ニュース
» 2012年03月19日 14時59分 UPDATE

野村ケンジのぶらんにゅ〜AV Review:女性ボーカルに鳥肌!? カスタムイヤーの音質が手軽に楽しめる「FitEar TO GO! 334」 (1/2)

今回は超個性派の高級カナル型イヤフォン、「FitEar TO GO! 334」を紹介しよう。カスタムイヤーモニターのブランドとして有名なFitEar(フィットイヤー)から登場した初のユニバーサルタイプだ。

[野村ケンジ,ITmedia]

 ヘッドフォンからテレビ、ホームシアターまで、さまざまなジャンルの数多あるAV系新製品のなかから注目の新製品をピックアップし、いち早いレビューをお送りしていく「野村ケンジのぶらんにゅ〜AV Review」。今回は超個性派の高級カナル型イヤフォン、「FitEar TO GO! 334」を紹介しよう。

ts_fiteargo01.jpg 「FitEar TO GO! 334」。標準価格は10万5000円

 FitEar(フィットイヤー)は、補聴器なども手がける須山歯研が展開する、カスタムイヤーモニターのブランド。多くのプロミュージシャンが実際に使用しており、イヤフォン好きにも注目度の高いブランドだが、そのFitEarから、同ブランド初となるユニバーサルタイプ(カスタムイヤーのように耳型を採取するのではないごく一般的な)のカナル型イヤフォンが登場した。それが「FitEar TO GO! 334」である。

 ベースとなっているのは、カスタムイヤーモニターの「FitEar MH334」。ドライバーは、バランスド・アーマチュア型を採用、低域用1/中域用2/高域用1の合計4ドライバー(ユニット数としては3つ)がレイアウトされている。

 とはいえ、「FitEar MH334」そのままに、イヤーチップに汎用性を持たせただけの安易な製品ではないところが「FitEar TO GO! 334」のアドバンテージだ。シェル(イヤフォン本体)の小型化を実現するとともに、高域ドライバーのポートに純チタン製の「ダイレクトHFチューブ」を採用。ユニバーサルタイプの限られたポートサイズを保ちつつ、カスタムイヤーのような出口まで各ドライバーのポートを独立させた構造を開発したという。また「ダイレクトHFチューブ」は、微妙なカーブを持つテーパー加工も施されており、そのデザインからも音質に対してかなりのこだわりが伺える。

ts_fiteargo02.jpgts_fiteargo03.jpg ケーブルは着脱式。同社ほイヤーモニターと同じコネクターを採用している

 「FitEar MH334」と比較すると、本当に同じ数のドライバーが収まっているのかと疑いたくなるくらいシェルサイズはコンパクト化されている。それでも一般的なカナル型イヤフォンに対しては多少大きい(厚いといったほうが的確かもしれない)が、十分許容できる範囲だ。イヤーチップのノズル部分は独立ポートを実現した特殊なスタイルのため比較的太めだが、それでもUltimate Ears(アルティメットイヤーズ)の「TripleFi10」とほとんど変わらないサイズなので、実用上で困ることはないだろう。実際、Sサイズのイヤーピースを使うことが多い筆者も、違和感なく装着できている。

ts_fiteargo04.jpgts_fiteargo05.jpg ハードケースやイヤーチップなど、付属品も豊富

 一方でケーブルは、らせん状に編みこまれた細身の線を採用、それに金属ボディー&金メッキのステレオミニプラグが組み合わされている。まさにプロ仕様然としたスタイルだが、それがかえってFitEarらしいともいえる。細身のため、取り回しにはなかなかによいし、どちらかといえば固めの部類に入るケーブル本体も、それが功を奏して収納時にはあまり絡まないようになっている。また同社カスタムイヤーと同じ着脱式のコネクターを採用しているので、断線した際などには手軽に交換できる点はありがたい限りだ。

       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.