ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「医療」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

-こちらもご覧ください-
医療IT − TechTargetジャパン
質問!医療→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」で医療関連の質問をチェック

ランサムウェアが病院に及ぼす危機【第2回】
病院のシステムダウンで死者も? 医療機関が経験したランサムウェア攻撃の悲劇
2020年の秋、ドイツのデュッセルドルフ大学病院がランサムウェア攻撃を受けた。システムダウンの影響で病院の運営にはどのような影響が出たのか。(2021/6/17)

遠隔医療への投資計画を考える【前編】
「遠隔医療」が病院にもたらす“これだけのメリット”
新型コロナウイルス感染症の拡大を機に、医療機関では遠隔医療の導入が進んだ。医療機関が遠隔医療に注目する訳とは。導入するメリットは。(2021/6/15)

EHRの音声認識機能は使い物になるか【中編】
電子カルテベンダーCernerが「AWS」移行後も「Nuance」の音声認識を選ぶ理由
電子カルテ(EHR:電子健康記録)向け音声認識技術の需要が高まっている中、医療ITベンダーCernerは技術の先進性と臨床現場のニーズのバランスを慎重に判断しようとしている。同社が重視する「臨床上の価値」とは。(2021/6/15)

医療機器ニュース:
伸縮するセンサーを応用した、呼吸数を客観的に計測する医療機器を発売
バンドー化学の伸縮性ひずみセンサー「C-STRETCH」を応用した医療機器「ResMo」を、同社連結子会社のAimedic MMTが開発した。ResMoはこれまで主観で評価していた呼吸数を数値化し、動脈血酸素飽和度や脈拍数も同時に測定できる。(2021/6/14)

順番を間違えると:
今後のワクチン接種は、クラスターが発生しやすい場所で働く人たちを優先せよ
医療従事者、そして65歳以上の高齢者が順次、ワクチンを接種されつつあるが、その次の優先接種対象は戦略的に考えるべき。その順番を間違えると……(2021/6/11)

ストレスチェックツール「HoPEサーベイ」提供開始、人材の密着度や生産性も可視化
医療情報サービスなどを提供する保健同人社(東京都港区)は6月10日、ストレスチェック義務化に対応するストレスチェックツール「HoPEサーベイ」のサービスの提供を開始した。(2021/6/11)

紅蘭、“巨大腎結石”の手術終了を報告 医療従事者の名前列挙し「リスペクト以上の言葉が見当たらない」と深く感謝
6月3日に手術を受けていました。(2021/6/10)

医療機器ニュース:
完全ワイヤレスのポケットサイズ超音波診断装置を発表
GEヘルスケア・ジャパンは、ポケットサイズ超音波診断装置「Vscan」シリーズの最新モデル「Vscan Air」を発表した。画質が大幅に向上したほか、本体機能とプローブが一体化した完全ワイヤレス方式で、自由度や操作性に優れる。(2021/6/10)

ランサムウェアが病院に及ぼす危機【第1回】
いまだ続く医療機関のランサムウェア被害、主な標的は病院ではない?
コロナ禍の最前線に立つ医療機関は、ランサムウェアという“もう一つの危機”に直面している。ハッカー集団は「攻撃しない」ことを表明しているが、実情はどうなのか。(2021/6/10)

特選プレミアムコンテンツガイド
コロナ禍が生んだ「医療機関CIOの新たな役割」とは?
新型コロナウイルス感染症のパンデミックは、医療機関にIT投資戦略の変化を迫る。そのかじ取りを担う医療機関CIOの役割も、必然的に変化が求められる。どう変わればよいのか。(2021/6/10)

デザインの力:
歩行をAI解析して健康に役立てる3Dカメラ搭載ロボットがデザインコンペで金賞
RDSは、イタリアの国際デザインコンペティション「A’Design Award&Competition 2020-2021」において、同社が開発を進めている「Gait Analysis Robot Medical Health Measurement System」が、メディカルデバイス・医療機器デザイン部門でゴールドを受賞したことを発表した。(2021/6/9)

「iOS 15」の「ヘルスケア」アプリに転倒リスク評価などの新機能
今秋配信予定の「iOS 15」アップデートで追加される「ヘルスケア」アプリの新機能を紹介する。歩行データから“転びやすさ”を判定して警告する「歩行安定性」や健康データの家族との共有機能などがある。(2021/6/8)

EHRの音声認識機能は使い物になるか【前編】
電子カルテの音声アシスタントの可能性と限界 多機能でも「理想には遠い」のはなぜか
米国の医療機関では電子カルテ(EHR:電子健康記録)の音声認識技術が注目を集めている。医師のルーティン業務を自動化する便利な機能が次々と登場しているが、「理想には遠い」と見る専門家もいる。(2021/6/8)

国産ゲノム編集ツールでヒト細胞のゲノム編集に成功 海外特許に依存しない創薬・医療応用に期待
徳島大学大学院などの研究グループは、国産ゲノム編集ツール「TiDシステム」を使ってヒト細胞でのゲノム編集に成功した。今回の成果により、海外特許に触れることなく、創薬や医療分野へのゲノム編集技術の応用が期待できるとしている。(2021/6/7)

事例で分かる「AIOps」【後編】
エンジニア採用に苦戦した医療関連企業が「AIOps」に着手せざるを得なかった訳
新型コロナウイルス感染症による混乱が続く中、企業がビジネスを継続するにはシステムの安定運用を継続する必要がある。運用負荷を軽減する手段として、ある医療サービス企業が選んだのが「AIOps」だ。その理由は。(2021/6/4)

金融や医療、データセンターでもテレワークが可能に:
PR:サイドチャネル攻撃にも強いハードウェアセキュリティを活用したFIDO認証とは
一般的には「VPNで暗号化していれば安全」といわれるが、金融や医療など、より堅牢なセキュリティが要求される業界はそれでは済まない。チップレベル、ハードウェアレベルでの厳密なセキュリティが必要だ。それを安価に実現するには、どうすればよいのだろうか。(2021/6/3)

TechTarget発 世界のITニュース
Microsoftが「医療」で攻勢 197億ドルで音声認識のNuanceを買収
Microsoftは音声認識ソフトウェアベンダーのNuance Communicationsを約197億ドルで買収し、医療分野での成長を加速させる。音声認識の技術をどう生かすのか。(2021/5/30)

医療機器ニュース:
医療用ウェアラブル機器向けに、柔軟なCNTシリコーンゴム複合材料を開発
産業技術総合研究所と日本ゼオンは、単層カーボンナノチューブ(CNT)をシリコーンゴムに高分散させることで高導電性を持たせ、柔軟で耐久性に優れたCNTシリコーンゴム複合材料を開発した。(2021/5/28)

コロナワクチン配布に学ぶ「5つの教訓」【中編】
「温度監視」「需給調整」にも注目 米国に学ぶ新型コロナワクチン配布の知恵
新型コロナワクチンの品質を保つためには厳格な温度管理が欠かせない。リアルタイムで温度を監視したり、医療現場への配送をトラッキングしたりといった取り組みから学べるサプライチェーン管理の教訓とは。(2021/5/25)

IoTセキュリティ:
医療機器のセキュリティを守るために、インシデント訓練から何が見えたのか
医療機器メーカーや医療機関、セキュリティベンダーなどが参加する医療機器サイバーセキュリティ協議会が、医療機器メーカー向けセキュリティインシデント訓練を実施。トレンドマイクロのインシデント対応ボードゲームをベースに医療機器メーカー向けにカスタマイズしたものを用いて、オンラインで行われた。(2021/5/21)

医療機器ニュース:
医療用X線画像処理装置の組み立てを容易にする、高性能読み出しICを発売
amsは、デジタルX線フラットパネル検出器向けの読み出しIC「AS585xB」シリーズを発売した。X線画像処理装置の一般的なコネクタに対応しており、組み立てコストを削減できる。(2021/5/21)

医療機器ニュース:
乳房全体の3D画像を作成できる、リング型超音波画像診断装置を発売
Lily MedTechは、乳房用のリング型超音波画像診断装置「COCOLY」の医療機器製造販売認証を取得し、国内販売を開始した。散乱像再構成技術「リングエコー撮像法」を活用し、自然な形に近い乳房全体の3D画像を作成できる。(2021/5/20)

医療機関のリアルタイムCX【後編】
医療機関が患者に“本当の満足”をもたらす「リアルタイムCX」の具体策
医療機関にとって「リアルタイムCX」の実現は高いハードルだが、今からでも少しずつ始められることはある。何をすればよいのか。具体例を挙げながら、実現に向けて取り組むべきアクションを説明する。(2021/5/20)

