ニュース
» 2012年11月02日 23時46分 UPDATE

「エコセンサー」に「エコ調光」、シャープがLEDシーリングライト8種を発表

外光を検知して自動で余分な電力を削減する「エコセンサー」や、目の順応特性から徐々に明るさを抑えていく「エコ調光」などの省エネ技術を搭載したLEDシーリングライトが登場。デザインや適用畳数の異なる8機種を用意した。

[ITmedia]

 シャープは、ラウンドスクエアタイプのLEDシーリングライト8機種を11月下旬に発売する。

photophoto ラウンドスクエアタイプのLEDシーリングライト(写真=左)と木目調デザイン(写真=右)

 LEDを効率良く配置した独自のモジュールと、それに合わせた電源回路を開発。また室内に射し込む外光を検知する「エコセンサー」と、目の順応特性を考慮してゆるやかに光量を抑制する「エコ調光」を搭載し、余分な明るさを抑えて電力を削減するという。寒色から暖色まで光の色と明るさを選べる「調色・調光機能」も備えた。

 ラインアップと市場想定価格は、適用畳数が12畳の「DL-C513V」が4万円、10畳の「DL-C413V」が3万5000円、8畳の「DL-C313V」が3万円、6畳の「DL-C213V」が2万5000円。木目調タイプでは、適用畳数が12畳の「DL-C513V-M」が4万2000円、10畳の「DL-C413V-M」が3万7000円、8畳の「DL-C313V-M」が3万2000円、6畳の「DL-C213V-M」が2万7000円。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.