ニュース
» 2012年08月08日 20時10分 UPDATE

ゼンハイザーのストリートラインからイヤフォン3機種が新登場

ゼンハイザージャパンは8月7日、ストリートラインのイヤフォン新製品3機種を発表した。いずれもダイナミック型ドライバーを搭載。8月10日発売予定だ。

[ITmedia]

 ゼンハイザージャパンは8月7日、ストリートラインのイヤフォン新製品3機種を発表した。いずれも8月10日に発売する予定。

ts_zdncx01.jpgts_zdncx02.jpgts_zdncx03.jpg 左から「MX 375」「OMX 185」「CX 175」

 同社インイヤータイプの定番「MXシリーズ」の新製品「MX 375」は、ダイナミックドライバーならではの低域再生が特長。周波数特性は18〜2万2000Hzで、音圧感度は122dB。インピーダンスは32オームとなっている。ケーブルはY型で1.2メートル、プラグはL型の3.5ミリタイプだ。実勢価格は2000円前後となっている。

 「OMX 185」は、耳にかけて固定するイヤーフックタイプの新製品。イヤーフックは可動式のため、ピッタリとフィットするという。ドライバーはダイナミック型で、周波数特性は18〜2万2000Hz。Y型1.2メートルのケーブルは、途中にボリュームコントローラーを備えている。インピーダンスは32オーム。実勢価格は4000円前後。

 「CX 175」は、ダイナミックドライバー搭載のカナル型イヤフォン新製品。店頭では3000円前後になるエントリーモデルだ。周波数特性は17〜2万3000Hzで、インピーダンスは16オーム。ケーブルはY型1.2メートルで、3.5ミリのL型プラグとなっている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう