ニュース
» 2013年05月14日 22時07分 UPDATE

オーエスのスクリーン技術を結集、ハイエンドホームシアター向け「ピュアマットIII」登場

オーエスプラスeは、ホームシアターユーザー向けの4K/8K対応スクリーン生地「ピュアマットIII」を発表した。同社のスクリーン技術を結集したという意欲作だ。

[ITmedia]

 オーエスプラスeは、ホームシアター用の4K/8K対応張込型スクリーン「ピュアマットIII」(生地型式:WF301)を5月20日に発売する。受注生産品のため、出荷開始は6月3日より。

PhotoPhoto 「ピュアマットIII」(左)と、生地の顕微鏡写真(右)

 同社のスクリーン技術を結集したという意欲作。ピュアマットシリーズのコンセプトであるプロジェクターの個性をそのまま映し出す特性を継承しつつ、「ピュアマットII EX」に改良を加えてモアレやノイズのない自然な映像を再現したという。奥行き感のあるフォーカスも特長だ。

 一般的なスクリーン生地に使用される塩ビではなく合成繊維を主としており、表は梨地織、裏は朱子織という異なる織り方の変化2重織を採用。拡散型ホワイトマットの理想値であるゲイン1.0を実現し、鑑賞者やプロジェクターの設置位置にかかわらず同じ画質を見ることができるという。

 希望小売価格と主なラインアップは、イメージサイズが2214(幅)×1245(高さ)ミリの「PA-100H-02-WF301」が27万3000円、2657(幅)×1494(高さ)ミリの「PA-120H-02-WF301」が30万4500円、3321(幅)×1868(高さ)ミリの「PA-150H-02-WF301」は39万9000円。規格品以外の特注加工も受け付けている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.