ニュース
» 2011年05月31日 21時59分 UPDATE

総務省、地デジ開始に間に合わない世帯向けに「地デジ難視対策衛星放送」の受付を開始

総務省および社団法人デジタル放送推進協会は、アンテナ工事の遅れなどのやむを得ない事情により、地上デジタル放送にまだ対応できていない世帯向けに「地デジ難視対策衛星放送」の一時利用受付を開始する。

[ITmedia]

 総務省および社団法人デジタル放送推進協会(Dpa)は5月31日、「地デジ難視対策衛星放送」の一時利用の受付を6月1日より開始すると発表した。

ts_tideji1.jpg 「地デジ難視対策衛星放送」のイメージ

 アンテナ工事の遅れなどのやむ得ない事情により、アナログ放送終了後に地上デジタル放送が視聴できない世帯への対策として、BSデジタル放送で提供している難視聴地域向けの地上デジタル放送再送信を受信できるようにする。BSアンテナとBSデジタルチューナー、もしくはBSデジタル放送対応テレビが必要となるが、東京のNHKおよび各地域における民間放送局の地上デジタル放送番組を視聴できる。なお、ハイビジョン画質ではなく、またデータ放送には対応しないが、電子番組表および字幕放送の利用は可能だ。

 申し込みは、地デジ難視対策衛星放送受付センターに問い合わせるか、近くの自治体、家電量販店などから入手できる利用申込書を同センターに送付する。一時利用の受付期間は6月1日〜7月31日までで、利用可能な期間は申し込み日より約半年間。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう