ニュース
» 2013年07月26日 17時04分 UPDATE

アユート、「Astell&Kern AK100」にもUSB-DAC機能を追加

アユートはハイレゾ対応ポータブルプレーヤー「Astell&Kern AK100」の新ファームウェア「ver.2.10」を公開した。不具合の修正に加え、USB-DAC機能が追加される。

[ITmedia]

 アユートは7月26日、iriverのハイレゾ対応ポータブルプレーヤー「Astell&Kern AK100」の新ファームウェア「ver.2.10」を公開した。6月のギャップレス再生対応に続くファームウェアアップデート。不具合の修正に加え、USB-DAC機能が追加される。

ts_100ak010.jpg 「Astell&Kern AK100」

 USB-DAC機能では、44.1kHzから192kHzまでの16bit音源、および44.1kHzから96kHzまでの24bit音源をサポート。PC/Mac内の音源をD/A変換してアナログ出力が可能になる。対応OSは、Windows XP以降、Mac OS 10.7.5以降。同様の機能は、後から登場した「Astell&Kern AK120」で先に実現されている。

 このほか、新ファームウェアの導入により、「再生時にシャッフルモードなどの操作を行い、再度画面オフから復帰したとき、次曲のタイトル/アルバムアートが切り替わらない症状」が改善される。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう