ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「オーエス」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「オーエス」に関する情報が集まったページです。

今日のリサーチ:
Weibo(微博)フォロワー数、都道府県別1位は青森県――オーエス調べ
47都道府県の「Weibo(微博)」運用実態調査の結果です。(2019/4/25)

伸びて、縮んで、洗えて、たためるスクリーン、オーエスが開発
プロジェクター用スクリーン大手のオーエスは2月12日、伸縮性の高いプロジェクター用スクリーン「フレピタ」(愛称)を発売した。1万円前後(税別)から。(2019/2/12)

組み込み採用事例:
AUTOSAR準拠RTOSが次世代ブレーキのECUに採用、国内外の自動車に搭載へ
アドヴィックスが開発する次世代ブレーキシステム製品の制御ECUに、SCSKのリアルタイムオペレーティングシステム「QINeS-BSW RTOS」が採用された。(2019/1/30)

映画館より明るくキレイ JVCの4Kプロジェクター「DLA-X990R」の魅力とは?
2017年は、4K&HDR対応ホームプロジェクターに注目すべきモデルが登場した年だった。とくにJVCから発売された「DLA-X990R」と「DLA-X590R」の完成度はとても高く、おおいに感心させられた。(2017/12/27)

古賀政純の「攻めのITのためのDocker塾」:
第41回 「ホステッドレジストリ」を知る――NASAも使っているDockerイメージ管理
今回からは、Dockerイメージの管理サービスについて紹介していきます。NASAのジェット推進研究所でも利用されているDockerイメージの管理サービスを例に、具体的な操作方法も披露します。(2017/5/29)

オーエスプラスe、Optoma製短焦点モバイルプロジェクター「ML750STS1」の取り扱いを開始
オーエスプラスeは、Optoma製となる短焦点DLPモバイルプロジェクター「ML750STS1」の取り扱いを発表した。(2016/8/29)

山本浩司の「アレを観るならぜひコレで!」:
4KプロジェクターでもHDRは楽しめる! JVC「DLA-X750R」が見せた映像設定の妙技
昨年発売の4K対応プロジェクターでHDR (ハイダイナミックレンジ)の魅力をきちんと引き出せるモデルは存在していなかった。しかし、JVCは6月までに最適画質設定や新ファームウェアを発表。画質が著しく向上していることが確認できて大いに驚かされた。(2016/8/25)

オプトマ、ビジネス/文教向けの超短焦点DLPプロジェクター「W320UST」
オーエスは、Optoma製となる超短焦点設計のDLPプロジェクター「W320UST」を発売する。(2016/8/1)

山本浩司の「アレを観るならぜひコレで!」:
史上最高の画質が手に入る! パナソニックのUltra HD Blu-rayプレーヤー「DMP-UB900/UB90」を試す
Ultra HD Blu-rayタイトルの発売に合わせて投入されるパナソニックのプレーヤー「DMP-UB900」「DMP-UB90」。先に発売された「DMR-UBZ1」と合わせ、その実力を評価した。(2016/6/20)

星7つ! 大塚製薬「OS-1 ゼリー」をレビュー!
今回選んだのは大塚製薬(製造:丸善食品工業)の「OS-1 ゼリー」(204円/税込、店頭価格)だ。(2016/4/20)

オーエスプラスe、BT.709を100%カバーしたDLPプロジェクター「HD37」発売
オーエスプラスeは、米Optomaの単板DLP方式プロジェクター「HD37」を発売する。市場想定価格は16万円前後。(2016/2/24)

“応用力”をつけるためのLinux再入門(1):
いまさら聞けないLinuxの基礎知識
Linuxを勉強してみたいけど、どこから手を付けてよいか分からない、何だかよく分からないまま使っている……そんな方々のための連載です。まずは、Linuxとはどんなものなのか確認しましょう。(2016/2/16)

各30台の数量限定:
オーエスプラスe、電動ホームシアタースクリーン「SEP15周年記念モデル」を発売
100〜120インチの電動ホームシアタースクリーン「SEP15周年記念モデル」が数量限定でオーエスプラスeから登場。市場想定価格は、13万円前後(税別)〜。(2016/2/1)

iOSを「スターウォーズ」で説明したらITオンチの妻がなぜか理解した
超ITオンチの妻に最新iPhoneを使ってもらう実験連載。少しずつ操作には慣れてきたものの、OSなどの「形がないもの」はやはり理解が難しいようで……。(2016/1/24)

コンビニで買える2015年最強「健康飲料」ベスト5!
 ちまたにあふれる健康に配慮した食品を食べまくり、レビューする「飲み食いしつつもヘルスケア」。2015年ベスト記事のラストを飾るのは「飲料品」編だ。(2016/1/7)

オーエス、お手頃価格のフロアスタンド型スクリーン2種
オーエスプラスeは、フロアスタンド型のスクリーン2種を発表した。パンタグラフ式の「SMS-P1」とポール固定方式の「SMS-E1」をラインアップ。(2015/11/24)

6万5000円前後:
オーエス、低価格のDLPプロジェクター「オプトマW312」を発売
Optoma(オプトマ)から低価格のDLPプロジェクター「オプトマW312」が登場。WXGA(1280×800ピクセル)のパネルを搭載し、市場想定価格は6万5000円前後。(2015/9/9)

オーエス、税込み約7万円のWXGA対応DLPプロジェクター「W312」
オーエスは、Optoma製となるDLPプロジェクター「W312」の取り扱いを開始する。(2015/9/9)

LED光源で1500ルーメン、OptomaからフルHDプロジェクター「HD92」登場
オーエスプラスeは、OptomaのDLPプロジェクター「HD92」を発表した。「HD90」の後継機で、LED光源や映像エンジンを一新した。(2015/5/20)

初心者のためのSwiftで始めるプログラミング入門(2):
スマホ世代でも分かるMacの基本的な使い方&Xcodeをインストールする手順
本連載では、これからプログラミングやiPhoneアプリ開発を始めてみたい方を対象に、開発に必要な知識を基礎から解説していきます。今回は、プログラミングを学び始める前に、まずはMacの基本的な使い方を学び、Xcodeをインストールし、Playgroundを起動してみましょう。(2015/3/23)

初心者のためのSwiftで始めるプログラミング入門(1):
アプリは、どうやって動くの? プログラムって何?――初めてiPhoneアプリを作る人向け基礎知識まとめ
本連載では、これからプログラミングやiPhoneアプリ開発を始めてみたい方を対象に、開発に必要な知識を基礎から解説していきます。(2015/2/26)

三管式プロジェクターのように調整可:
光源にRGBのLEDを採用したDLPプロジェクター、米Optoma「HD90」
オーエスプラスeは、米Optomaのホームシアター向けフルHDプロジェクター「HD90」を発売する。光源に独立したRGBのLEDを採用し、NTSCの約1.6倍という広い色域を実現した。(2014/12/8)

1.1メートルで100インチ:
オーエスプラスe、米Optomaの低価格3Dプロジェクター2機種を発売
オーエスプラスeは、DLP方式のフルHDプロジェクター「HD26」および「GT1080」を発売する。「GT1080」には短焦点レンズを搭載し、1.1メートルで100インチに投影できる。(2014/11/5)

高輝度5200ルーメンを実現:
オーエスプラスe、レンズが選べる3D対応フルHDプロジェクター「オプトマ EH503」
オーエスプラスeは8月6日、設置場所に応じて最適なレンズが選べるプロジェクター「オプトマ EH503」を発表した。(2014/8/6)

レイコ先生の「明日から使える! コミュニケーションスキル」(2):
口ベタな人こそ身に付けたいコーチング【その2】
「部下のモチベーションが下がってきた」「部下から話しかけてくる回数がだんだん減ってきた」「褒めているのに、部下があまり喜んでいない」――思い当たる人はぜひご一読を。(2014/4/11)

レイコ先生の「明日から使える! コミュニケーションスキル」(1):
口ベタな人こそ身に付けたいコーチング【その1】
「コミュニケーションスキル? フッ、僕には不必要かな」なんて言えば、「オダマリ!!」とレイコ先生にキツくしかられます。キビシイけど、ちょっとさびしがり屋なレイコ先生と、コミュニケーションについて学んでいきましょう。(2014/3/14)

オーエス、コントラスト比を高めたOptoma製モバイルプロジェクター「W304M」など2製品の取り扱いを開始
オーエスは、Optoma製となるWXGA/XGA表示対応のモバイルプロジェクター「W304M」「X304M」の取り扱いを開始する。(2013/8/19)

オーエス、米Optomaのエントリー向け3Dプロジェクター「HD25LVS1」
オーエスプラスeは、米Optomaの家庭向けプロジェクター「HD25LVS1」を発売する。3D対応のエントリークラスだ。(2013/8/6)

オーエスのスクリーン技術を結集、ハイエンドホームシアター向け「ピュアマットIII」登場
オーエスプラスeは、ホームシアターユーザー向けの4K/8K対応スクリーン生地「ピュアマットIII」を発表した。同社のスクリーン技術を結集したという意欲作だ。(2013/5/14)

オーエス、組立・張込スクリーン「PAシリーズ」にホワイト生地を追加――80型の小型サイズも新登場
オーエスプラスeが、スプリングによる張り込み機構を採用した組立・張込スクリーン「PAシリーズ」にホワイト生地を追加。80型の小型サイズも新たにラインアップした。(2013/3/6)

最大55%オフ、オーエスがスクリーンの「春の特別キャンペーン」
オーエスプラスeは、電動巻き上げ式のプロジェクタースクリーン「Cセレクション」の発売1周年を記念して「春の特別キャンペーン」を実施する。(2013/1/30)

4K対応、オーエスがSCREEN RESEARCHの高解像度プロジェクター向けスクリーン「MultiPix 4K」を販売
オーエスプラスeは、SCREEN RESEARCH開発による高解像度プロジェクター向けのスクリーン生地「MultiPix 4K」を発売する。(2012/11/12)

オーエス、平面性を高めた巻き取り式電動スクリーンの予約販売を開始
オーエスプラスeは、張込型と同レベルまで平面性を高めたという、サイドテンション付きの電動巻取り型スクリーンを発売する。(2012/6/15)

スマートグリッド:
どこでも広げて発電、ケータイや家電が使える
太陽電池の使い道は住宅の屋根置きだけではない。コンセントがない場所で、ケータイに充電する、家電を動かすといった使い方にも適する。折りたたみ可能で持ち運びやすい製品にはどのようなものがあるのだろうか。(2012/3/19)

オーエスプラスe、手軽に使える掛図スクリーン「SHMシリーズ」
手軽に使える手巻き式のプロジェクタースクリーンが登場。黒マスクありとマスクなしの2種類で、全6製品をラインアップした。(2012/2/2)

オーエスプラスe、オプトマの3Dプロジェクター上位機「HD83S1」を発売
オーエスプラスeは、オプトマの3D対応DLPプロジェクター「HD83S」を12月に発売する。先日発表した「HD33S1」の上位モデル。(2011/11/25)

オーエスプラスe、低価格な巻き上げ式スクリーン「C セレクション」6製品
オーエスプラスeは、コストパフォーマンスに優れた巻き上げ式のプロジェクタースクリーン「C セレクション」6製品を発売した。ラインアップは電動タイプが3種類で、手動タイプが3種類。(2011/11/22)

エミッターいらず:
オプトマ、DLP Link対応の3Dプロジェクター「HD33S1」発売
オーエスプラスeは、Optomaの3D対応DLPプロジェクター「HD33S1」を12月1日に発売する。「DLP Link」技術をサポートし、赤外線エミッターを不要にした。(2011/11/21)

オーエス、アスペクトフリーのスクリーン3種を発売
黒いマスクでアスペクト比を制限されない、アスペクトフリータイプのプロジェクタースクリーン3種が登場。自由な投影を実現するという。(2011/10/21)

オーエス、可搬型ソーラー発電機を特別価格でWeb限定販売
オーエスは4月4日、可搬型太陽光発電システム“モバイルソーラーユニット”「GSR-110B」をWeb限定で販売すると発表した。(2011/4/4)

どこでも発電:
オーエス、復興支援のためにモバイルソーラーユニットを緊急出荷
オーエスは、昨年11月に発表した移動用小型太陽光発電機“モバイルソーラーユニット”「GSR-110B」を当初計画より早めて出荷した。兵庫県の被災地支援策などを通じて13台を緊急出荷。(2011/3/28)

生き残れない経営:
捨てる事業と新規事業に無関心な無能経営者
「捨てる決断」をした近年の快挙は、Appleだ。2001年、従来のOSを捨て、新OS「OS X(オーエステン)」に切り替えた。その後のiPadの成功が、Appleの「捨てる決断」の正しさを証明している。(2011/2/7)

2Dもきっちり:
三菱、3D対応プロジェクター「LVP-HC9000D」を正式発表
昨年の「CEATEC JAPAN」などで注目を集めた三菱電機の3Dプロジェクターが正式に発表された。3Dメガネや赤外線エミッターは別売の“3Dレディー”モデルという位置づけ。2月中旬に日・米・欧で同時発売する。(2011/1/7)

輝度3000ルーメン、約1.5キロのDLPプロジェクタ
オーエスとオーエスプラスeは、Optoma製のDLP方式プロジェクタ「EP7155i」と「EP1691i」を発売する。輝度は3000ルーメン、出力解像度はEP7155iがXGA(1024×768)、EP1691iがWXGA(1280×800)に対応する。(2010/1/29)

オーエス、オプトマのDLPプロジェクター「HD82」を国内販売
オーエスプラスeは、オプトマのフルHDプロジェクター「HD82」を7月17日に発売する。0.65型の「DarkChip3」を採用した単板DLP方式。(2009/7/9)

ホームシアターが社名変更、「オーエスプラスe」へ
オーエスの関連会社であるホームシアターは、6月1日から社名を「オーエスプラスe」(オーエスプラス・イー)に変更する。(2009/5/29)

オーエス、4Gバイトのメモリを搭載したポケットプロジェクター「PK102」
オーエスは、Optomaのポケットプロジェクター「PK102」を6月5日から国内で販売すると発表した。4Gバイトのメモリを内蔵し、新たにVGA入力端子も備えている。(2009/5/18)

仕事耕具:
オーエス、4Gバイトメモリ内蔵のマイクロプロジェクタ
オーエスは、米Optoma製のポケットプロジェクタ「PK102」を発売する。4Gバイトの内蔵メモリを搭載しており、PCレスでの投影が可能だ。(2009/5/18)

PRIMEシリーズを14人にプレゼント――ドコモ、「プレイ!PRIME」オープン
ドコモがPRIMEシリーズをアピールするスペシャルサイト「プレイ!PRIME」を開設。ミニゲームをクリアして60人以上の仲間を集めると、PRIMEシリーズのプレゼントに応募できる。(2009/3/9)

ホームシアター、XGA対応モデルなどオプトマ製DLPプロジェクター3製品
ホームシアターは、台湾オプトマ製のDLPプロジェクター「OptomaEP720」「同 EP761」「同 EX525ST」の取り扱いを開始する。(2009/3/3)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。