ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「医療」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

-こちらもご覧ください-
医療IT − TechTargetジャパン
質問!医療→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」で医療関連の質問をチェック

世界同時多発ブルースクリーンは「保険上の大惨事」 専門家は多額の請求予想
7月19日、世界各地でコンピュータの大規模なシステム障害が発生し、交通網の混乱のほか、金融機関や医療など多くの分野で業務に支障が出たことで、保険会社は多額の保険金請求に直面するとみられる。(2024/7/22)

未来医療拠点「中之島クロス」が始動 iPS細胞の研究から製造、活用までワンストップ
医療機関や企業などが一つ屋根の下で再生医療の産業化を目指す未来医療国際拠点「Nakanoshima Qross」が始動した。(2024/7/22)

3D積層構造を採用し小型化を実現:
STがグローバルシャッター方式イメージセンサーを開発
STマイクロエレクトロニクスは、グローバルシャッター方式のCMOSイメージセンサー「ST BrightSense」および、同製品を用いた開発エコシステムを発表した。FA機器やスキャナー、家庭用/産業用ロボット、VR/AR機器、人流・交通モニター機器、医療機器などの用途に向ける。(2024/7/18)

医療機器ニュース:
肺のCT検査画像をMRで観察できる、トレーニングシステムの提供を開始
日本メドトロニックは、CTで撮影した肺の構造を、MRで実寸大の3D画像として観察できる医療従事者向けトレーニングシステム「MR Anatomy」の提供を開始した。(2024/7/17)

孫正義と医師が語る「ASI時代のがん治療」 AI活用で個別化医療の実現へ
ソフトバンクグループの会見では、孫正義会長兼社長とテンパスAI COOのRyan Fukushima氏、医師らを交え「ASI時代におけるこれからのがん治療のあり方」と題し、パネルディスカッションが開かれた。(2024/7/17)

孫正義が描く、AI時代の医療 人工超知能「ASI」は業界をどう変える?
孫正義が、がん治療の最初に遺伝子検査すべきと信じる理由とは――。人工超知能「ASI」は業界をどう変えるのか?(2024/7/13)

“ダークウェブにしかないから大丈夫”?──病院へのランサムウェア攻撃で広がった発信の真意は 関係者に聞いた
漏えい情報が「ダークウェブ」にのみ存在し「一般の人が閲覧できる可能性は極めて低いと考えられています」と伝えられた岡山県精神科医療センター。発信の意図を識者に聞いた。(2024/7/12)

海外医療技術トレンド(109):
AI医療機器やGCP査察を巡る多国間連携と働き方改革、日本のPMDAの対応は
本連載第104回で米国、カナダ、英国のAI医療機器指導原則を取り上げたが、それと並行して国境を越えた規制監督業務DXの取り組みも進んでいる。(2024/7/12)

24時間いつでも匿名で予約できる「HIV等検査予約サイト」、東京都が開設
東京都保険医療局は8日、都が実施するHIVや梅毒などの性感染症の検査をオンラインで、いつでも予約できるWebサイトをオープンした。(2024/7/10)

医療機器ニュース:
生きた皮膚を持つロボットの顔を開発
東京大学は、培養皮膚組織を人工物へスムーズに固定するアンカリング手法を開発し、細胞由来の生きた皮膚を持つ顔型のロボットを作製した。ソフトロボットの開発や美容、医療分野での応用が期待される。(2024/7/10)

セキュリティソリューション:
大分県立病院がDXやランサムウェア対策に向けてNetAppのストレージシステムを採用
大分県立病院は情報システム更新にNetAppのストレージシステムを採用した。医療分野のデジタル変革を目的としている他、定期的に繰り返されるハードウェア更新時のデータ移行やランサムウェア対策の強化も決め手となった。(2024/7/9)

医療機器ニュース:
診療データとAIを用いて外来患者の転倒リスクを予測する技術を開発
富士フイルムは、医療機関向け統合診療支援プラットフォーム「CITA Clinical Finder」内の診療データとAI技術を用いて、外来患者の転倒リスクを予測する技術を開発した。(2024/7/3)

「X100シリーズ」はいまだ入手困難:
かつては「医療分野」にシフトも……富士フイルムのカメラ事業が大復活を遂げたワケ
富士フイルムは何年もの間、カメラ事業から離れてヘルスケア部門に軸足を移していた。しかし、TikTok世代のおかげで、レトロな雰囲気のデジタルカメラ「X100シリーズ」が大成功を収め、収益を押し上げている。(2024/6/28)

孫正義の「次の一手」 ソフトバンクG、AI駆使した“新しい医療”を提供
ソフトバンクグループ(SBG)が、AIを駆使した新しい医療の提供を目指す。(2024/6/27)

「病による悲しみ減らしたい」と孫正義氏 SBG、がん治療プラットフォームの米Tempusと合弁会社設立
ソフトバンクグループは6月27日、AI医療事業を手掛ける米Tempus AIと提携し、日本で新会社「SB TEMPUS」を設立すると発表した。TEMPUSは、AIを活用したがん治療診断プラットフォームを提供しており、すでに米国の2000以上の病院がサービスを導入。米国のがん患者の半数にあたる770万人がTEMPUSのプラットフォームを使った診断を受けているという。(2024/6/27)

住友ファーマ、iPS細胞製造の新工場を国内建設へ 最大1万人分 木村新社長「新しい輸出産業に」
住友ファーマが開発を進める人工多能性幹細胞(iPS細胞)による再生医療向け製品を巡り、年間最大1万人分規模の細胞を培養、生産できる専用工場を国内で建設する方針であることが25日、分かった。(2024/6/27)

人間の皮膚から培養した細胞を利用 生きた皮膚を持つ笑うロボット、東大が開発 
人間の皮膚から培養した細胞を使った、生きた皮膚を持つロボットの顔を開発したと、東京大の研究チームが発表した。論文が5月26日、米科学誌に掲載された。笑顔を作る実験にも成功し、医療や美容分野での応用が期待できるという。(2024/6/26)

医療機器ニュース:
医療機器産業が集まるインドのハイデラバードで研究開発の活動を開始
オリンパスは、研究開発戦略の一環として、インドのテランガナ州ハイデラバードで「オフショアディベロップメントセンター」の活動を開始した。数年後には、ハイデラバードにおける自社研究開発センターの開設を目指す。(2024/6/26)

子どもが薬を飲んでくれない……国立成育医療研究センターがまとめた「混ぜると飲みやすくなる食品」リストが参考になる
永久保存版!(2024/6/25)

プロダクトInsights:
花王、「めぐりズム」シリーズから初の管理医療機器 ”現代生活の悩み”にアプローチ
花王は6月24日、一部のECサイトで「めぐりズムメディカルアイケアマスク」の先行販売を開始した。同社で初となる管理医療機器として、デジタル機器の使用による目のかわきや疲れといった「現代人ならではのニーズ」に訴求する。(2024/6/24)

英医療機関へのランサムウェア攻撃、交渉決裂で患者データがダークウェブに
英病理検査機関Synnovisがランサムウェア攻撃を受け、血液検査システムが使用不能になり、3000件以上の予約や手術が中断されている。身代金要求はSynnovisが回答を遅らせたため決裂し、人質の患者データがダークウェブで公開された。(2024/6/23)

通常の対策が困難な環境も確実に保護:
PR:スタンドアロン環境やレガシーOS環境のセキュリティ対策に「ホワイトリスト型」が有効な理由
今や企業システムでは“基本中の基本”となったセキュリティ対策。だが、製造業や医療のような特定の業務システムでは、スタンドアロン環境やレガシーOS環境のため、対策が困難な場合がある。こうした環境でも確実にセキュリティ対策を実施するにはどうしたらよいのか。(2024/6/21)

