ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「オフィリオプロジェクター」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「オフィリオプロジェクター」に関する情報が集まったページです。

超解像技術にも対応:
明るさ1万ルーメンのモデルが登場――エプソン、常設型のビジネスプロジェクター4モデルを投入
エプソンは3LCD方式のビジネスプロジェクターに常設型の4モデルを追加した。従来製品よりも明るさや高画質処理機能を向上させ、明るさ1万ルーメンのモデルも登場した。(2012/2/8)

エントリー機やiOSアプリも投入:
エプソン、壁掛けやテーブル投写が可能な超短焦点モデルなどプロジェクター7機種
エプソンはプロジェクター計7機種を発表。うち6機種は短焦点が特徴で、オフィスや教育現場での利用を想定している。また、iOS端末向けのプロジェクター接続アプリも発表した。(2011/12/15)

ビジネス向けに6機種投入:
エプソン、レバー操作でヨコ台形補正が可能なプロジェクター
エプソンがビジネス向けプロジェクター6機種を発表した。シンプルで安いスタンダードモデルを中心に投入、基本性能を強化して使いやすさを向上させる機能が追加された。(2011/8/3)

WUXGAの高輝度モデルも:
エプソン、“授業向き”機能も備えた学校向けプロジェクター5製品
エプソンは、学校向けの液晶プロジェクター「EB-925」など計5モデルと電子黒板ユニットを発表した。WUXGAの高輝度モデルも投入する。(2010/12/16)

プロジェクターを電子黒板に エプソン、学校向け新製品を発売
エプソンが電子黒板機能内蔵モデルなど学校向けプロジェクターの新製品を発売。既存のプロジェクターに追加できる電子黒板ユニットも。(2010/12/16)

エプソン、フルHD対応の常設型プロジェクター
エプソンは、フルハイビジョン以上の高解像度にも対応する常設型プロジェクター「EB-G5750WU」を発表した。(2010/12/15)

44ミリ厚/約1.7キロのスリムボディ:
エプソン、“3LCDで世界最薄”のモバイルモデルなどプロジェクター10機種
エプソンがビジネス向けプロジェクター10機種と書画カメラの新機種を発表した。注目は3LCD方式で最薄となるモバイルモデルだ。(2010/9/17)

エプソン、3LCD最薄44ミリのモバイルプロジェクター
低価格モデルの投入でプロジェクター市場シェアを拡大したエプソンが、3LCD方式としては世界最薄となるモバイルモデルなどを新製品を発表。ラインアップの拡充でビジネスニーズに全方位で応える。(2010/9/17)

仕事耕具:
厚さ44ミリ、エプソンが“世界最薄”プロジェクタ――通勤カバンにしまえる
エプソンは厚さ44ミリのモバイルプロジェクタなどを発売する。ノートPCと一緒にカバンにしまえる厚さは「3LCDプロジェクタでは世界で最薄だ」という。(2010/9/16)

C2FINEのWUXGAモデルも:
エプソン、3LCD方式のビジネスプロジェクター計7モデルを一挙投入
エプソンは3LCD方式のビジネスプロジェクターに7モデルを追加。ホールや大会議室への常設を想定した高光束モデルにより、さらなるシェア拡大を図る。(2009/10/28)

エプソン、4000ルーメンの多機能プロジェクター新製品
4000ルーメンと明るい多機能プロジェクター4製品をエプソンが発売する(2009/10/28)

仕事耕具:
ワイドなプレゼンはワイドなプロジェクタで――エプソン、フルHD対応のプロジェクタなど7機種
エプソンは、「オフィリオプロジェクター」の新機種7モデルを11月から順次発売。フルHDやワイド画面に対応したモデルが目立った。(2009/10/27)

セイコーエプソン、3LCD方式採用のビジネスプロジェクター計6製品を投入
セイコーエプソンは、「オフィリオプロジェクター」新モデル計6製品を発表。オフィス向け標準モデル4製品、および教育現場向けモデル2製品をラインアップした。(2009/8/20)

仕事耕具:
エプソンが10万円以下のプロジェクタを強化、4万円台後半のエントリーモデルも
10万円以下のプロジェクタが売れている。これを受けてセイコーエプソンは、オフィリオプロジェクターの6モデルを9月中旬から順次発売。10万円以下の価格帯を強化するラインアップで、店頭では4万円台後半〜の価格で販売される見込みだ。(2009/8/20)

仕事耕具:
オフィリオのプロジェクタに書画カメラ、実物を手軽に投影
セイコーエプソンは、書画カメラ付きプロジェクタ「EB-825VP」を発売する。3000ルーメンで10Wのスピーカーを内蔵したプロジェクタと、実物を投影できる書画カメラをセットにした。(2009/5/26)

PR:これからのビジネスプロジェクターは「カラーの明るさ」で選ぶ!
会議やプレゼンでの情報伝達・共有の手段として欠かせないプロジェクターは、製品の質が業務の効率アップに直結するといっても過言ではない、ビジネスにおいて重要なデバイスだ。では、今後はどのようなプロジェクターを選ぶべきなのか? その答えの1つとして、エプソンは「カラーが明るい」プロジェクターを提案している。(2009/2/7)

PR:会議力アップ! エプソンプロジェクターなら「ワイド」もスマートに
ビジネスの情報共有に欠かせなくなってきた「ワイド」。でもワイドPCを100%活用するには、ワイドを明るく映せるプロジェクターが不可欠。簡単接続の「USBディスプレイ」など、ワイド機能にプラスアルファするスマートな使い勝手の良さも要チェックだ。(2009/1/7)

ワイド時代を切り開くエプソンの最強モバイルプロジェクター「EB-1735W」:
PR:ワイドプロジェクターで広がる、深まる情報共有
 夏のスポーツイベントなどを大画面薄型テレビの迫力ある映像で楽しんだ読者も多いだろう。テレビやPCなど、人間と映像の接点となるのがディスプレイ。その世界で常識になりつつある動きがある。それが「ワイド」だ。(2008/9/8)

エプソン、クールダウン不要な小型3LCDプロジェクター
セイコーエプソンがプロジェクター“オフィリオ”の新製品「EMP-X5」「EMP-822」を発売。使用後にクールダウンが不要で、日常的な使い勝手にも優れる(2007/4/24)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。