ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「商品開発」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「商品開発」に関する情報が集まったページです。

乱立するサブスクビジネス 成否のカギを探る:
実は“時代遅れ”じゃなかった 低迷していた明治の牛乳宅配はなぜ再成長してるのか
スーパーやコンビニの台頭で低迷していた明治の牛乳宅配。「宅配専用の機能性商品の開発」と「宅配販売店の営業力強化」で再成長。どういった点がお客に支持されているのか。(2020/1/16)

失敗の繰り返しから得た「果実」:
抵抗勢力は30代 オフィス改革“断行”の内田洋行が達成したこれだけのコスト削減
内田洋行は10年前のオフィス移転を機に最も働きやすい環境を考え、実証実験を重ねてきた。書類の保管スペースを費用換算で1800万円の削減、会議室利用の効率化のために独自システムを開発し、同じく1000万円を減らすことができた。その成果を顧客向けサービスや商品の開発にもつなげている。社内の「抵抗勢力」の反対もありながら、いかに生産性の高い働き方を実践してきたのか――。(2019/12/26)

百貨店・松屋がムーミン 苦境の業界、レガシー生かす 
百貨店大手の松屋がフィンランド生まれの人気キャラクター「ムーミン」をモチーフにした商品の企画や製造、販売が国内外でできるグローバルライセンスの取得を発表、本格的なライセンスビジネスに乗り出した。(2019/12/23)

ドローン:
中国の産業用ドローンメーカー大手との共同事業を検討
VAIOは、中国のドローンメーカー深圳科比特航空科技と日本国内にて既存の機体を基にした事業の可能性を検討する。将来的には、日本市場に合わせた機体などの商品企画および開発も視野に入れる。(2019/12/10)

たばこの買い方、選び方、マーケティング、加熱式たばこの台頭……:
“嫌煙”の時代にJTが考えていること たばこの選び方、マーケティング戦略、加熱式たばこ……商品企画部長に直接あれこれ聞いてみた
健康志向の高まりを受けて“嫌煙”も進む。国内たばこ産業のリーディングカンパニーであるJTはどう考えているのか。喫煙者はどのように自分の吸うたばこを決めているのか。やっぱり安いたばこが人気なのか。加熱式たばこへの考え方は? 商品部長に直接あれこれ聞いてみた(2019/12/6)

関西地域限定:
ファミマが「大人が食べるお子様ランチ」を発売 地域密着の商品開発
ファミマが「大人が食べるお子様ランチ」を発売する。開発コンセプトは加盟店のアンケートで決めた。ファミマは地域密着の商品開発を進めている。(2019/11/29)

空調機器:
D2Cを本格化、顧客参加型商品開発プラットフォーム「DAIKIN LAUNCH X」開設
ダイキン工業は、ユーザーの意見を掬い取れる商品開発プラットフォーム「DAIKIN LAUNCH X」を開設し、本格的にD2C(Direct to Consumer)モデルに取り組む。(2019/11/6)

ヤフー、データ活用本格化 課題は個人情報管理 法人向けサービス開始
利用企業は新商品を開発する際の需要予測や生産、物流の効率化などに役立てることができる。(2019/11/1)

「データを他社にも解放」 ヤフー、データ分析ノウハウを販売 企業の商品開発など後押し
ヤフーが企業・自治体向けに「データソリューションサービス」を始めた。消費者の興味関心などを分析できるツールなどを提供する。(2019/10/31)

食の未来:
自宅で本格的な料理を「もぐもぐ」 米国でAIを活用した「食」が進む
外食産業や食関連ビジネスで、AI(人工知能)の導入が進んでいる。AIを活用して、どんな商品を開発しているのか。米国の事情を調べたところ……。(2019/10/31)

16年かけて商品化:
「東京産カカオ」のチョコはなぜ生まれたか “チョコレート屋のおやじ”の夢
史上初の「東京産カカオ」を使ったチョコレートが商品化された。プロジェクトを立ち上げた平塚製菓の平塚正幸社長は、16年かけて“夢”を形にした。カカオ栽培から商品開発まで、どのように成し遂げたのか。平塚社長に思いを聞いた。(2019/10/29)

妊娠って大変なの? 男が育児休暇を取るって? 妊娠中の妻の逆鱗に触れまくる夫が動物に命の尊さを教わる漫画『こちらアニマル社商品企画部育児課』が勉強になる
1話+3話試し読みあり!(2019/10/22)

「蒸気船ウィリー」ミッキーモチーフがシンプルでシック ディズニーストアにSHIPS共同企画商品が登場
パーカー、マフラー、バッグ、マイボトル、マグカップ......全部そろえたくなっちゃう!(2019/10/15)

Web会議 「心の壁」の壊し方:
PR:G20の記念品「博多織ネクタイ」開発の舞台裏 伝統的工芸品の商品開発に「V-CUBE」活用
(2019/10/4)

「DATA FOREST構想」の最新状況:
例:タピオカの次のビジネスチャンスは?――ヤフーの新データサービスで分かることを無料体験ラボで試す
検索データは商品開発のアイデアの宝庫だ。ヤフーの「DATA FOREST構想」から間もなく生まれる新サービスをいち早く体験してみた。(2019/10/3)

消費増税後も価格据え置き:
ワークマンが雨あり雪あり「過酷ファッションショー」を開催 秋冬商戦に1万円以下の全身コーデ
ワークマンが、2019年秋冬商品の発表会を行った。雨や風、雪など自然を再現した環境で行う「過酷ファッションショー」も実施。ワークマンプラスの大量出店や、インフルエンサーを使った商品企画など新たな策も発表。消費増税後も価格据え置きで成長を続けられるか?(2019/9/5)

「FILA」のスマホアクセサリーが国内初展開 第1弾は保護ケース
FOXは、2019年8月からイタリアスポーツブランド「FILA」のスマートフォン関連商品の開発・販売を実施。第1弾として同社の運営するスマホアクセサリーのオンデマンドサービス「caseplay jam」でスマホケースを販売開始した。(2019/8/8)

大ヒット商品「バスチー」の効果も:
ローソンのスイーツ部門が復活 “冬の時代”をどう脱却したのか
ローソンのスイーツ部門の業績が復活している。特定の層を狙った商品開発が成功した。大ヒット商品「バスチー」も貢献している。(2019/8/8)

無印良品のレトルト食品やお菓子の実用書『おいしい無印良品。』発売 人気商品の開発秘話やアレンジレシピも
レシピ本ではなく実用書です。(2019/8/3)

背景に商品開発力の向上:
監修やコラボとは違う! スシロー幹部が力説した「匠の一皿プロジェクト」の本気度
スシローが「匠の一皿プロジェクト」を始める。有名店の料理人に商品開発の初期段階からかかわってもらう。「監修」や「コラボ」とは違うその本気度とは?(2019/7/19)

CAEニュース:
タイヤの設計開発期間を数カ月短縮、TOYO TIREの設計基盤「T-MODE」はAIを融合
TOYO TIREは、AI(人工知能)技術を融合した新たなタイヤ設計基盤技術「T-MODE」を発表。「タイヤの設計開発にかかっていた期間を数カ月単位で短縮できる」(同社 執行役員 技術開発本部長 商品開発本部長の守屋学氏)としており、2019年末から同社内での本格的な運用を開始する方針である。(2019/7/11)

新たな価値を打ち出す:
PR:シンバイオティクスってなに? 「シンバイオティクス ヤクルト W」の開発秘話に迫る
コンビニやスーパーなどで「シンバイオティクス ヤクルト W」をよく目にするようになってきた。ところで、この「シンバイオティクス」って、どういう意味なのか。ヤクルト本社で商品開発に携わる担当者に話を聞いたところ……。(2019/7/5)

子ども服「motherways」運営会社が破産へ 競合激化で不振に
リーズナブルな自社企画商品で知られています。(2019/7/1)

2020クラボウグループ繊維展(後編):
スマートTシャツによる暑熱対策、クラボウが取り組む「コト」売りビジネス
クラボウは2019年5月28〜29日、都内で開発商品や新たな取り組みを提案する「2020クラボウグループ繊維展」を開催。「ヒューマン・フレンドリー発想 〜人にやさしく、地球にやさしく〜」をテーマとし、新規開発素材や新規サービスなどを出展した。後編は、「モノ」から「コト」へのサービスビジネス化を実現するシャツ型スマート衣料「Smartfit for work」を紹介する。(2019/6/24)

Mobile Weekly Top10:
「Xperia 1」商品企画担当に聞く/どうなる? 「端末の割り引き」と「解約金」
ソニーモバイルコミュニケーションズ製スマートフォン「Xperia 1」が各キャリアから発売されました。Xperiaの原点回帰ともいえる機種ですが、その売れ行きはいかに……?(2019/6/17)

一蘭店舗では販売しない:
一蘭が「汁なしとんこつ」を発売 数量限定
とんこつラーメン専門店「一蘭」が「汁なしとんこつ」を発売する。数量限定の復刻商品で一蘭の店舗では販売しない。同社は100%とんこつ不使用ラーメンでも商品開発力が注目されている。(2019/6/17)

2020クラボウグループ繊維展(前編):
工場で作らないのが理想? クラボウが描くスマートファクトリーの将来像
クラボウは2019年5月28〜29日、都内で開発商品や新たな取り組みを提案する「2020クラボウグループ繊維展」を開催。「ヒューマン・フレンドリー発想 〜人にやさしく、地球にやさしく〜」をテーマとし、新規開発素材や新規サービスなどを出展した。前編では同社のスマートファクトリーへの取り組みを紹介する。(2019/6/14)

社長が参加する会議にも潜入:
コンビニの商品開発ってどうやるの? 担当者が語ったリアルな現場
コンビニでは日々たくさんの新商品が発売されている。商品開発担当者は、日々、どのようなことをしているのか。ナチュラルローソンとローソンで開発してきた担当者に話を聞いた。(2019/6/5)

全国より高い平均日商:
苦戦していた「沖縄ファミマ」が稼ぎまくるようになった経緯が面白い
沖縄にあるファミマの全店平均日商は全国平均より高い。なぜ沖縄のファミマの稼ぐ力は高いのか。地元に密着した独自の商品開発力やマーケティング施策に迫る。(2019/5/17)

どんなニーズがあるのか:
ナチュラルローソンが5個で499円のゆで卵に“商機”を見いだしたワケ
女性客が7割を占めるナチュラルローソン。4月23日に5個で499円のゆで卵を発売する。どんな勝算があってこの商品を開発したのか(2019/4/17)

体当たりッ!スマート家電事始め:
ソニーのおもちゃ「toio」、プレステのノウハウでパワーアップしていた
2年前、「ソニーのおもちゃ」として注目を集めた「toio」がようやく発売にこぎつけた。事業はSIEに移管され、製品にも大きく手を加えたという。toioの商品企画を担当する田中章愛さん、toio専用タイトルのプロデューサー、小番芳範さんに話を聞いた。(2019/4/11)

MWC19 Barcelona:
「頂点のユーザーをがっちりつかむのが目標」 ソニーモバイルに聞く「Xperia 1」
ソニーモバイルがMWC19 Barcelonaで発表した新Xperiaは、製品名も含めて従来機から大きく手を加えた。今回の新モデルはどのような戦略で開発したのか。ソニーモバイルのブースにて、同社商品企画部門 部門長の田嶋知一氏に話を聞いた。(2019/3/1)

ガリとわさびをお好みで:
和食料理人が考案 「くらバーガー」を食べて分かった商品開発の狙い
くら寿司がハンバーガーを開発した。3月1日から発売する。実際に食べてみながら商品開発の狙いを聞いた。(2019/3/1)

今日のリサーチ:
理想的なKPIとは何か? 商品企画・マーケティング・営業1034人が回答――プレイド調査
KPI設定に「顧客への提供価値の最大化」があるビジネスパーソンの約8割が 「(自社の)事業が成長している」と回答しています。(2019/2/19)

企業間ビッグデータ連携に本腰、10月から新サービス:
セブン-イレブンとグリコは、ヤフーの検索履歴データをどう活用したのか?
ヤフーが自社のビッグデータ分析のノウハウを企業向けに販売する。商品企画や需要予測など、活用の幅は広いと同社は強調。既にさまざまな企業が、実証実験で有力なインサイトを得ているという。(2019/2/14)

累計680万枚:
倒産寸前の町工場がタオルで大逆転! ヒットの秘密は「糸」と「伝え方」
倒産寸前の状態から大ヒット商品を生み出した町工場がある。岐阜県にある浅野撚糸だ。累計680万枚を販売したタオル「エアーかおる」はどのように生まれたのか。V字回復を成し遂げた商品開発の秘密に迫った。(2019/2/14)

新しい働き方:
ワーケーションを軸に新商品開発 和歌山県、田辺市、白浜町とJMAMが連携
和歌山県、田辺市、白浜町は日本能率協会マネジメントセンター(JMAM)とワーケーション事業に関する包括連携協定を結んだ。(2019/2/9)

ITmedia Virtual EXPO 2019 春:
大ヒット商品はこうして生まれた! カプセルトイ「だんごむし」ができるまで
とがった商品を企画して、実際に商品化まで持っていくには? 難しい機構の実現とコストを成立させるには? それらのハードルを突破するために重要な「試作」の役割とは? カプセルトイ「だんごむし」の大ヒットを生み出したバンダイ ベンダー事業部の誉田恒之氏が語る。(2019/2/7)

インターネット調査の常識を覆す:
PR:質の高い定量・定性調査を気軽に、毎月でもリピートできるアンケート調査とは
商品開発やマーケティングの場面で調査実施のニーズは多いが、1回きりのアンケートで分かることは少ない。コストや時間をかけず、従来のインターネット調査よりも質の良いアンケートを手軽に実施できる方法を紹介する。(2019/1/25)

インターネット調査の常識を覆す
質の高い定量・定性調査を気軽に、毎月でもリピートできるアンケート調査とは
商品開発やマーケティングの場面で調査実施のニーズは多いが、1回きりのアンケートで分かることは少ない。コストや時間をかけず、従来のインターネット調査よりも質の良いアンケートを手軽に実施できる方法を紹介する。(2019/1/25)

家電ベンチャーのUPQ、Cerevoに量産を委託へ 「想像以上の反響、失敗、学びあった」
家電ベンチャーのUPQが、Cerevoに製品の量産を委託へ。UPQは商品企画やプロダクトマネジメント、販売に注力する。(2019/1/15)

ITmedia エンタープライズ セキュリティセミナーレポート:
セブン銀行のCSIRTは「商品開発部門」がカギ――マーケティングの知見を生かしたセキュリティ対策とは?
ITmedia エンタープライズのセキュリティセミナーにセブン銀行のCSIRT「7BK-CSIRT」が登場。システム部門だけではなく、商品開発部門をメンバーに加え、マーケティングの視点を持って、金融犯罪対策を進めているのだという。(2018/12/27)

製造コスト下げたい:
一斗缶の新商品開発に意欲 那覇王冠・玉城幹雄社長
一斗缶を製造する那覇王冠が、鋼板を薄くした新商品の開発に取り組んでいる。強度の維持が課題だが、「プラ缶より安く、リサイクル缶よりも安心して使える商品を作りたい」と意気込む。(2018/12/17)

あなたの地元でも販売してる?:
エリア限定だけじゃない これだけ出ていたセブンの“県・市限定商品”
セブンがエリア限定だけでなく“県・市限定商品”を販売している。2018年だけでも多くの種類の商品を開発していが、その背景には何があるのだろうか。(2018/11/28)

あなたはどのパンを推す?:
ファミマの「うまいパン決定戦」 発案はみんなでワイワイ「社長メシ」
ファミマが11月27日から「うまいパン決定戦」を開催する。全国のパンメーカーが決定戦のために独自商品を開発して、売り上げを競う。このユニークなイベントは、社長と社員らがランチをとる「社長メシ」の“軽いノリ”から生まれた。(2018/11/22)

上位6商品はずっと変わらない:
ツナマヨはなぜ“20年無敗”だったのか おにぎりの担当者に聞いた
ずっと販売数で1位だったのに悪魔のおにぎりに単日ベースで抜かれたツナマヨ。なぜ、20年無敗を誇っていたのだろうか。ローソンの商品開発担当者に聞いた。(2018/11/13)

顧客からの反応聞きたい:
テレビ参入のアイリスオーヤマ、「今回はテスト販売」と告白 本気出すのは19年?
アイリスオーヤマが黒物家電市場に参入し、11月22日にテレビ「LUCA」シリーズを発売する。収益基盤を拡大する狙いだが、広報担当者は「今回はあくまでテスト販売」と明かす。顧客から得たフィードバックを踏まえて新商品を開発し、19年に出す予定という。(2018/11/5)

パナソニックが描く未来の“カデン”:
パナソニック新規事業の可能性を広げるBeeEdge、1号案件は“ホットチョコ”
パナソニック家電事業部門で、新規事業創出の機運が高まっている。同社で営業やマーケティング、商品企画に携わった浦はつみ氏は、約20年勤めていた同社を休職しスタートアップ「ミツバチプロダクツ」を設立。2018年11月1日より事業を開始した。(2018/11/2)

店舗数拡大でシナジー:
やまやとチムニー、居酒屋「つぼ八」買収
やまやとチムニーがつぼ八を買収。やまやが53.8%、チムニーが34.0%の株式を取得する。店舗数を拡大するとともに、物流面や商品開発などのシナジー効果を狙う。(2018/10/29)

IFA 2018:
有機EL採用の狙いは? カメラはなぜ単眼? ソニーモバイルに聞く「Xperia XZ3」
ソニーモバイルが「IFA 2018」で発表した新スマホ「Xperia XZ3」。ディスプレイに有機ELを採用し、本体前面にも曲面デザインを取り入れた。開発の背景を商品企画担当者に聞いた。(2018/9/10)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。