AIで通院しやすさを改善
患者の「予約キャンセル」を3割削減 AIを使った“無駄を減らす病院運営”とは
英国の医療機関で、AIツールを使って診療予約のキャンセルを減らす施策が進んでいる。AIツールの開発や活用は、患者が予約をキャンセルする根本的な原因の特定と解消につながっている。その取り組みを紹介する。(2024/6/20)

毎秒640Gビットの無線伝送に成功:
サブテラヘルツ帯CMOS送受信用IC、東工大らが開発
東京工業大学と情報通信研究機構(NICT)の研究チームは、サブテラヘルツ帯CMOS送受信用ICを開発し、毎秒640Gビットの無線伝送に成功した。遠隔医療や自動運転など新サービスへの応用が期待される。(2024/6/19)

医療分野での「生成AI」活用例【後編】
医療関係者が知っておくべき「生成AI」の“4大リスク”とは?
医療分野における生成AIの活用が広がる中で、医療関係者は生成AI活用に伴うさまざまなリスクを知っておく必要がある。生成AI活用において注意すべきリスクとは。(2024/6/14)

設計手法で研究者の知見とAIを融合:
鉄系高温超伝導磁石、従来最高比で磁力は2倍超に
東京農工大学、九州大学および、ロンドン大学キングス・カレッジは、研究者の知見とAIを融合した設計手法を用い、磁力がこれまでの最高値に比べ2倍以上という「鉄系高温超伝導磁石」の開発に成功した。医療用MRIレベルの磁場安定性を持つことも実証した。(2024/6/13)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
プライベートな時間を充実させて生産性もアップ! 同じ時間でより多くの成果を生む日々の過ごし方とは
医療系企業の経営に携わりながら、「伝説の戦略コーチ」として知られるダン・サリヴァン氏による「10x Ambition Program」を卒業した唯一の日本人である名郷根修氏が、仕事が忙しくてプライベートの時間がないビジネスマンに向けて、「10倍の成果を出しながら自由な時間を増やす方法」を伝授する。(2024/6/13)

産業動向:
大和ハウスの非住宅再生ブランド「BIZ Livness」本格始動 2026年度に売上高4000億円
大和ハウス工業は、老朽化が進む非住宅分野のオフィスや工場、医療施設、商業施設などの再生需要に応えるべく、新たな事業ブランド「BIZ Livness」を本格始動させた。グループ内4社の総合力で、自社施工物件だけでなく、他社施工も含め、建て替えやリノベーション、買い取り再販、ZEB化などで、2026年度に売上高4000億円を目指す。(2024/6/11)

木造化/木質化:
「木」でつくる住友林業の事業用建築ブランド「The Forest Barque」 目標は年間30億円
住友林業は、木造の事業用建築ブランド「The Forest Barque」を展開する。木質梁勝ちラーメン構法を用いた独自の「ビッグフレーム構法」を使用し、年間30億円の売上を目標に事務所や店舗、診療所へ提案していく。(2024/6/10)

「Googleマップの口コミ高評価で割引」はステマ、消費者庁が措置命令
消費者庁は、都内の医療法人が運営するクリニックの来訪者に「Googleマップに高評価の口コミを投稿したら割り引きする」などと伝え、高評価の口コミを投稿させていたことがステルスマーケティングに該当すると指摘。景品表示法に基づく措置命令を出した。(2024/6/7)

医療分野での「生成AI」活用例【前編】
「生成AI」で医療現場が進化する? 代表的な活用例“6選”
医療分野における生成AIの活用が広がっている。どのような用途で生成AIが使われているのか。医療分野における6つの活用例を紹介しよう。(2024/6/7)

