ニュース
» 2013年05月07日 23時18分 UPDATE

お手軽PCオーディオ:USB直挿しのスティック型DAC「hiFaceDAC」登場、しかも384kHz/32bitまで対応

トップウィングとzionoteは、M2TECH製のスティック型USB-DAC「hiFaceDAC」を発売する。

[ITmedia]

 トップウィングとzionoteは、M2TECH製のスティック型USB-DAC「hiFaceDAC」を発表した。5月15日に発売する予定で、価格はオープン。直販価格は3万4800円。

ts_usb02.jpgts_usb01.jpg 「hiFaceDAC」(左)。奥から「hiFace」「hiFaceTWO」「hiFaceDAC」

 「hiFace」「hiFaceTWO」に続くコンパクト製品のニューフェース。従来のhiFaceはDDC(デジタルーデジタルコンバーター)だったが、今回は384kHz/32bit対応のDAC(デジタルーアナログコンバーター)となり、3.5ミリステレオミニジャックを備えた。PCのUSBポートにさし込み、手持ちのイヤフォン/ヘッドフォンを組み合わせるだけで、手軽にPCオーディオを楽しめる。

 入力はUSB 2.0。非同期転送に加え、高音質プレーヤーでのIntegerモード、Directモードにも対応する。Windows用には専用ドライバーを提供(DirectSound、ASIOなどに対応)。Mac OSはドライバー不要で動作する。なお、サポート対象外となるが、USB Audio Class2.0対応環境であればiOS(iPad+Camera Connection Kit)やAndroid、Linux環境でも使用できるという。

 サイズは20(幅)×88(長さ)×14(厚さ)ミリ。重量は約20グラム。電源はUSBバスパワーで供給する。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.