ニュース
» 2010年04月20日 12時54分 UPDATE

Blu-ray内蔵の“LED AQUOS”、DX3シリーズ登場

シャープは、Blu-ray Discレコーダー内蔵の液晶テレビ“LED AQUOS”DXシリーズを5月20日から順次発売する。BD/DVDソフトの再生や録画が可能なオールインワンモデル。

[ITmedia]

 シャープは4月20日、Blu-ray Discレコーダー内蔵の液晶テレビ“LED AQUOS”DXシリーズを発表した。32V〜52V型までの4サイズを5月下旬から順次発売する。価格はすべてオープンプライス。あわせて、BDドライブ搭載のパーソナル録画テレビ「LC-26DV2」もリリースしている。

photophoto “LED AQUOS”DXシリーズの52V型と46V型。向かって右側面にスロットイン式のBDドライブを搭載
型番 LC-52DX3 LC-46DX3 LC-40DX3 LC-32DX3 LC-26DV7
解像度 フルハイビジョン ワイドXGA(1366×768ピクセル)
BD録画
バックライト LED CCFL
HDMI入力 3系統 2系統
カラー ブラック系 ブラック系、ホワイト系、レッド系
実売想定価格 40万円前後 33万円前後 23万円前後 16万円前後 14万円前後
発売日 6月10日 5月20日

 本体にBlu-ray Discドライブを搭載し、BD/DVDソフトの再生や録画が可能なDXシリーズの新製品。UV2A技術採用の液晶パネルに直下型LEDバックライトを組み合わせた“LED AQUOS”となり、ダイナミックコントラストを500万:1に向上したほか、年間消費電力量を同サイズの従来機(DX2シリーズ)から30%以上削減している。

photophotophoto 40V型以下はブラック系、ホワイト系、レッド系のカラーバリエーションを用意

 BDなどのソフトをBDドライブに挿入するだけで再生を開始する「一発再生」、番組表から番組を選ぶだけの「一発予約」といったオールインワンモデルならではの操作性は従来機と同じ。MPEG-4 AVC記録は最長8.5倍モードまで対応しており、2層メディアを使えば約36時間の録画番組を1枚のメディアに収めることができる。

 新機能としては、同社製Blu-ray Discレコーダーが採用したDLNA機能「ホームネットワーク」が挙げられる。これにより、レコーダーが別室にある場合でも、録画番組をネットワーク経由で再生できるようになった(→関連記事)。

 また、AQUOS専用ポータル「AQUOS.jp」を介したインターネットサービスもパワーアップ。従来からの「Yahoo! JAPAN for AQUOS」「DoTVデジ×マガ」「アクトビラ ビデオ・フル」「ひかりTV」にくわえ、今春からデジタルアーツ提供の有害サイトフィルタリングサービスをスタートする。さらにブロードメディアのレンタルビデオ(4月23日からβサービス開始)、凸版印刷のカタログショッピング(5月以降サービス開始)、NEOBEATのネットスーパー(5月移行サービス開始といった新サービスを順次追加していく予定だ。

 映像エンジンは「AQUOS高画質マスターエンジン」。倍速駆動の「Wクリア倍速」とバックライトスキャンの「スキャン倍速」を組み合わせ、動画の残像感を抑えているほか、映像信号のコントラストや色を調整し、ノイズ成分を抑える「アクティブコンディショナー」も搭載。ユーザーの好みを反映する自動画質調整機能「好画質センサー」、HDMIリンクの「AQUOSファミリンクII」といった機能も採用している。

 HDMI入力は、40V型以上が3系統、32V型は2系統。同時にリリースされた「LC-26DV7」(26V型)も2系統だ。そのほかに各モデル共通で2系統のビデオ入力(D5×2、S端子×1)やアナログRGBなどを備えている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.