ロボット開発ニュース:
QNXはROS 2ベースの産業用ロボットの商用化に最適、BlackBerryがアピール
BlackBerry Japanは、組み込みシステム向けソフトウェアプラットフォームの最新版「QNX SDP 8.0」が産業用/医療用ロボットの開発に最適なことをアピール。特に、ロボット開発ソフトウェアフレームワークの「ROS 2」を用いた産業用ロボットを商用化する際には、安全性、セキュリティ、性能の観点から有力な選択肢になるという。(2024/6/6)

医療機器ニュース:
医療技術におけるソフトウェアディファインドワークフロー開発を促進
MathWorksは、「MATLAB」を「NVIDIA Holoscan」プラットフォーム上で利用可能にする統合を実施する。同プラットフォームで、AI対応アプリケーションを開発および展開することが可能になる。(2024/6/5)

医療機器ニュース:
ロボット技術と製薬技術を融合した細胞医療プラットフォーム構築で協業
安川電機とアステラス製薬は、ロボット技術と製薬技術の融合による革新的な細胞医療プラットフォーム構築に向けた覚書を締結した。高品質な細胞医療製品の製造と、研究開発期間の短縮を目指す。(2024/6/4)

組み込み開発ニュース:
GaN FETのデッドタイムをほぼ0に、アナログ・デバイセズが高効率化製品群
アナログ・デバイセズがGaN(窒化ガリウム)ソリューションについて説明。2023年から100V対応の降圧コントローラーICとドライバICを投入しており、モーターをはじめとする産業機器、大型の医療診断機器、データセンター、宇宙機器などに向けた提案を強化する方針だ。(2024/6/3)

「dヘルスケア」をデザイン一新 「コース選択機能」「アドバイス機能」などを提供
NTTドコモがスマートフォン向け健康管理/増進アプリ「dヘルスケア」をリニューアル。デザインを一新し、新たに「コース選択機能」「アドバイス機能」などを提供する。エントリーした全員にdポイントを付与するキャンペーンも開催。(2024/5/29)

ディープラーニング技術を活用して負荷を削減:
PR:「運用はもう限界」専任担当がいない医療機器メーカーがセキュリティ対策を刷新できた理由
中堅中小企業であってもセキュリティ対策が欠かせない時代になった。しかし、ほとんどの企業で人手が不足している現状では、製品選定や導入後の運用も容易ではない。そうした課題を抱えていた医療機器メーカーの事例を基に、課題解決の糸口を探る。(2024/5/29)

30年の知見を生かす:
PR:CMOSイメージセンサーで存在感を増すOMNIVISION 「日本にも大いなる伸びしろ」
1995年にCMOSイメージセンサー(CIS)の専業メーカーとして設立された米OMNIVISION(オムニビジョン)。以来、裏面照射型アーキテクチャやグローバルシャッターなど、先端技術を取り入れながらCISのシェアを大きく伸ばし、同市場での存在感を強めている。近年はR&D投資をさらに拡大。産業機器や医療機器で大きな市場がある日本でも、過去7年間で4カ所新設したR&Dセンターを足掛かりに、さらなる飛躍を遂げようとしている。(2024/5/28)

Cybersecurity Dive:
バイデン政権、重要インフラのサイバー耐性を向上を目指して民間企業と連携
国家サイバー局の報告書は、医療と水道を標的とした根強い脅威を強調しており、2024年の初めの警告と呼応している。(2024/5/26)

週末に「へえ」な話:
病院内で「スクラブ」が増えているのはなぜ? 医療ドラマが映し出す“いま”
病院内でTシャツのようなモノを着ている人が増えてきた。半袖で首元がVネックになっていて、「スクラブ」と呼ばれている。以前は手術のときに着ている人が多かったのに、なぜ?(2024/5/26)

製品の競争力強化や差別化のポイント:
PR:産業機器向けサーバで採用が増える汎用OS、コストの問題はどう解決する?
産業用装置や医療機器には長期間利用のニーズが高く、装置に組み込まれるWindows Server製品にも長期利用が求められている。だが数年ごとのOS更新はアプリケーションの検証が必要になり、コスト負担も大きい。この問題を解決するには?(2024/5/21)