導電性や柔軟性、耐久性に優れる:
産総研ら、CNTシリコーンゴム複合材料を開発
産業技術総合研究所(産総研)は、導電性や柔軟性、耐久性に優れた「CNTシリコーンゴム複合材料」を日本ゼオンと共同で開発したと発表した。医療用ウェアラブル機器向け電極パッドなどの用途に提案していく。(2021/5/19)

FacebookのVR/AR幹部ヒューゴ・バーラ氏、退社してヘルスケア業界へ
Facebookで4年間VR/AR担当幹部を務めたヒューゴ・バーラ氏が退社する。コロナ禍のパンデミックの中、Google、Xiaomi、Facebookでの20年以上の経験をヘルスケア業界で生かしたいと語った。(2021/5/18)

窪田製薬の“近視矯正メガネ”、2021年中に台湾でまず販売へ 価格は50万円以下に
窪田製薬ホールディングスが近視を抑制・治療する眼鏡型のウェアラブルデバイス「クボタメガネ」について、医療機器として台湾当局から製造許可を取得したと発表した。(2021/5/17)

組み込み開発ニュース:
ザイリンクスは5G通信分野の売り上げ好調、ペン氏CEO就任以来の事業振り返り
ザイリンクスは2021年5月14日、同社 社長 兼 CEOのビクター ペン(Victor Peng)氏が、2018年に就任して以来の事業成長に関する説明会を開催した。5Gネットワークや通信局向け事業の他、自動車や産業/科学/医療などの分野向け製品が大きく成長した。(2021/5/17)

「鬼磁気インナー」、はるやまが発売 ピップとコラボで
はるやま商事は磁石付きの男性用下着「鬼磁気インナー」を6月から販売する。「身体のコリを解消をサポートする」という。管理医療機器の認証を受けた。(2021/5/14)

アンガ田中「緊急事態宣言延長の状況を鑑み」聖火ランナーを辞退 医療従事者からは支持の声
「簡単に決められるものではありませんでした」と伝えた田中さん。(2021/5/14)

年収500万円台の職業ランキング 3位「医療系専門職」、2位「事務・管理部門」、1位は?
ビズヒッツが年収500円台の職業に関する意識調査を実施した(2021/5/14)

海外医療技術トレンド(71):
規制改革と海外企業参入で活性化する米国医療AI市場
本連載第67回で、米国のトランプ政権からバイデン政権への移行期における医療イノベーション支援策を取り上げた。今回は、それらのイノベーション支援策の中から医療AIに焦点を当てて取り組みを紹介する。(2021/5/14)

東京都の医療従事者向けワクチン予約サイト、11日から再開
システムへの不正アクセスの懸念などから受け付けを停止していた東京都の医療従事者向け新型コロナワクチン接種のWeb予約について、東京都福祉保健局は5月11日午前9時に再開すると発表した。(2021/5/10)

アミューズ「三浦春馬支援」第1弾を発表 医療物資の寄贈で「春馬さんがラオスの子供たちを笑顔にしてくれた」
生前から支援を続けていました。(2021/5/7)

医療機関のリアルタイムCX【前編】
医療機関にとっての「リアルタイムCX」の意味とは? 実現に向けた3ステップ
「リアルタイムCX」に、さまざまな業界が注目し始めている。医療機関にとって実現は遠い未来になりそうだが「努力に見合った価値がある」と専門家は言う。どのような価値があるのか。実現の方法とは。(2021/5/6)

「在宅医療が充実している」都道府県ランキング 最下位は「千葉県」 1位は?
医療・介護のデータベースサービスを提供する「ミーカンパニー」が調査。(2021/5/2)

循環器疾患患者の「6分間歩行試験」を在宅で実現
Apple Watchの心臓チェック機能が「臨床的に正確」だと判明 何がすごいのか?
スタンフォード大学の研究によると、在宅で「Apple Watch」を用いて6分間歩行距離試験を実施したデータは、臨床的に正確で有意義な洞察をもたらす。その事実は、医療機関や患者にとってどのような意味があるのか。(2021/5/1)

医療ITニュースフラッシュ
徳島県がNTTドコモの「5G」「クラウド」で遠隔医療システム構築 その目的は?
徳島県が5Gサービスとクラウドサービスで県立病院向け遠隔医療システムを構築した事例や「オンライン資格確認」の導入に役立つ新サービスなど、医療ITに関する主要なニュースを取り上げる。(2021/4/30)

「kintoneの脆弱性ではない」 東京都医療者向けワクチン予約サイトの個人情報問題でサイボウズが見解
東京都が医療従事者向けに公開した新型コロナワクチンの接種予約サイトに、第三者から個人情報が閲覧できる不具合があった問題を受け、システムのベースとなるソフトウェア「kintone」(キントーン)を開発したサイボウズがkintone自体に脆弱性はないと発表。(2021/4/27)

医療従事者27万人の個人情報が閲覧できる状態に 東京都、ワクチン予約サイトを停止
東京都福祉保健局は医療従事者向けに公開した新型コロナワクチンの接種予約サイトで不具合が発生したため、Webでの予約受け付けを停止したと発表した。特殊なツールを使えば個人情報を外部から閲覧できる状態だったという。(2021/4/27)

コロナワクチン接種をVRで“研修” 筋肉の動きも見える「注射シミュレーター」
新型コロナワクチンの接種は、注射に慣れていない医療者が行う可能性も。そういった人向けに、筋肉注射の“VR研修”コンテンツが登場した。(2021/4/27)

医療機器ニュース:
ARを活用した国産の人工膝関節置換術支援システムが薬事承認
東京大学とシェルハメディカルは、低コストかつ簡便な人工膝関節置換術用AR手術ナビゲーションシステム「Ortho Raptorナビゲーションシステム」を開発し、医療機器薬事承認を取得した。(2021/4/27)

「全然つながらない」 東京都の医療従事者向けワクチン予約サイトにアクセス殺到、不安定に
東京都福祉保健局の医療従事者向けワクチン予約サイトにアクセスが殺到し、つながりにくい状況が続いている。同局は「当初の想定を超えるアクセスがあった」としている。(2021/4/26)

医療機器ニュース:
医療施設でのAI技術活用に向け、医療サービス分野で提携
シーメンスヘルスケアとコニカミノルタジャパンは、医療サービス分野における提携を本格始動する。提携により、コニカミノルタジャパンのICTサービスで、シーメンスヘルスケアの胸部CT画像AI解析受託サービスを利用可能になる。(2021/4/26)

「新型コロナワクチン接種デジタル証明書」にまつわる諸問題【後編】
「新型コロナワクチン接種証明システム」構築に立ちはだかる「相互運用性」の壁
新型コロナウイルス感染症のワクチン接種状況を確認するデジタル証明書管理システムが、社会で広く使われるものになるためには、医療データの相互運用性と標準化の問題がある。現在の状況は必ずしも楽観的ではない。(2021/4/23)

コロナ感染の不安:
沖縄の1病院で看護師77人が大量退職 医療崩壊を危ぶむ
新型コロナウイルス感染拡大に伴い、沖縄県内の医療機関で一般診療への影響が出ている。(2021/4/21)

医療機器ニュース:
開業医向け超音波診断装置の分野で提携、地域医療に貢献
GEヘルスケア・ジャパンとフクダ電子は、開業医向けの超音波診断装置分野における事業提携に合意した。超音波診断装置3製品の提供を通じ、地域医療への貢献を推進していく。(2021/4/20)

この頃、セキュリティ界隈で:
医療機器や制御システムに影響する脆弱性「NAME:WRECK」 つながるモノがはらむ危険性に警鐘
DNDプロトコルが脆弱性につながっているという。(2021/4/19)

Weekly Memo:
クラウド市場競争は次なるステージへ、Microsoftによるヘルスケア企業「2兆円買収」の背景
Microsoftがヘルスケア分野で多くの顧客を持つ音声認識サービス企業を2兆円余りで買収すると発表した。クラウドサービスを強化するのが目的だが、この動きの背景にはどのような市場の勢力図があるのか。(2021/4/19)

製造ITニュース:
医療機器のサイバーセキュリティリスクを“診断”、テストサービス提供開始
テュフ ラインランド ジャパンは2021年4月15日、サイバー脅威に対する機器のリスクなどを評価する「医療機器のサイバーセキュリティ テストサービス」を医療機器メーカー向けに提供開始すると発表した。国内外で強まる医療機器のサイバーセキュリティリスクに対する法規制を念頭に、機器のリスクを洗い出すサービスを提供する。(2021/4/19)

治験の大量文書をクラウド管理 医療業務を健やかに速やかに
新型コロナウイルスのワクチン開発でおなじみになった「治験」。大量の書類が発生し、コストや時間がかかる要因の一つになっている。この問題をクラウドを活用して取り組む企業がある。現在の状況や今後の展望を社長が明かす。(2021/4/16)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。