ニュース
» 2010年12月15日 17時45分 UPDATE

エプソン、フルHD対応の常設型プロジェクター

エプソンは、フルハイビジョン以上の高解像度にも対応する常設型プロジェクター「EB-G5750WU」を発表した。

[ITmedia]
photo 「EB-G5750WU」

 エプソンは12月15日、「オフィリオプロジェクター」の新商品として、常設モデル「EB-G5750WU」を1月より発売すると発表した。対応する解像度はフルハイビジョン以上となるWUXGA(1920×1200)だ。価格はオープンプライス。

 「3LCD」方式の液晶パネル技術にくわえ、無機垂直配向の「C2FINE」技術を採用したことで、4500ルーメンの明るさとコントラスト比1500対1を実現した。赤や黄色を忠実に表現するカラーマネジメントや、レントゲン写真などの医療のイメージを確認するための「DICOM SIMモード」も搭載している。

photo

 常設設置に便利な上下左右の電動レンズシフト機能や、1.8倍ズームの短焦点の標準レンズのほか4種類のオプションレンズも用意する。ビデオ画像とコンピュータ画像の「2画面分割表示機能」やネットワークを使って任意のPC画面を分割表示できる「EasyMP Multi PC Projection」といった機能も搭載している。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう