ニュース
» 2010年09月15日 13時00分 UPDATE

操作性高めたエントリーモデル“ウォークマンE”「NW-E050シリーズ」

実売1万円以下から購入できるエントリーモデル“ウォークマンE”がデザインを一新。WM-PORTも備え各種対応スピーカーユニットなどと組み合わせることも可能となった。

[ITmedia]

 ソニーは9月15日、エントリー向けモデル“ウォークマンE”の新製品「NW-E050シリーズ」を10月9日より販売開始すると発表した。2Gバイトのメモリを搭載した「NW-E052」と4Gバイトのメモリを搭載した「NW-E053」が用意され、価格はいずれもオープン。専用スピーカーをセットした「NW-E050Kシリーズ」も用意される。実売想定価格はNW-E052が8000円前後、NW-E053が1万円前後、スピーカーが付属するNW-E052Kが1万円前後、NW-E053Kが1万2000円前後。

photophoto
photophoto 「NW-E050シリーズ」。カラーはブラック、シルバー、ピンク、ブルーの4色

 既存製品「NW-E040シリーズ」のスティックタイプからデザインを一新、1.4型液晶ディスプレイを搭載しており、外見上は上位モデルのウォークマンS/Aシリーズに近いスタイルとなった。34.8(幅)×77(高さ)×9.8(奥行き)ミリ、43グラムとウォークマンSシリーズ(42.5×94×7.2、55グラム)に比べても小型軽量だ。

 小型軽量ながらも高域補完技術「DSEE」、低音ゆがみを抑制する「クリアベース」、ステレオのL/Rを明確に分離する「クリアステレオ」、市販製品「MDR-EX300」相当の13.5ミリ径ドライバ搭載カナル型イヤフォンと、4つの高音質化要素が投入されている。

 エントリーモデルの位置づけながら歌詞同期表示機能「歌詞ピタ」、12音解析を利用した「おまかせチャンネル」などは上位機種と同様に楽しめる。底面には拡張端子「WM-PORT」を備えており、同端子対応のスピーカーユニットなどと組み合わせることもできる。

 「NW-E050Kシリーズ」に付属するスピーカーは本体のコンパクトさを損なわないスタンドタイプで、同梱ACアダプターのほかウォークマン本体の電源でも駆動する。底面の直径は57ミリで、机上の上はもちろん、ダイニングやキッチンでも気軽に音楽を楽しめる。

photophoto
photophoto 「NW-E050Kシリーズ」。カラーはNW-E050シリーズと同じくブラック、シルバー、ピンク、ブルーの4色

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう