ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「アユート」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「アユート」に関する情報が集まったページです。

最新ミドルレンジGPU「Radeon RX 5600 XT」搭載カードが各社から
AMD製の最新ミドルレンジGPU「Radeon RX 5600 XT」を搭載したグラフィックスカードが各社から一斉に発表されている。(2020/1/23)

2019年アキバまとめ後編:
まさかの鑑賞法が定着した2019――アキバの1年を振り返る【後編】
Windows 7の延長サポート終了がカウントダウンされる中、パーツそのものを鑑賞するアイテムのヒットや○○ペイの台頭など、さまざまな変化が起きた1年だった。2019年を振り返り、2020年のアキバを占いたい。(2019/12/31)

PowerColor、コンパクトな短寸基板を採用するRadeon RX 5700グラフィックスカード
アユートは、台湾PowerColor製のRadeon RX 5700搭載PCI Expressグラフィックスカード「RX5700 ITX 8GB GDD6」の取り扱いを開始する。(2019/12/19)

UMAX、高さ16mmの大型ヒートシンクを備えるPCIe 4.0対応のM.2 NVMe SSD
アユートは、台湾UMAX製の大型ヒートシンク搭載M.2 NVMe SSD「M1200」を発売する。(2019/12/19)

アユートがHP製ゲーミングデバイスの取り扱いを開始
アユートは、HPおよびPhilips製ゲーミングデバイスの取り扱い開始を発表したが、Philips製は発売延期が告知されている。(2019/12/17)

古田雄介のアキバPick UP!:
Ryzen 9 3900Xが大量再入荷! 年末のハイエンドPC自作事情が大きく変化
先週、PCパーツショップの公式ツイッターでは「久々の再入荷!」「奇跡の大量入荷!」といった文言をよく見かけた。Ryzen 9 3950Xとともに、3900Xの再入荷が各ショップで相次いだ様子だ。(2019/12/16)

ミドルレンジGPU「Radeon RX 5500 XT」搭載カードが各社から
AMD製の最新ミドルレンジGPU「Radeon RX 5500 XT」を搭載するグラフィックスカードが各社から一斉に発表されている。(2019/12/13)

Team、PCIe 4.0接続対応のハイパフォーマンスM.2 NVMe SSD
アユートは、台湾Team製M.2 NVMe SSD「CARDEA ZERO Z440」シリーズの取り扱いを開始する。(2019/11/28)

In Win、グラフィックスカードを垂直配置できるライザーカード
アユートは、台湾In Win製のPCI Express用ライザーカードの販売を開始する。(2019/10/4)

古田雄介の週末アキバ速報:
2.5インチSSD入り“プロレス福袋”が特価販売中
東映無線73周年記念セールを実施中のテクノハウス東映が、3連休限定で2.5インチSSDなどをセットにした福袋を売り出している。また、パソコン工房 秋葉原BUYMORE店は激レアグラフィックスカードの特価販売を実施中だ。(2019/9/14)

LR-LINK、10GbE対応のPCIe内蔵型LANカード 実売価格は税別8980円
アユートは、中国LR-LINK製の10GbE対応LANカード「LREC6880BT」の取り扱いを開始する。(2019/9/9)

GAMDIAS、前面LED発光ギミックを備えたミドルタワーケース「ARGUS M1」
アユートは、台湾GAMDIAS製のミドルタワー型PCケース「ARGUS M1」の取り扱いを開始する。(2019/8/30)

ニュース古田雄介の週末アキバ速報:
DDR4メモリの値上がりと品薄の流れがお盆明けに小休止
7月初旬から続くDDR4メモリの値上がりと品薄傾向だが、動きが激しかったお盆が明けて緩んでいるというコメントが多くのショップから聞こえてきた。(2019/8/24)

Radeon RX 5700/XT搭載グラフィックスカードが販売開始
AMD製最新GPU「Radeon RX 5700」「Radeon RX 5700 XT」搭載グラフィックスカードが各社から発売された。(2019/7/8)

PLEXTOR、3D NAND採用のM.2 SATA SSD「M8VG」
アユートは、PLEXTORプランド製のM.2 SATA SSD「M8VG」シリーズの取り扱いを開始する。(2019/6/26)

PLEXTOR、TLC NAND採用の2.5インチSATA SSD「M8VC」
アユートは、PLEXTORブランド製の2.5インチSATA SSD「M8VC」の取り扱いを開始する。(2019/4/25)

Radeon VII搭載グラフィックスカードが各社から発売
AMD製最新GPUのRadeon VII搭載グラフィックスカードの国内販売が開始される。(2019/2/8)

In Win、アートオブジェ?と見まがうオープンフレームPCケース 価格もアート級
アユートは、In Win製のアートオブジェ風PCケース「Z-Tower」の取り扱いを開始する。(2018/12/20)

セガサターンデザインの音楽プレーヤー、発売延期 「チェック基準に満たず」
(2018/11/21)

セガサターン形のハイレゾプレーヤー登場 「バーチャファイター」や「サクラ大戦」の音源をプリインストール
グレーの前期型とミストグレーの後期型、それぞれを模したモデルが各500台限定販売。※追記(2018/10/22)

「セガサターン」デザインの音楽プレーヤー、アユートが限定販売 初期型と後期型で各500台
アユートが往年の家庭用ゲーム機「セガサターン」(1994年発売)を模した携帯音楽プレーヤー「ACTIVO CT10 セガサターン」を発表した。直販価格は4万4800円。パッケージもセガサターン仕様。(2018/10/22)

GAMDIAS、カラー発光LED内蔵のATX電源ユニット・水冷クーラーなど9製品を発売
アユートは、台湾 GAMDIAS technology製造ゲーミング向けPCパーツ製品の取り扱い開始を発表した。(2018/6/28)

アユート、BIOSTAR製マイニングマザー向けの取り付けフレーム
アユートは、BIOSTAR製マザーボード「TB250-BTC D+」に対応したマイニングフレームの販売を開始する。(2018/6/15)

BIOSTAR、ライザーカードなしで8GPU構成が可能なマイニング専用マザーボード
アユートは、BIOSTAR製のマイニング向けマザーボード「TB250-BTC D+」の取り扱いを開始する。(2018/4/12)

VR HMD「VIVE」を上位モデルに変更できる「VIVE Pro HMD」アップグレードキット 4月6日発売
アユートは、台湾HTC製のVR HMDアップグレードキット「VIVE Pro HMD(アップグレードキット)」の取り扱いを発表した。(2018/3/20)

「Perception Neuron 2.0」超速レビュー 日本一詳しいKiLA・cort氏が語るお手軽モーキャプの装着感
(2018/3/11)

小倉唯さん完全監修のハイレゾプレーヤー「AK70 MKII Yui Ogura Edition」 限定500台
アユートは、「Astell&Kern」ブランドのポータブルオーディオプレーヤー「AK70 MKII」をベースとして声優の小倉唯さんが監修した特別仕様モデル「AK70 MKII Yui Ogura Edition」の取り扱いを発表した。直販価格は8万9980円(税込)で、発売日は未定。限定500台の生産としている。(2018/3/9)

古田雄介のアキバPickUp!:
海外特需は去っても、なお根強いマイニングブーム
一時の熱狂ぶりが一段落したマイニングブームだが、関連パーツの売れ行きと品薄傾向は相変わらずだ。ブームが去って定番化したとの声も聞かれるようになっている。(2018/2/19)

ProjectMからGPUカードを山盛り装着できるマイニング用のオープンフレームが発売
アユートは、ProjectMブランド製のマイニング用オープンフレーム新モデル「PM-MINING-F2」「PM-MINING-FX」を発売する。(2017/12/22)

マイニング用をうたう高効率1200W ATX電源「PROMINER GM1200」など2製品
アユートは、ANDYSON製の1200W ATX電源ユニット計2製品「PROMINER GM1200」「PX1200R」の取り扱いを発表した。(2017/12/22)

乃木坂46のテレビCMで見かけるマウスってどんな会社?
G-Tune開発部に配属されたい。(2017/12/21)

iriver開発協力のポータブル音楽プレーヤー「ACTIVO CT10」 リーズナブル・コンパクトでハイレゾの感動体験を
アユートは、ハイレゾオーディオ配信サイト「groovers Japan」が開発した、ポータブル音楽プレーヤー「ACTIVO CT10」を発表した。(2017/12/16)

ハイエンドGPUを外付けで使えるThunderbolt 3拡張ボックス「GAMING STATION」
アユートは、台湾PowerColor製のThunderbolt 3接続対応拡張ボックス「GAMING STATION」の取り扱いを開始する。(2017/12/14)

電球ソケットに取付可能なネットワーク防犯カメラ「Kalay Home」
アユートは、電球ソケットに接続する屋内用ダウンライト型防犯カメラ「Kalay Home」を発売。動体検知センサーで録画の開始と自動点灯を行い、スマートフォンでリアルタイムに動画を確認可能。天井から広い視野で録画できる魚眼レンズを搭載し、マイクとスピーカーからスマートフォン経由で会話もできる。(2017/9/29)

「エントリーを超えたプレミアムモデル」――Astell&Kernの新ハイレゾプレーヤー「AK70 MKII」
アユートは、“Astell&Kern”ブランドの新しいエントリーモデル「AK70 MKII」を発表した。新たにDACを2つ搭載し、アンプ部を強化するなど「エントリーを超えたプレミアムモデル」(同社)という。(2017/9/20)

“Astell&Kern”と“AZLA”のブースが黒山の人だかり ポタフェス2017 東京・秋葉原
(2017/7/15)

新ブランドイヤフォン「AZLA」誕生 同軸ハイブリッドドライバーを採用、開放型と密閉型の良いところ取り
(2017/7/11)

Astell&Kernの新フラグシッププレーヤー「A&ultima SP1000」発売日・価格確定 実機を試聴してきた
(2017/6/16)

Astell&KernとJH Audioのコラボイヤフォン「ROSIE」、6ドライバーのはずが実は8ドライバーだった
(2017/6/9)

週末アキバ特価リポート:
プレステ3/4向けをうたう1TBのSSHDが税込み8970円
Playstation 3/4換装用として一時期枯渇するほどの売れ行きをみせたSSHD。その1TBモデルが今週末にテクノハウス東映に入荷予定だ。(2017/6/3)

VR HMD「VIVE」の装着感を快適にするアップグレードアクセサリ
アユートは、HTC製VR HMD「VIVE」専用アクセサリ「VIVE デラックスオーディオストラップ」の取り扱いを開始する。(2017/5/22)

目指すは“世界最高峰”――Astell&Kernが新フラグシッププレーヤー「A&ultima SP1000」を発表
(2017/5/16)

シングルダイナミック型を突き詰めたイヤフォン「DITA Dream」――プラグの先端だけを交換してバランス対応に
(2017/5/12)

Astell&Kern、高性能アンプを搭載したハイレゾプレーヤー「KANN」発表 ブランドロゴも刷新
(2017/4/14)

山本浩司の「アレを観るならぜひコレで!」:
ぼくは初めて“CDの本当の音”を聴いたのかもしれない――コード「Blu MkII」の衝撃
(2017/3/24)

In Win、強化ガラス筐体を採用したE-ATX対応フルタワーケース「Tou 2.0」――3台限定販売
アユートは、台湾In Win製となるフルタワー型ケース「Tou 2.0」の取り扱いを発表。日本限定3台での販売となる。(2017/3/17)

アユート、格安で水冷PCを組める「水冷自作教室 2017」をアキバで開催――4月1日
アユートは、水冷デスクトップPCの組み立てを行っていくイベント「水冷自作教室 2017 in Oliospec」の開催を発表した。(2017/3/10)

アユート、米MASTER&DYNAMIC製Bluetoothヘッドフォン「MW50」の取り扱いを開始
アユートは、米MASTER&DYNAMIC製Bluetoothヘッドフォン「MW50」の取り扱いを発表した。(2017/1/27)

BIOSTAR、Z270チップセット搭載ATXマザー2製品を発売
アユートは、台湾BIOSTAR製となるIntel Z270チップセット搭載ATXマザーボード計2製品の取り扱いを開始する。(2017/1/24)

ProjectM、PCIe x1スロットを増やせる増設カード「PM-PCIE1T3」
アユートは、PCI Express x1スロットを増設できる内蔵型変換アダプタ「PM-PCIE1T3」を発表した。(2017/1/16)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。