ITmedia NEWS >
ニュース
» 2013年04月24日 23時18分 公開

オンキヨー、Bluetooth内蔵のサウンドバー「SBT-100」

オンキヨーは、Bluetooth搭載のサウンドバーシステム「SBT-100」を5月下旬に発売する。

[ITmedia]

 オンキヨーは4月24日、Bluetooth搭載のサウンドバーシステム「SBT-100」を発表した。5月下旬に発売する予定で、価格はオープン。店頭では2万5000円前後になる見込みだ。

「SBT-100」設置イメージ

 高さ73ミリとコンパクトな筐体(きょうたい)に57ミリ径のツインウーファーと25ミリ径のソフトドームツィーターを搭載した2Way構成。光デジタルケーブル1本でテレビと接続し、デジタル放送から映画まで、幅広いコンテンツに対応するという。急激な音量変化の時も自動的に最適化処理を行い、音割れを防ぐ“スマートアンプ”を搭載した。実用最大出力は20ワット+20ワット。

2Way構成

 またBluetoothを搭載し、スマートフォンなどからワイヤレスで音楽を再生できる。プロファイルは、A2DPおよびAVRCP。これに合わせ、サウンドモードにはシネマ、ニュースに加え、ミュージックも用意した。

 入力端子は光デジタルとアナログ(ステレオミニ)。本体サイズは940(幅)×73(高さ)×83(奥行き)ミリ。重量は2.4キログラム。リモコンと光ケーブル、スタンドが付属する。

関連キーワード

オンキヨー | Bluetooth | ホームシアター


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.