ニュース
» 2012年05月12日 19時57分 UPDATE

注目の新製品が目白押し、「春のヘッドフォン祭 2012」開催 (1/2)

フジヤエービック主催の恒例「春のヘッドフォン祭 2012」が5月12日に開催され、休日にもかかわらず朝から多くの人がつめかけた。主な新製品と参考展示をピックアップしていこう。

[芹澤隆徳,ITmedia]

 フジヤエービック主催の恒例「春のヘッドフォン祭 2012」が5月12日に東京・外苑前駅近くの「スタジアムプレイス青山」で開催された。さまざまなブランドのヘッドフォン/イヤフォン新製品を試聴できる貴重な機会とあって、休日にもかかわらず朝から熱心なファンがつめかけた。

ts_earphone023.jpgts_earphone016.jpgts_earphone017.jpg 「春のヘッドフォン祭 2012」会場の様子

 回を重ねるごとに規模が大きくなるヘッドフォン祭は、メーカー各社が新製品を発表する場としても重要なイベントになりつつある。当日はゼンハイザーがヘッドフォンの上位モデル「HD700」と2.4GHz帯デジタル方式のワイヤレスヘッドフォン「RS 220」をリリースしたのを皮切りに、デノン、KOSSなどもイベントを開催。また展示会場にも初披露のヘッドフォン/イヤフォンが目白押しとなった。主な新製品と参考展示を紹介していこう。

ts_earphone025.jpgts_earphone026.jpgts_earphone027.jpg ゼンハイザーが発表したヘッドフォン上位機「HD700」(左)と「RS 220」(中、右)。HD700は夏前、RS 220は今月中に発売される予定だが、国内での販売価格は調整中

デノンが夏に大攻勢をかける

 デノンは2年をかけて市場調査と素材開発を行ってきたという新製品のコンセプトと試作機を公開した。多様化するイヤフォン/ヘッドフォンの利用シーンに対応し、ライフスタイルで選べる多彩なラインアップを夏頃に続々と市場投入する構えだ。今回、披露された試作機は、音楽ファン向けの「Music Maniac」カテゴリーのオーバーイヤー型とカナル型イヤフォン。“高音質、かけ心地、本物を醸し出すデザイン”を目指して開発したという。

ts_earphone028.jpgts_earphone029.jpgts_earphone030.jpg オーバーイヤー型の試作機は、グラスファイバーで強化した樹脂ハウジングや3.5ミリピンジャックの着脱式ケーブルを採用している(左、中)。デュアルBAユニット搭載カナル型イヤフォンは、肉厚な2重構造のイヤーピースなどで遮音性や音響特性を向上させた(右)

須山歯研“FitEar”から「MH335DW」が登場

 一方、「FitEar」ブランドのカスタムイヤフォンで知られる須山歯研は、3Way・3ユニット・5ドライバーというぜいたく仕様の新製品「MH335DW」を発表した。バランスト・アーマチュア型のドライバーを低域用2、中低域2、高域1の計5つ搭載する高級モデルだ。価格は16万8000円(耳型採取費は別)で、PELICAN製ハードケース、ソフトケース、クリーニングブラシが付属する。

ts_fit01.jpgts_fit02.jpg 「MH335DW」

カナルワークスが「CW-L51」を発表

 カナルワークスでは、3Way6ドライバーの「CW-L51」を9万9800円で発売する。仕様や価格もさることながら、新たに用意された専用オプションの「パーソナル・サウンド・チューニング」(PSTS)がユニークだ。耳型を採取し、出来上がったイヤフォンと一緒に交換用パーツ(複数の音響抵抗)が渡される。これを取り替えることで音の傾向が変わるため、ユーザーは自分の好みの音に調整できるという仕組みだ。チューニングが決まったら、コーティングサービスで部品をきれいに封止して完成。PSTSのオプション価格は5000円で、コーティングサービスにも別途5000円が必要になるが、オリジナルのイヤフォンを作成できるカスタムイヤフォンにまた新しい魅力が加わったといえそうだ。

ts_earphone03.jpgts_earphone04.jpgts_earphone05.jpg 3Way6ドライバーの「CW-L51」(左)。「パーソナル・サウンド・チューニング」のパーツ(中)。コーティングサービスで封止したところ(右)

       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう