ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「シャープ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

関連キーワード

ネットで反響 “蚊とコバエが取れる”空気清浄機、シャープが最新モデルを発売
シャープは4月15日、蚊取り機能付きの空気清浄機「FU-PK50」を発売した。オープン価格で想定価格は4万2000円前後。(2021/4/15)

SIMロックフリースマホメーカーに聞く:
SIMフリーでも「みんなに5G」を シャープに聞く「AQUOS sense5G」開発の舞台裏
歴代シリーズが大ヒットを飛ばしているAQUOS senseの最新モデル「AQUOS sense5G」が発売された。これまでのsenseシリーズの特徴であるコストパフォーマンスの高さを受け継ぎながら、文字通り5Gに対応したモデルだ。SIMロックフリースマホで5G対応機種が少ない中で、シャープが5Gスマホを出す狙いとは?(2021/4/7)

コロナ禍を機に参入:
シャープ、マスクの生産枚数が累計2億枚に到達 参入から約1年で
シャープはコロナ禍をきっかけにマスク製造に参入した。3月25日時点で生産枚数が累計2億枚に到達した。(2021/3/30)

しゃべる調理鍋「ホットクック」に“アイマス版”が登場 シャープ公式「SHARPのPはプロデューサーのP」
撮り下ろしボイス収録で朝昼晩のあいさつも。(2021/3/26)

ホットクックに「アイマス」モデル BGM付き音声にキャラ同士の掛け合いも
シャープは、バンダイナムコエンターテインメントの「THE IDOLM@STER」をモチーフにした「ヘルシオ ホットクック」の受注販売を始めた。価格は7万6500円(税別)。(2021/3/25)

Mobile Weekly Top10:
「AQUOS sense5G」ってどうよ?/「eSIM」は人類に早すぎる?
シャープの5Gスマホ「AQUOS sense5G」は大手キャリア各社から発売されている他、SIMロックフリーモデルも販売されています。事実上の兄弟機である「AQUOS sense4」とは何が違うのでしょうか……?(2021/3/24)

縦横どちらの設置にも対応、シャープが住宅用太陽光パネルの新製品
シャープは住宅用単結晶太陽電池モジュールの新製品2機種を2021年4月15日から販売する。横置きと縦置きのどちらの設置方法にも対応して住宅屋根に導入しやすくした他、ハーフサイズの太陽電池セルの採用や、電極配置設計の見直しなどにより発電効率を高めた。(2021/3/17)

シャープ、アクオスの「AIレコメンド」終了 「キーワード登録の方が使われた」
シャープは、薄型テレビ「AQUOS」向けのクラウドサービス「COCORO VISION」をリニューアルする。AI(人工知能)が利用者の視聴履歴などを学習してコンテンツを紹介する“AIレコメンド”は終了する。(2021/3/15)

リテールテックJAPAN 2021:
シャープがキューブ型AGVを披露、最小道幅600mmを走行できる
シャープは、「リテールテックJAPAN 2021」において、小回りがきくとともに小型であることが特徴のCUBE型AGV(無人搬送車)を披露した。工場の表面実装(SMT)ラインや人手による組み立てラインの他、飲食店客席への配膳、倉庫のキッティング用途などに向けて提案する。(2021/3/10)

「AQUOS sense5G」のSIMフリーモデルが3月12日に発売 4万円台後半
シャープが、「AQUOS sense5G」のSIMロックフリーモデル「SH-M17」を3月12日から順次発売する。5Gの周波数は、日本で使われているn77、n78、n79をサポートしている。自宅など指定した場所に入ると自動でテザリングがオンになる「テザリングオート」も搭載。(2021/3/2)

PR:5G対応で3万円台から!万人にオススメできる「AQUOS sense5G」の魅力を検証する
シャープのスマートフォン「AQUOS sense5G」が発売された。5Gスマホの多くはスペックが高く、10万円前後するモデルも珍しくない中、AQUOS sense5Gは税込みで3万円台〜という安さが特徴だ。トリプルカメラや大容量4570mAhバッテリー、senseシリーズではおなじみの防水やおサイフケータイにも対応している。(2021/2/24)

製造ITニュース:
ローカル5Gの実証やソリューション開発を目的とした協創フィールドを開設
シャープは、ローカル5Gを活用して新たなソリューションを協創する場「SHARP Local 5G Trial Field」を2021年2月中旬に開設する。幕張事業所と広島事業所内に協創フィールド設け、実証や検証、新ソリューション開発などに取り組む。(2021/2/19)

シャープ、ロボホンでプログラミング体験ができる宿泊プラン発表 「変なホテル舞浜」で販売
シャープは、コミュニケーションロボット「ロボホン」を活用したプログラミング体験を提供する宿泊プランを発表した。H.I.S.ホテルホールディングスが運営する「変なホテル舞浜 東京ベイ」にて2月16日より販売を開始している。(2021/2/18)

MEGUMI、ほうれい線が刻まれた比較写真を公開 10年間の努力でシャープな口元を奪還「本当嬉しいよ!」
パッと見だけでも印象違う。(2021/2/13)

シャープ、企業向けショールームをライブ動画で案内「オンラインLIVEショールーム」
シャープは、企業向けショールームを遠隔で案内する「オンラインLIVEショールーム」を始めた。スタッフがライブで動画撮影しながら商材を紹介する。(2021/2/9)

auの「AQUOS sense5G」が2月10日に発売 3000円キャッシュバックも
KDDIは、2月10日にシャープ製の5Gスマートフォン「AQUOS sense5G SHG03」を発売。価格は3万9800円(税込み)。au PAY 残高へ3000円(不課税)をキャッシュバックするキャンペーンも実施する。(2021/2/4)

シャープ、ローカル5Gの実証実験を行う「Local 5G Trial Field」開設
シャープは、ローカル5Gを活用した新たなソリューションを共創する場として「SHARP Local 5G Trial Field」を同社の幕張事業所と広島事業所内に開設する。(2021/2/3)

シャープのマスク、「ふるさと納税」の返礼品に
シャープが三重工場で製造している不織布マスクが三重県多気町のふるさと納税(ふるさと応援寄附金)の返礼品に採用された。(2021/2/1)

医療機器ニュース:
ワクチンや血液を効率的に輸送できる、医薬品向け定温輸送容器セット発売
シャープは、スギヤマゲンと共同開発した、医薬品向け「定温輸送容器セット」を発売した。ワクチンや細胞、血液などを適切な温度で管理できるセットで、スギヤマゲンが販売する。(2021/1/21)

シャープのマスク、入試で使用可能 英字の「SHARP」プリントに疑問あつまるも、入試センターが「差し支えなく使用できる」と回答
よかった!(2021/1/15)

Mobile Monthly Top10:
2020年を振り返る(6月編):シャープの不織布マスクが生まれた背景/どんなときもWiFiに行政指導
新型コロナウイルスの感染拡大に伴うマスク不足を受けて、シャープが不織布マスクの生産に乗り出し、現在でも抽選販売が行われています。同社がマスクの生産に至った理由は何だったのでしょうか。(2020/12/26)

シャープ、SIMフリーAQUOS向け「モバイル補償パック」提供開始
シャープは、SIMロックフリー「AQUOS」向けに「モバイル補償パック」を提供開始。故障や水没などの各種トラブル発生時には同機種と交換し、加入期間中の自然故障はメーカー保証期間(1年間)を超えても無償修理する。(2020/12/22)

太陽光:
初期費用ゼロの太陽光発電サービスでシャープが提携、東京電力ベンチャーズと
シャープが第三者所有モデルの法人向け太陽光発電サービスの提供で、東京電力ベンチャーズと定形。初期費用ゼロで太陽光発電の電力を自家消費できるサービスを全国展開する。(2020/12/17)

シャープ、「AQUOS sense4 plus」のSIMフリーモデルを発売 12月25日から順次
シャープは、12月25日から「AQUOS sense4 plus」を順次発売。スマートフォンAQUOSとして過去最大の約6.7型フルHD+ディスプレイを搭載している。価格(税別)は4万円台後半。(2020/12/15)

シャープ、IGZO採用の「スマートバス停」発売 電源ない場所にも設置可
シャープマーケティングジャパンが液晶ディスプレイに時刻表を表示する「スマートバス停」を12月中旬に発売する。IGZO液晶ディスプレイの他、太陽光パネルや蓄電池を搭載し電源がない場所に設置できる。(2020/12/14)

「お館様ぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!」 シャープのホットクック「戦国BASARA 真田幸村Ver.」がうるさそう
戦国BASARAでは武田信玄と愛のある激しいやりとりでおなじみ。(2020/12/11)

シャープが「Dynabook」ブランドのChromebookを2021年2月以降に発売 GIGAスクール構想準拠でLTE通信対応
シャープが、子会社のDynabookと共同開発したChromebookを発表した。GIGAスクール構想に準拠した仕様となっており、LTE通信機能を内蔵していることが特徴だ。(2020/12/11)

製造業IoT:
シャープのIoT子会社、「Dash Replenishment」で自動再注文システムの開発を支援
シャープ子会社のAIoTクラウドは、アマゾン(Amazon.com)の消費財自動再注文クラウドサービス「Amazon Dash Replenishment」への参画を検討している事業者に対する各種開発支援サービスの提供を開始すると発表した。日用消費財メーカーや消耗品が必要な機器を製造する機器メーカーを中心に事業を展開する方針である。(2020/12/11)

製造ITニュース:
ローカル5Gを現実化するための戦略的提携、ノキアがオムロンやシャープなどと
ノキアは2020年12月9日、ローカル5Gの企業向けソリューションを現実的な形で推進するために技術レベルでの協業を進める戦略的提携「Nokia ローカル 5G テクノロジーパートナーシップ」を発表した。同パートナーシップには、オムロン、コネクシオ、シャープ、日鉄ソリューションズ、日立国際電気が参加する。(2020/12/10)

ノキアら、ローカル5Gを推進するパートナーシップ オムロンやシャープが参加
ノキアらは、ローカル5Gを推進するパートナーシップ「Nokia ローカル5Gテクノロジーパートナーシップ」で提携。日本のローカル5G産業用ソリューションの採用を加速させることが狙い。(2020/12/9)

シャープの「マスク定期便」、申し込み手順を一部変更した理由
シャープは「マスク定期便サービス」の申込受付を12月4日に再開したが、同時に複数個を注文する際の手順を一部変更した。(2020/12/8)

蓄電・発電機器:
シャープが容量9.5kWhの蓄電池、太陽光の自家消費率を表示可能に
シャープは2020年12月7日、住宅用クラウド蓄電池システムの新製品「JH-WBPD9360」を2020年1月20日に発売すると発表した。9.5kWh(キロワット時)の大容量が特徴の製品で、システム一式の希望小売価格は374万円(税込)。(2020/12/8)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
最高の結果を出すKPI実践ノート
KPI導入のどこを深く説明し、よりシャープにすると分かりやすく、さらに実践的になるのか。(2020/12/3)

シャープの「マスク定期便」が申込受付を停止 アクセス集中で
シャープの「マスク定期便」が2日正午現在、メンテナンスのため申込受付を停止している。サービスを開始後からアクセスが集中、「エラーメッセージが出る」などの不具合が発生した。(2020/12/2)

Qualcomm、5G強化のハイエンドスマホ向け次期プロセッサ「Snapdragon 888」発表
Qualcommが、フラグシップスマートフォン向けの次世代ハイエンドプロセッサ「Snapdragon 888」を発表した。5Gモデム「X60」を統合し、AIエンジンも搭載する。シャープやLGの2021年のフラグシップ端末に搭載される見込みだ。(2020/12/2)

シャープ、毎月マスクが届く「マスク定期便」開始 マスクの実質値下げも
シャープがマスクの宅配サービスを始める。料金は1カ月(30枚1箱)で1650円。「1日1枚、安心、安全の日本製不織布マスクを確実に提供する」としている。(2020/12/1)

シャープ、月額1650円でマスクが毎月届く「定期便サービス」開始
シャープは、12月1日に「マスク定期便サービス」の申込受付を開始した。1カ月分(30枚)の不織布マスクが送料無料で配送され、「ふつうサイズ」と「小さめサイズ」の2コースを用意している。価格は1650円(税込み)。(2020/12/1)

シャープが「マスク定期便サービス」を開始 1カ月分のマスクが自宅に毎月届きます
ポストに配達してくれるのもうれしい。(2020/12/1)

自社生産の強み生かす:
シャープがマスクの定期便サービス開始 毎月30枚を自宅に届ける
シャープは、不織布マスクを定期的に購入できる「マスク定期便サービス」の申し込み受付を開始する。申し込み順に、12月下旬から発送する。(2020/12/1)

医療機器ニュース:
低反射で曇りにくい、高性能フェイスシールドなどを発売
シャープは、フィルム表面の特殊加工により光の映り込みを低減し、曇りを防止するフェイスシールド、アイシールド、マウスシールドを発表した。同社がこれまでの液晶パネル開発で培った特殊加工技術が生かされている。(2020/11/30)

太陽光:
シャープが蓄電池の見守りサービス、発電量の低下や異常を通知
シャープは、太陽光発電システムおよびクラウド蓄電池システムの見守りサービス「COCORO ENERGYモニタリング」を開始すると発表。基本的な見守り機能と、発電状況を常時監視する機能の2つを提供する。(2020/11/28)

古田拓也「今更聞けないお金とビジネス」:
「ドコモ除外、シャープ追加」の日経平均、指数への影響は?
日経平均からドコモが除外され代わりにシャープが追加となる。ドコモといえば、時価総額12兆円の超巨大企業であるが、シャープの時価総額は7500億円程度と、そのサイズは10分の1以下だ。ドコモを代替する銘柄として、シャープを組み込むことに悪影響はないのだろうか。(2020/11/27)

SIMロックフリーの「AQUOS sense4」が11月27日に発売 DSDV対応、3万円台後半
シャープは、SIMロックフリースマートフォン「AQUOS sense4(SH-M15)」を11月27日に発売する。SIMロックフリーならではの特徴として、DSDV(デュアルSIMデュアルVoLTE)に対応している。実売想定価格は税別で3万円台後半。(2020/11/19)

シャープOBがプラズマクラスターではなく「光触媒」で攻勢
シャープOBらが設立したカルテックが、光触媒を活用した空間除菌脱臭機の開発に取り組んでいる。近年は大手メーカーとの競合市場に参入する「ものづくりベンチャー」の存在感が高まっており、ものづくり活性化の起爆剤として注目される。(2020/11/17)

シャープが「AQUOS sense4 plus」を台湾で発売
シャープは、11月16日に約6.7型ディスプレイを搭載したスマートフォン「AQUOS sense4 plus」を台湾で発売。市場想定価格は3万2800円前後(8990台湾ドル)。(2020/11/16)

「新時代」のマーケティング教室:
デジタルで「4P」はどう変わる プロモーションは「会話」が勝負? シャープやタニタのSNSが人気なワケ
マーケティング理論として知られる「マーケティング・ミックス」(4P)。デジタル時代にどう変わっている? 東京都立大学経済経営学部の水越康介教授が解説する。(2020/11/11)

シャープの8Kテレビ、Xbox Series Xは「4K60p以下で」 PS5は正常に表示
シャープが最新ゲーム機を8Kテレビに接続する際の注意事項をサポートページに掲載した。「PS5」は8K、4K120pともに正常に表示できるが、「Xbox Series X」はどちらも表示できず、「4K60pで利用してほしい」としている。(2020/11/10)

シャープ、「反射しない・曇らない」フェイスシールドを発売 テレビ画面の特殊フィルムを応用した「見やすくて・見られやすい」設計
表情がよく見えてコミュニケーションがとりやすそう。(2020/11/10)

年間3万個の販売目指す:
シャープ、液晶パネルの加工技術を活用したフェースシールド発売
シャープは、反射や曇りを抑えたフェースシールドなど4種類6モデルを発売する。液晶パネル開発で培ったフィルムの加工技術を活用した商品。シリーズ合計で年間3万個の販売を目指す。(2020/11/9)

“蛾の目”を参考にしたフェイスシールド、シャープが発売 液晶パネルの技術活用、映り込み大幅減
シャープは11月9日、液晶パネル開発で培った「モスアイ技術」を応用したフェイスシールドを発売した。夜中でも空を飛べる蛾(モス)の目を参考に開発した表面加工で映り込みを大幅に抑える。(2020/11/9)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。