け渡しサービスの他、民泊施設の提供者や宿泊者向けに商品を開発・提供する。(2018/5/21)

携帯市場、「ガラケー商品開発研究所」発足 店舗でイベントも開催
携帯市場は、フィーチャーフォン利用者の課題解決を目的としたサービス・商品開発プロジェクト「ガラケー商品開発研究所」を発足。Webサイトでの情報発信をはじめ、利用者の情報交換やトレーディングなどを行えるコミュニティーイベント「携帯市BAR」も随時開催する。(2018/5/18)

女性だけでなく男性も:
すき家の新作牛丼 狙いは「健康まっしぐら」
すき家が新作牛丼を発売する。たっぷりのレタスを使用したシャキシャキとした食感が特徴だが、女性だけでなく男性客もターゲットだという。実はすき家は健康を意識した商品開発を進めているが、その背景とは?(2018/5/14)

共同メディアの立ち上げも検討:
NTTドコモがオールアバウトと資本・業務提携、データ連携による共同広告商品の開発へ
NTTドコモは、オールアバウトと資本・業務提携契約を締結したと発表した。両社の事業資源を相互に活用し、新たなマーケティングソリューションの開発など両社事業の発展を目指す。(2018/5/11)

第一生命の株価好調:
第一生命と楽天生命が業務提携 販路拡大・開発力アップ目指す
第一生命HDと楽天生命保険が業務提携すると発表。保険商品の販売や調査・研究を共同で行っていく。第一生命グループの商品開発力と楽天グループの顧客基盤を組み合わせ、企業価値向上を目指すという。(2018/4/23)

朝日火災海上保険を買収か:
楽天、「損保事業に参入」報道にコメント 「検討は事実」
楽天が朝日火災海上保険を買収し、損害保険事業に参入すると一部が報道。楽天は「買収を検討していることは事実」とのコメントを発表した。「楽天会員」の顧客データを活用した商品開発を行っていくという。(2018/1/29)

熊本の地で60年:
海藻の加工・販売で日本一 カネリョウ海藻、成長のワケ
海藻の加工・販売業界で国内トップシェアを誇るカネリョウ海藻。1954年の創業以来、国内外で200もの仕入れ先を開拓し、海藻サラダに使われることもある「色もの」海藻で売り上げトップに、もずく、めかぶも売り上げ1位を記録した(※同社サイトより)。グループ企業と合わせて売上高は170億円。海藻の研究から商品開発、製造、販売までを一貫して手掛け、これほどの規模で事業展開する企業は業界内にほとんどない。成長の理由、今後の展開に迫る。(2018/1/23)

健康関連食品で3800億円を目指す:
ローソン、“低糖質メニュー”を充実させた実験店舗オープン
ローソンは実証実験として、糖質を抑えたロカボメニューを充実させた店舗を東京都・丸の内にオープンした。商品開発などに生かし、健康関連商品を拡大していく計画だ。(2018/1/16)

枡なのに新しい:
「枡」だけで売り上げ4倍 伝統を守りながら伝える“面白さ”
岐阜県大垣市にある枡の専門メーカー、大橋量器は、ユニークな商品開発などの取り組みを経て、売り上げを伸ばした。日用品として使われることが少なくなった枡の需要をどのように拡大したのだろうか。(2018/1/12)

楽天とビックカメラが「楽天ビック」提供に向けて新会社設立 ネットと実店舗両方の強み活用
独自商品の開発も検討している。(2017/12/19)

製造マネジメントニュース:
トヨタがマーケティング子会社を統合、モビリティサービス視野に変革急ぐ
トヨタ自動車は、100%子会社のトヨタマーケティングジャパンを統合する国内の商品企画から販売店活動まで一貫したマーケティングを、機動的に企画、実施することが狙い。近い将来の到来が予測される、コネクテッド社会への対応やモビリティサービスへの事業構造変革のスピードを高めていく狙いもある。(2017/11/28)

工場は自宅マンション 「2人だけのIoTメーカー」始動
商品企画から生産まで2人で行うIoTメーカーが始動した。オフィスも工場も、「自宅」だ。(2017/11/15)

IKEAに犬と猫のための新ペット用品シリーズが登場 獣医師のサポートを得て商品開発
ペット視点に立ったデザイン。(2017/10/13)

ユーザーの声に応えて進化――商品企画担当者が語る「Galaxy Note8」
先代で発生したバッテリー問題を乗り越えて、実質2年ぶりに登場したGalaxy Noteの新モデル。その魅力をSamsung Electronicsの担当者が語った。(2017/10/4)

電子チラシサービス「Shufoo!」と「cookpadTV」の料理動画広告を組み合わせ:
凸版印刷とクックパッドが広告商品を共同開発
凸版印刷はクックパッドと共同で広告商品を開発。これにより、チラシ情報取得者には商品の活用方法を、レシピ情報取得者には動画をきっかけとした訴求が可能になる。(2017/8/31)

電気自動車:
章男社長「電気自動車の味つけは難しい」、トヨタが期待するマツダの商品企画力
トヨタ自動車とマツダは、業務資本提携に関する合意書を締結した。互いに500億円を出資することにより、トヨタ自動車に対するマツダの出資比率は0.25%に、マツダに対するトヨタの出資比率は5.05%となる。(2017/8/7)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。