医療機器ニュース:
周術期のパラメーターを測定できる、医療用ポータブル体成分分析装置を発売
テルモは、周術期の患者の管理に重要なパラメーターを測定できる、医療用ポータブル体成分分析装置「ラチェッタ」を発売した。本体重量は310gと小型かつ軽量で、15秒という短時間で測定できる。(2024/5/22)

医療機器ニュース:
手術器具の自動交換が可能なマイクロサージャリー支援ロボットを開発
ソニーグループは、手術器具の自動交換と精密操作に対応する、マイクロサージャリー支援ロボットを発表した。愛知医科大学で、マイクロサージャリーを専門としない医師と医療従事者が試作機を実験し、動物の血管の吻合に成功した。(2024/5/21)

電子機器設計/組み込み開発メルマガ 編集後記:
簡単尿かけ20秒、尿中ナトリウム/カリウム比測定で健康管理に貢献
医療テクノロジーの展示会「Medtec Japan 2024」(2024年4月17〜19日/東京ビッグサイト)に取材に行ってきました。たくさんの興味深い展示の中に、高血圧の筆者がとてもうれしい血圧管理に関する技術を展示する企業がありました。(2024/5/20)

緑内障の早期発見へゲームアプリと医療行為を連動 東北大などが日本初の試み
失明率の高い緑内障の早期発見・治療を可能にするため、東北大と仙台放送、日本生命、仙台市は16日、視野をチェックできるスマートフォン用のゲームアプリ「メテオブラスター」VR版と移動眼科検診を連動させた取り組みを5月からスタートすると発表した。ゲームアプリと医療行為を一体化させるのは日本初の試みという。(2024/5/17)

産業機器でのコストを抑えた汎用OS移行:
組み込み機器に特化したOSでコストダウンとライフサイクルの長い製品に対応
産業用・医療用機器では専用OSの利用が一般的だったが、アプリケーションのリッチ化や利便性の向上を求めて、サーバに汎用OSを採用する企業が増えている。だが、懸念となるのが原価や提供後のサポートだ。これらの問題は解決できるのか。(2024/5/13)

医療機器ニュース:
リモコン操作でストレッチャーを搬送できる搬送アシストロボットを実用化
日本精工と湘南鎌倉総合病院は、医療従事者の負担軽減を目的とした搬送アシストロボットを実用化した。現在使用しているストレッチャーに取り付けて、リモコン操作で自由自在にストレッチャーを電動搬送できる。(2024/5/14)

薄型に適した磁気回路を新設計:
厚み1.4mmのリニア振動アクチュエーターを開発
ニデックプレシジョンは、厚みが1.4mmと極めて薄いリニア振動アクチュエーター「TapSense(タップセンス)」を開発した。タブレット端末やノートPC、車載パネル、ウェアラブル医療機器などの用途に向ける。(2024/5/14)

医療技術ニュース:
薬剤耐性菌が人社会から自然環境に拡散している可能性が示される
北海道大学は、世界中の人医療で問題になっている薬剤耐性大腸菌株クローンのST131が、日本国内の野生動物や水系環境から分離されることを明らかにした。人社会から自然環境へのST131の拡散が示唆される。(2024/5/9)

働き方の「今」を知る:
建築業界「休めない、人手が足りない」 2024年問題を“さらなる苦境”にしないためには
2024年4月から、働き方改革関連法の「時間外労働の上限規制」が物流・運送業界、建設業界、医療業界にも適用される。これにより労働環境改善が期待されるが、一方で、一人当たりの労働者が合法的に働ける時間が減ってしまうことでこれまで以上に多くの人員を確保しなければならなくなる。中でも「休めない、人手が足りない、若手がいない」建築業界の課題と、その解決策を探る。(2024/5/9)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。