ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「医療」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

-こちらもご覧ください-
医療IT − TechTargetジャパン
質問!医療→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」で医療関連の質問をチェック

製造マネジメントニュース:
医療機器のモノ売りからコト売りへ転換を加速、フィリップスの2021年事業戦略
フィリップス・ジャパンは2021年1月21日、2021年の同社事業戦略に関する説明会を開催した。フィリップス・ジャパン 代表取締役社長 堤浩幸氏は、「Tasy」や医療MaaSの取り組みを振り返り、今後は顧客に価値を生み出す事業をデータドリブンで展開すると語った。(2021/1/21)

ドコモ、家族型ロボット「LOVOT」開発のGROOVE Xと資本・業務提携
NTTドコモは、家族型ロボット「LOVOT(らぼっと)」を開発・販売するGROOVE Xと資本・業務提携契約を締結。コミュニケーションサービスの創出や、ヘルスケア・メディカルケア分野での協業などを目的としている。(2021/1/20)

HOSPEX Japan 2020:
被災した病院の医療機能を迅速に復旧するBAS、アズビル
アズビルは、病院などの施設が、地震などの自然災害で被災しても、ビルオートメーションシステム(BAS)を活用し、早急に医療機能を復旧するシステム「自然災害時のBCPソリューション」を開発した。(2021/1/19)

コロナワクチン接種デジタル証明書開発イニシアチブ「VCI」、MicrosoftやOracleなどが参加
Microsoft、Oracle、SalesforceなどのIT企業が、医療機関などとともに新型コロナワクチン接種を証明するデジタルカードを開発するイニシアチブ「Vaccination Credential Initiative」を立ち上げた。スマートフォンのデジタルウォレットに保存するか、紙のQRカードとして提供する計画だ。(2021/1/15)

海外医療技術トレンド(67):
米国はバイデン政権へ移行、医療機器のイノベーション支援策はどうなるのか
米国はトランプ政権から新たに大統領に就任するジョー・バイデン氏の次期政権に移行することとなった。医療機器のイノベーション支援策はどのような形で引き継がれるのだろうか。(2021/1/15)

プロジェクト:
野村不動産が仙台市で2棟の分譲マンションを開発、脳トレ扱った入居者サービスを導入
野村不動産は、宮城県仙台市青葉区二日町で、入居者向けのヘルスケアサービス「WellnessConnect」を初導入した分譲マンション「プラウドタワー仙台晩翠通サウス」と「プラウドタワー仙台晩翠通セントラル」の開発に着手した。(2021/1/15)

根本的な問題:
民間病院が「コロナ受け入れ」動かないワケ
政府は新型コロナ特措法に基づく緊急事態宣言の対象を11都府県に拡大した。日本医師会は「医療崩壊から医療壊滅になる」と危機感を示すが、コロナ患者を受け入れる民間病院は依然少ない。なぜ動かないのか。(2021/1/14)

大腸がんをAIで検出 25万枚の症例画像を学習 国立がん研究センターとNECが開発
大腸の画像をAIで解析し、早期の大腸がんを検出するソフトウェアを国立がん研究センターとNECが開発。AIは早期の大腸がんの画像を25万枚学習している。2020年11月に医療機器承認を取得した。(2021/1/12)

小型で極めて低い超消費電力を実現:
TDK、CO2検出用のMEMSガスセンサーを発売
TDKは、小型で消費電力が小さく、高い精度でCO▽▽2▽▽濃度を直接検出できるMEMSガスセンサープラットフォーム「TCE11101」を開発、販売を始めた。家電機器や自動車、医療機器などさまざまな分野におけるCO▽▽2▽▽検出用途に向ける。(2021/1/12)

医療機関を狙うランサムウェアの脅威と対策【後編】
病院向けランサムウェア対策とは? 診療を止めない「シミュレーション」も重要
医療業界のセキュリティ専門家は医療機関に対して、ランサムウェア攻撃を受けた場合に備えたセキュリティ対策の重要性を説く。医療機関は具体的に何をすべきか。(2021/1/12)

緊急事態宣言を受け:
ワタミが医療従事者を食で支援 冷凍総菜を「最大1万食」無料で提供
ワタミは1月8日、緊急事態宣言が出された地域の医療従事者を対象に、最大1万食を無料で提供すると発表した。(2021/1/8)

ハリポタ女優、新型コロナ陽性だった生後11週息子の退院報告 「医療従事者の皆さんに感謝」
ラベンダー・ブラウン役。(2021/1/8)

医療機関を標的としたサイバー攻撃が世界的に急増傾向、チェックポイントが報告
世界中でサイバー攻撃が増加している。中でも医療機関を標的としたサイバー攻撃が急増していることが報告された。(2021/1/6)

医療機関を狙うランサムウェアの脅威と対策【中編】
病院はランサムウェアとの戦いに備えるべし 専門家推奨の「重要な対策」とは
米国連邦政府は医療機関を狙うランサムウェア攻撃の激化に警鐘を鳴らす。米国の医療機関はどのような対策を講じればよいのか。具体例を交えて専門家の見解を紹介する。(2021/1/5)

プレミアムコンテンツダウンロードランキング(2020年)
プログラミング学習はなぜつらい? Google「乳がんAI検診」が賛否両論の訳は?
「経営とIT」「中堅・中小企業とIT」「医療IT」「教育IT」に関するTechTargetジャパンの「プレミアムコンテンツ」のうち、2020年に新規会員の関心を集めたものは何か。ランキングで紹介します。(2020/12/31)

世界が注目するWebサイト:
ジョンズ・ホプキンスがコロナ禍で信頼される医療コンテンツを迅速に供給するためにやっていること
モーメントをつなぐ顧客体験(CX)を提供するための3つのポイントとは何か。コロナ禍において世界中で注目される医療情報Webサイトの取り組みを例に紹介する。(2020/12/29)

「マーケティング視点のDX」著者が語る【後編】:
「マーケティング視点」はマーケターだけが持っていればいいわけではない
マーケティング関連の話題書著者とDXで医療分野にイノベーションを起こすベンチャー経営者へのインタビュー後編。(2020/12/29)

「マーケティング視点のDX」著者が語る【前編】:
江端浩人氏×峯啓真氏 なぜDXの成功にマーケティング視点が欠かせないのか
マーケティング関連の話題書「マーケティング視点のDX」(日経BP)著者の江端浩人氏が、コロナ禍の医療現場で新たなニーズに適応したシェアメディカルの峯啓真氏と語った。(2020/12/28)

医療機関を狙うランサムウェアの脅威と対策【前編】
病院がコロナ対策の次に「ランサムウェア」対策を真剣に考えるべき理由
米国連邦政府の各機関は、今後ランサムウェア攻撃が急増する懸念があると、医療機関のCIOに警鐘を鳴らしている。サイバーセキュリティ専門家が予想する脅威とは。(2020/12/28)

AIと会話するメンタルヘルスケアアプリ「emol」、正式版リリース
スタートアップのemolが、AIチャットbotとの会話でメンタルケアができるスマートフォンアプリ「emol」(エモル、iOS)の正式版を公開した。(2020/12/25)

年明けに「東京だけで陽性者4000人」 AIが衝撃予測 識者「数だけで騒ぎ立てるべきではない」
米GoogleはAIによる予測で年明けに東京で4000人に迫る陽性者が出るとした。予測について元厚労省医系技官の木村盛世氏は医療技術の向上も見られるとして「陽性者数だけで騒ぎ立てるべきではない」と語る。(2020/12/21)

「GoTo」は本当に悪なのか 米韓も増加傾向類似、森田洋之氏「経済的な犠牲者を出すことも医療の目的に反する」
 コロナ禍の年末年始に一時停止となることが決まった「Go To トラベル」。重症者の増加に伴う医療崩壊の懸念が停止の世論を後押ししたが、GoToの責任にして危機が収まるのか、疑問を持つ専門家もいる。本当に「GoTo」だけが悪いのか?(2020/12/18)

否定せず寄りそって考える「ゲーム障害」 “できてる行動”確認して居場所探しを
WHO「ゲーム障害」を新たな国際疾病分類として認定し、専門外来を設ける医療機関が少しずつだが増えつつある。治療時には子供はのできていることを確認することが大事という。(2020/12/18)

「GoToトラベル」停止しても批判 矜持なき野党とメディア「遅すぎる」「観光業に打撃」大騒ぎ 隙見せる菅政権にも問題
 「GoToトラベル」をめぐっては、「止めないと医療崩壊する」と声高に叫んでいたニュース番組やワイドショーなどが、いざ停止が決まると「観光業界に大打撃だ」と騒ぎ始めた。(2020/12/17)

LINEで完結するオンライン診療、都内でスタート ビデオ通話で診察、LINE Payで決済
LINEヘルスケアが、オンライン診療サービス「LINEドクター」をリリース。医療機関の検索と予約、ビデオ通話による診察、決済がLINE上で完結する。都内の一部医療機関で利用可能。(2020/12/17)

研究開発の最前線:
村田製作所がみなとみらいの研究開発拠点を公開「事業を広げる大きなチャンス」
村田製作所が神奈川県横浜市みなとみらい21地区に開業した研究開発拠点「みなとみらいイノベーションセンター」を報道陣に公開。電池事業を中心としたエネルギー市場やヘルスケア市場において顧客や業界との接点強化を図るとともに、自動車市場でも新規分野での採用拡大に向けた活動を推進する拠点としての活用を見込む。(2020/12/17)

コロナ禍で進化するウェアラブルデバイス【第4回】
「ヘルスケア用ウェアラブルデバイス」が医療を変えるための3つの課題
コロナ禍でオンライン診療のニーズが高まる中、ヘルスケア用ウェアラブルデバイスの臨床的な利便性が分かってきた。ただし普及に至るには、解決が必要な3つの課題がある。それは何か。(2020/12/17)

TechTarget発 世界のITニュース
Johnson & Johnsonが1位に Gartnerのヘルスケアサプライチェーンランキング2020年版
Gartnerが発表した「ヘルスケアサプライチェーン」の先駆的企業ランキング2020年版で、Johnson & Johnsonが2年連続1位を獲得した。戦略の開発と実行の両立が主な理由だ。(2020/12/16)

「東京メトロmy!」アプリ」がバージョンアップ、「ひと駅歩く検索」や混雑確認などを追加
東京メトロは、12月15日「東京メトロmy!アプリ」をバージョンアップ。経路検索結果からひと駅分歩くルート表示や「dヘルスケア」「あるく保険」などとのアプリ連携、混雑状況の表示を行う。(2020/12/15)

医療機器ニュース:
医療機器向けAI開発キットをリリース
NVIDIAは、医療機器向けの高性能AI(人工知能)開発キット「NVIDIA Clara AGX」を発表した。開発したAIモデルを簡単に医療機器に導入できるように、ハードウェアとソフトウェアを組み合わせている。(2020/12/15)

海外医療技術トレンド(66):
米国病院は新型コロナの院内クラスター対策にDXを導入、働き方改革も進める
前回は米国規制当局のDX動向を取り上げたが、米国内の医療業界におけるDXの取り組みは最前線でも加速している。(2020/12/11)

Airbnb、医療従事者に宿泊先を無料提供する「Airbnb.org」を設立 被災者や難民も対象
米Airbnbが、災害などの緊急時にホストが宿泊先を提供する非営利団体「Airbnb.org」を設立した。(2020/12/10)

コロナ禍で進化するウェアラブルデバイス【第3回】
医師が語る「ヘルスケア用ウェアラブルデバイス」がオンライン診療に役立つ訳
コロナ禍のオンライン診療では、ヘルスケア用ウェアラブルデバイスが問診の助けになる可能性がある。ヘルスケア用ウェアラブルデバイスを活用するマサチューセッツ総合病院の医師に、その可能性を聞く。(2020/12/10)

「フェデレーテッドラーニング」が医療にもたらす可能性【後編】
医療AIからバイアスを排除 「フェデレーテッドラーニング」(連合学習)の臨床価値とは
「フェデレーテッドラーニング」(連合学習)を用いた共同研究は、従来医療AIモデル開発において障壁となっていた問題を解決する可能性がある。NVIDIAが協力した「EXAM」開発プロジェクトの事例から探る。(2020/12/8)

CT撮影を邪魔された 福島医大病院、過去のランサムウェア被害を公表 情報流出は確認されず
福島県立医科大学附属病院が2017年に業務用PCや医療機器がランサムウェアに感染し、患者の写真を再撮影する事態になっていたことなどを公表した。身代金の要求やデータの流出は確認していないという。(2020/12/2)

コロナ禍で進化するウェアラブルデバイス【第2回】
「Amazon Halo」のすごさとは? 電子カルテとの連携がもたらすインパクト
ヘルスケア用ウェアラブルデバイス市場にAmazon.comの「Amazon Halo」が新たに登場した。Amazon Haloがもたらす価値とは何か。同社はどのような戦略でヘルスケア分野に参入したのか。専門家の見解は。(2020/12/1)

オンライン診療、「受けたことある」のは約6% MMD調査
MMD研究所は11月30日、Web会議ツールや電話などを使って行う「オンライン診療」の受診経験者が約6%にとどまるとする調査結果を発表した。(2020/11/30)

組み込み開発ニュース:
工業、自動車、医療機器の機能安全認証を取得した最新版RTOSを提供開始
BlackBerryは、機能安全認証を取得したOSの最新版「QNX OS for Safety 2.2」の提供を開始した。「IEC 61508 SIL3」(工業)、「ISO 26262 ASIL D」(自動車)、「IEC 62304 Class C」(医療機器)の機能安全認証を取得している。(2020/11/30)

第5回 住宅・ビル・施設 Week:
温度測定の精度が±0.2度で複数人の検温と顔認証が可能なセキュリティゲート
大倉は、オフィスや学校、商業施設、医療機関、駅、空港などで、複数人の同時検温とアクセス制御を非接触かつ迅速に行える高性能セキュリティゲート「HESTA Security Gate」を上市した。(2020/11/30)

「フェデレーテッドラーニング」が医療にもたらす可能性【前編】
「フェデレーテッドラーニング」(連合学習)が医療AI開発の在り方を変える?
世界20施設の医療機関が共同で、新型コロナウイルス感染症患者の酸素投与の必要性を予測するAIモデルを開発した。研究の鍵となった技術が「フェデレーテッドラーニング」(連合学習)だ。その可能性とは。(2020/11/30)

製造マネジメントニュース:
オフィス事業から脱却するコニカミノルタ、画像IoTプラットフォームが成長基盤に
コニカミノルタが同社グループの中長期の経営戦略を説明。市場縮小が加速している複合機を中心としたオフィス事業について、デジタルソリューションを含めたデジタルワークプレイス事業への転換を進めるとともに、プロフェッショナルプリント事業、インダストリー事業、ヘルスケア事業を拡大させていく方針だ。(2020/11/27)

「NVIDIA Clara」プラットフォーム:
COVID-19対策貢献も、NVIDIAがヘルスケアAIを加速
NVIDIAの日本法人エヌビディアは2020年11月24日、「ヘルスケアAIの社会実装を加速させるNVIDIA Clara」プレスブリーフィングをオンラインで開催。同社のAIを活用したヘルスケアプラットフォーム「NVIDIA Clara」の概要や共同研究の概要などについて説明した。(2020/11/26)

製造マネジメント インタビュー:
オリンパスの新たなセキュリティ組織はなぜ“顧客中心”を掲げているのか
日立製作所が、2020年11月8〜6日に開催したオンラインイベント「Hitachi Social Innovation Forum 2020 TOKYO ONLINE」に、医療機器大手のオリンパスが登壇。同社 執行役員 CISO(最高情報セキュリティ責任者)の北村正仁氏が、2019年4月に発足した新たなセキュリティ組織の体制やPSIRT構築などについて説明した。(2020/11/26)

予防的な医療介入が必要:
「将来、医療費が高額になる患者」を予測 東京大学医学部附属病院の研究グループが機械学習予測モデルを構築
東京大学医学部附属病院の大沢樹輝氏らの研究グループは、将来高額の医療費が必要になる患者を機械学習モデルで高精度に予測した。(2020/11/26)

時間短縮:
コロナ禍の医療DX! 開発に5年「AI問診ユビー」が期待されるワケ
医療界にも、さまざまなツールが導入されている。その中でも、筆者は「AI問診ユビー」に着目。各方面から注目されているこのサービスは、どんな機能を搭載しているのか。共同代表に話を聞いたところ……。(2020/11/26)

楽天、唾液で分かる新型コロナPCR検査キットを団体向けに提供 「十分な検出感度ある」
楽天が「新型コロナウイルス唾液PCR検査キット」の提供を始めた。自宅や職場で検体を採取し、検査は提携する医療機関で行う。価格は1検査につき5478〜8778円。(2020/11/25)

ITでCOVID-19に対処した医療機関【後編】
1日300人以上のコロナ検査をさばく病院が実践した“ITやりくり術”とは?
1日当たり300人以上のCOVID-19検査を実施するカナダの医療機関Southlake Regional Health Centreは、検査を受けた人に結果を迅速に届けるべく、新規システム導入ではなく既存システムの活用を選んだ。その方法とは。(2020/11/25)

セキュリティやコネクティビティも網羅:
PR:MaaSの要となる技術を提供し、あらゆるサービス企業の市場参入を支えるNXP
自動車業界のみならず、建設、不動産、医療といったあらゆる業界や政府、自治体まで巻き込んで、拡大の一途をたどるモビリティサービス市場。モビリティサービスの実現には、自動運転技術、セキュリティ/セーフティ技術、コネクティビティ技術が欠かせない。これらを網羅し、あらゆるサービスプロバイダーからのニーズに応える柔軟なトータルソリューションを提供しているのが、NXP Semiconductorsだ。(2020/11/27)

「迫っているんだ 娘と過ごせる時間のタイムリミットが―」 医療現場の実話をもとにした「医療マンガ大賞」受賞作品が決定
審査員はこしのりょうさん、おかざき真里さんら。(2020/11/23)

コロナ禍で進化するウェアラブルデバイス【第1回】
Apple Watchが開拓した「ヘルスケア用ウェアラブルデバイス」活況の訳
Apple、Googleに加えてAmazon.comも参入し、活発化する「ヘルスケア用ウェアラブルデバイス」市場。各社が同市場に注目する背景には何があるのか。(2020/11/23)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。