ニュース
» 2012年03月06日 15時35分 UPDATE

オンキヨー、ホームシアター向けスピーカー「D-309シリーズ」を発表

オンキヨーは、ホームシアター向けスピーカーの新製品「D-309シリーズ」を3月末に発売する。全モデルにピアノ仕上げと突き板仕上げを用意。

[ITmedia]

 オンキヨーは3月6日、ホームシアター向けスピーカーの新製品を発表した。フロント用のフロアスタンド型「D-309E」、ブックシェルフ型の「D-309M」、センター用の「D-309C」をラインアップ。3月末に発売する予定だ。

ts_onkyo07.jpgts_onkyo08.jpg 「D-309シリーズ」。全モデルにピアノ仕上げと、リアルウッドベースの突き板仕上げという2つのカラーバリエーションを用意した
型番 概要 外形寸法(幅×高さ×奥行き) 価格 発売日
D-309E 2Way3ユニットフロアスタンド型(フロント用) 270×952×300ミリ 3万9900円/1台 3月末
D-309M 2Wayブックシェルフ型(サラウンド用) 143×245×165ミリ 2万1000円/台 3月末
D-309C 2Way3ユニットセンタースピーカー 418×143×154ミリ 2万4150円/台 3月末

 ウーファーユニットには、強靱(きょうじん)で固有ノイズが少ない不織布の3層コットンをベースにアラミド繊維をハイブリッド成形した独自のN-OMF振動板を採用。中央に砲弾型イコライザーを装備して周波数特性の乱れを防ぐことで、サウンドの滑らかさやスピード感、中音域のクリアさが向上するという。

 一方のツィーターユニットには、音のにごりの原因となる分割振動を抑えるリング型振動板を採用。可聴帯域の上限とされる20kHz近くまで分割振動を起こさず振幅し、それ以上の超高音もクリアかつ伸びやかに再生するという。

 キャビネットには、MDF材をベースにサイズと形状の最適化。バスレフダクトや吸音材の配置など内部構造も「独自のノウハウで最適化」(同社)した。ネットワーク回路には位相の乱れが少ないとされる12dB/octタイプを選択し、各ユニットの実力を引き出す。インピーダンスはすべて6オームだ。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう