ニュース
» 2012年10月16日 21時41分 UPDATE

フォステクス、純マグネシウム振動板のフロア型スピーカー「GX250MG」

フォステクスカンパニーは、純マグネシウムHR形状振動板を採用したスピーカーシステム「GX250MG」を発売する。カラーはダークブラウンとワインレッドの2種類を用意している。

[ITmedia]

 フォステクスカンパニーは、純マグネシウムHR形状振動板を採用したスピーカーシステム「GX250MG」を11月上旬に発売する。標準価格は49万9800円。カラーはダークブラウンとワインレッドの2種類を用意した。

PhotoPhoto スピーカーシステム「GX250MG」のダークブラウン(写真=左)とワインレッド(写真=右)

 フロアスタンディング型の3Wayバスレフシステム。加工が困難なマグネシウムを振動板として成形し、13センチのミッドレンジユニットに採用した。金属特有の「鋭い鳴き」や「収まらない余韻」といったクセを抑えつつ、金属ならではの高い応答性、大きな内部損失といったメリットを生かしたという。

 ツィーターにも25ミリ径の純マグネシウムリッジドーム形状振動板を使用。この振動板に直径90ミリの大型フェライトマグネットと直径80ミリのブーストマグネットによる強力磁気回路を組み合わせ、透明で広い音場を再現する。ウーファーにもミッドレンジと同様のHR形状振動板を使用した。再生周波数帯域は40〜4万Hz、インピーダンスは4オーム。

 サイズは336(幅)× 1066(高さ)× 389(奥行き)ミリで、重量は約56キロ。カラーはダークブラウンとワインレッドの2種類。

関連キーワード

スピーカー | フォステクス


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう