ニュース
» 2011年09月12日 19時51分 UPDATE

オンキヨー、AVセパレートアンプ「PR-SC5509/PA-MC5501」を発売

オンキヨーは、プリアンプ部とパワーアンプ部が分離したAVセパレートアンプ「PR-SC5509/PA-MC5501」を発表した。

[ITmedia]

 オンキヨーは、セパレート式のAVアンプ新製品として、プリアンプの「PR-SC5509」とパワーアンプ「PA-MC5501」を9月25日に発売する。価格は、PR-SC5509が26万2500円、PA-MC5501は21万円。

Photo AVセパレートアンプ「PR-SC5509/PA-MC5501」

 デジタル信号を扱うプリアンプ部と、アナログ信号が主体となるパワーアンプ部を分け、ノイズ干渉を抑えるセパレート式のAVセンター。どちらもアルミ押し出し材を採用した剛性の高い筐体(きょうたい)を採用したほか、THXの「THX Ultra2 Plus」に準拠している。

 PR-SC5509は、最大11.2chを可能にするdtsのマトリックス技術「DTS Neo:X」をサポート。映像処理回路にはHQVの「Vida VHD1900」を採用し、4K(3840×2160ピクセル)対応のビデオアップコンバージョン機能やバーブラウンの192kHz/32bit DACなど、先進的な機能を多く盛り込んだ。

 また、IPサイマルラジオサービス「radiko.jp」、音楽ストリーミングサービス「AUPEO!」、iPod touch/iPhone/Android 2.1以上のスマートフォンがAVセンターのリモコンになる専用アプリ「Onkyo Remote」にも対応している。サイズは435(幅)×198.5(高さ)×453.5(奥行き)ミリ、重量は14キロ。

PhotoPhoto AVコントロールセンター 「PR-SC5509」(左)と、パワーアンプ「PA-MC5501」(右)

 一方のPA-MC5501は、3段インバーテッドダーリントン回路や大型カスタムパワートランジスターを採用した9chパワーアンプ。電源部には、オーディオ専用大容量トロイダルトランスと大容量電解コンデンサーを搭載。さらにインターフェースも充実しており、高品位金メッキXLR入力端子、高品位金メッキ真ちゅう削り出しRCA入力端子などを採用している。サイズは435(幅)×198.5(高さ)×446.5(奥行き)ミリで、重量は22.2キロとなっている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.