ニュース
» 2012年06月11日 21時33分 UPDATE

タイムロード、Raidho Acoustic製のスピーカーシステム「Ayra C-X.1 シリーズ」

「Ayra C-X.0シリーズ」を完全にリニューアルした「Ayra C-X.1 シリーズ」が登場。

[ITmedia]

 タイムロードは、デンマーク・Raidho Acoustic(ライドーアコースティック)製のスピーカーシステム「Ayra C-X.1 シリーズ」3製品を発売した。

PhotoPhotoPhoto 左から、ブックシェルフ型の「Ayra C1.1」、フロアスタンディング型「Ayra C2.1」、同じく「Ayra C3.1」

 C-X.1 シリーズは、「Ayra C-X.0シリーズ」を完全にリニューアルした後継モデル。外観に大きな変化はないが、ドライバー、クロスオーバー回路、配線材のすべてを改変したため、中身はフルモデルチェンジになるという。ラインアップは、ブックシェルフ型ラウドスピーカー「Ayra C1.1」、フロアスタンディング2.5ウェイラウドスピーカー「Ayra C2.1」、フロアスタンディング3ウェイラウドスピーカー「Ayra C3.1」の3種類。

 Ayra C1.1は、カラーバリエーションを2色用意しており、Black/Whiteは105万円、Walnut Burlは113万4000円となっている。本体サイズ200(幅)×370(高さ)×360(奥行き)ミリで、重量は12.5キロ。専用スタンドを単独購入すると21万円だが、本体と同時購入の場合は15万7500円になるという。

 Ayra C2.1もカラーバリエーションは2色で、Black/Whiteが199万5000円、Walnut Burlが210万円。本体サイズ200(幅)×1160(高さ)×520(奥行き)ミリで、重量は50キロ。

 Ayra C3.1は、Blackが273万円、Walnut Burlが294万円。本体サイズが200(幅)×1360(高さ)×520(奥行き)ミリで、重量は65キロ。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう