ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「ギガビットイーサネット」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

イーサネットを高速化し、伝送速度を1Gbpsに高めた接続方式。通信方式としては802.3/イーサネットフレームを使用し、10BASE-T(イーサネット)および100BASE-T(ファストイーサネット)との互換性を保持している。
ギガビットイーサネット − @ITネットワーク用語事典

ASUSTOR、2.5GbEを搭載した“ブラック筐体”NASを発売
ユニスターは、ASUSTOR製の高機能2ベイ/4ベイNASキット「AS5202T」「AS5304T」の取り扱いを開始する。(2019/5/14)

アンリツ MP1900A:
高速400GbE対応BERテスターの機能を強化
アンリツは、シグナルクオリティアナライザーRシリーズ「MP1900A」のPAM4 BERテスト機能を強化した。マルチチャンネル機能やFECパターン発生機能、ジッタ耐力を容易に測定できるエラーカウンター読み込み機能などが追加されている。(2019/3/25)

村田製作所 DLW32MH101XT2:
車載高速LAN用コモンモードチョークコイル
村田製作所は、車載向け高速LAN規格1000BASE-T1に対応した、コモンモードチョークコイル「DLW32MH101XT2」のサンプル出荷を開始した。最大1Gビット/秒の通信速度に対応し、独自の巻き線技術により、業界最小の小型化に成功している。(2019/1/7)

最大1Gbpsの通信速度に対応:
車載高速LAN対応コモンモードチョークコイル
村田製作所は、1Gビット/秒の通信を可能とする車載向け高速LAN規格「1000BASE-T1」に対応したコモンモードチョークコイル「DLW32MH101XT2」のサンプル出荷を始めた。(2018/12/25)

アンリツ 64 Gbaud PAM4 PPG、32 Gbaud PAM4 ED:
400GbE PAM4 BER測定モジュール
アンリツは、400GbEおよび400Gを超えるビットエラーレートテストを支援する、パルスパターン発生器「64 Gbaud PAM4 PPG」、エラーディテクタ「32 Gbaud PAM4 ED」を販売する。(2018/12/3)

AKiTiO、10GbE LANも使えるThunderbolt 3外付けマルチ拡張ドック
アミュレットは、Thunderbolt 3接続対応の多機能拡張ドック「AKiTiO Thunder3 Dcok Pro」の販売を開始する。(2018/9/28)

PR:4万円台で買える「ASUSTOR AS4004T」で10Gbpsの実力を発揮する
10GbE時代に選ぶべきNASを考える。(2018/9/7)

PR:10ギガネットワーク環境が手の届く価格に 格安10GbEスイッチ「QSW-804-4C」で圧倒的速度を体験する
実売6万円切りの8ポートフル対応スイッチ「QSW-804-4C」で10GbE環境を構築。実際に使ってみた結果は……。(2018/7/31)

QNAP、10GbE接続に対応したCeleron搭載9ベイNAS「TVS-951X」など2製品
テックウインドは、QNAP製の9ベイ搭載高機能NAS「TVS-951X」「TS-932X」の取り扱いを発表した。(2018/7/11)

「一人情シス」でも容易な運用
小規模環境でもHCIを実現できる「vSAN」導入3つのポイント
HCI環境が人気だが、サーバの台数や10GbEスイッチが必要になるなど、小規模環境には依然ハードルが高い。そこでVMwareのHCI「vSAN」の小規模環境への有効性を探る。(2018/7/4)

ASUSTOR、多機能ホームNAS「AS31」「AS32」にギガビットLAN×2基を装備した改訂モデル
ユニスターは、ASUSTOR製NAS「AS3102T」「AS3204T」をベースにしたマイナーチェンジモデル2製品の取り扱いを開始する。(2018/7/3)

QNAP、10GbEにも対応する4コアCPU搭載ラックマウントNAS「TS-x32XU」シリーズを発表
テックウインドは、QNAP製の高機能多機能ラックマウントNAS「TS-x32XU」シリーズの取り扱いを発表した。(2018/7/2)

ASUSTOR、10GbE接続対応エントリーNAS「AS4002T」など2製品
ユニスターは、ASUSTOR製の10GbE接続対応NAS「AS4002T」「AS4004T」の取り扱いを開始する。(2018/6/28)

Marvell:
Marvellの車載イーサネットPHY、JASPARの準拠認定を取得
Marvell Semiconductorは同社1000BASE-T1準拠車載イーサネットPHY「88Q2112」が、日本の車載ソフトウェア標準化団体であるJASPAR(Japan Automotive Software Platform and Architecture)の適合試験に合格したと発表した。(2018/6/27)

組み込み開発ニュース:
車載イーサネットPHYが国内車載ソフトウェア標準化団体の準拠認定を取得
Marvell Semiconductorは、1000BASE-T1準拠の車載イーサネットPHY「88Q2112」が、日本の車載ソフトウェア標準化団体であるJASPARの適合試験に合格したと発表した。(2018/6/12)

コンテック BX-825シリーズ:
セキュリティ対策ソフト標準搭載の産業用PC
コンテックがマカフィー製のホワイトリスト型セキュリティソフトを標準搭載した産業用PCを販売開始した。3つのGbEポートを備えたファンレス構造で、工場内のIoTゲートウェイなどに適する。Azureとの適合テスト認証も得ている。(2018/4/4)

OFC 2018:
400GbEに向け加速、光学モジュールも登場
米国で開催中の光接続技術のカンファレンス「Optical Fiber Conference(OFC)」では、400Gビット/秒Ethernet(400GbE)への取り組みが加速していることが伺える。(2018/3/15)

大原雄介のエレ・組み込みプレイバック:
「GbEのMarvell」より脱却なるか、Caviumの買収は理想的だが新CEOの手腕は不明
ネットワークプロセッサに強みを持つMarvellが、同種企業であるCaviumの買収を発表した。製品も顧客も重複が少なく、ARMサーバ向けSoCなどで存在感を高めているCaviumのハイエンド製品はHPCやクラウドからの関心も高く理想的といえるが、買収後にうまく事業が回転するかは不透明だ。(2017/12/8)

ネットワークに関する調査レポート
読者調査で分かったギガビットイーサネットやSD-WANへの高い関心
TechTargetジャパン会員とキーマンズネット会員を対象に、「企業のネットワーク環境に関する読者調査」を実施した。本レポートでは、その概要をまとめた。(2017/11/1)

Maximが「ELIV 2017」で発表:
ビデオもGbEも1チップで送れるSerDes技術
Maxim Integrated Productsは、車載インフォテインメントおよびADAS(先進運転支援システム)向けに、最新のSerDes技術を発表した。これまで2つのリンクで別々に伝送していたビデオとギガビットEthernet(GbE)のデータなどを、1個のICで送れるようになる。【訂正】(2017/10/18)

Marvell 88Q5050:
自動運転車で「成り済まし」の危険性、セキュアな車載GbEスイッチが必要な理由
ファブレス半導体ベンダーのMarvellが、車載向けのセキュアギガビットイーサネット(GbE)スイッチを発表した。ADASや自動運転の普及に備えた、次世代車載ネットワークの普及をにらむ。(2017/7/31)

ネットギア、10GbE接続対応ビジネスNASに16TB/32TBモデル計3機種を追加
ネットギアジャパンは、ビジネス向けデスクトップNAS「ReadyNAS 520/620」シリーズのラインアップ拡充を発表した。(2017/7/27)

ネットギア、動画配信/オンラインゲーマーにも向く高性能ギガビットLANハブ「Nighthawk S8000」
ネットギアジャパンは、有線ギガビット接続対応の8ポートスイッチングLANハブ「Nighthawk S8000」を発表。リンクアグリゲーションに対応した高速転送対応モデルだ。(2017/2/28)

テクトロニクス TekExpress:
100GbE規格をカバーした自動テストソリューション
テクトロニクスは2017年1月、4レーンの100Gビットの電気インタフェースに対応した100Gビット イーサネット(GbE)自動テストソリューションを発表した。(2017/2/9)

高速化する無線LAN規格にも対応
既存配線のままで有線LANを最大5倍高速に、新規格「IEEE 802.3bz」とは?
ギガビットイーサネット(GbE)の新規格の登場で、企業は配線を入れ替えなくても無線通信性能を向上できるようになった。だがシステム管理者が考慮しなければならないこともある。(2016/12/22)

電子ブックレット:
車載イーサネット、ついにギガビット時代へ
EE Times Japanに掲載した記事を読みやすいPDF形式の電子ブックレットに再編集した「エンジニア電子ブックレット」。今回は、Marvell Semiconductorが提供する車載向けギガビットイーサネットに対応するPHYトランシーバーICや、開発プラットフォームについて紹介します。(2016/10/16)

2017年の標準化を目指す
超高速400ギガビットイーサネットがやってくる 未体験の速さがもたらす5つのメリット
400ギガビットイーサネットは最新のデータセンターにどのような利用場面とメリットをもたらすのだろうか。(2016/9/29)

ネットギア、タップ型デザインの16ポート搭載ギガビットLANスイッチ
ネットギアジャパンは、設置しやすいタップ型デザインを採用した16ポート搭載ギガビットLANスイッチ「GSS116E」の販売を開始する。(2016/7/12)

光ファイバーは適材適所で
ケーブルを制する者は「10ギガ」ネットワークを制す
ネットワーク技術がどんなに進歩しても、基本となるのは有線ネットワークの知識だ。高速ネットワークを支えるギガビットイーサネット規格の「1000BASE」に加えて、多種多様のバリエーションをそろえる“10G”BASEイーサーネットについても解説する。(2016/7/11)

コネクテッドカーを実現するネットワーク技術:
車載イーサネット、ついにギガビット時代へ
Marvell Semiconductor(マーベル セミコンダクター)は、次世代車両向けイーサネット市場でリーダー的役割を果たしていく考えである。車載向けギガビットイーサネットに対応するPHYトランシーバーICや開発プラットフォームの供給で先行する。(2016/6/23)

ホワイトボックススイッチの時代がやってくる:
フェイスブックが「Wedge」仕様書を公開
ネットワーク機器もオープン化へ。フェイスブックでは100ギガビットイーサネット対応スイッチ「Wedge 100」の開発も表明した。(2015/11/26)

Synology、ハードウェア暗号化機能も備えた中小企業向け2ベイNAS「DS716+」
台湾Synologyは、中小企業向けとなる2ベイNAS「DS716+」を発表。ハードウェアベースでのAES暗号化機能を搭載、ギガビットLANポートも2基備えている。(2015/11/13)

車載半導体:
車載イーサネットのトランシーバが伝送速度1Gbpsに、1000BASE-T1に準拠
Marvell Technology Group(マーベル)は、伝送速度が1Gbpsの車載イーサネットに対応するトランシーバIC「88Q2112」を発表。従来の伝送速度100Mbpsの車載イーサネットは、車載カメラの映像伝送にエンコード/デコードが必要だったが、伝送速度が1Gbpsあれば不要になるという。(2015/10/21)

アイ・オー、ギガビットLANポート付きのUSB 3.0ハブ
アイ・オー・データ機器は、有線LANアダプタ機能を内蔵したUSB 3.0対応USBハブ「US3-HB3ETG」を発表した。(2015/10/1)

「より速く、より安く」というネットワーク機器の原点を追求:
PR:いよいよ始まる「100GbE時代」に向けたハイエンドスイッチが登場
ここ数年、OpenFlowやSDNといったキーワードに注目が集まったInterop Tokyo。通信事業者やデータセンター、企業向けにイーサネットスイッチ「APRESIA」シリーズを提供してきた日立金属では、「着実に増加し続けているトラフィックをいかに高速に、低コストでさばくか」というネットワーク機器の原点に立ち返る展示を行った。(2015/7/7)

アンリツ MP1861A/MP1862A:
56G/64Gbps MUX/DEMUX、「MP1800A」との連動でCEI-56G/400 GbEのSI評価
アンリツは、シグナルクオリティアナライザ「MP1800A」シリーズに追加することで、CEI-56G/400 GbEなど新しい高速インタフェース規格向けデバイスの特性評価を可能とする56G/64G MUX「MP1861A」およびDEMUX「MP1862A」の販売を開始した。(2015/6/8)

古田雄介のアキバPickUp!:
「ロマンがすごいです」――10ギガビットLANを2基搭載するマザーが登場
ASRockの超ハイエンドマザー「X99 WS-E/10G」が、その機能と価格で評判となっている。10ギガビットLANとPCIeブリッジチップを2基搭載しており、価格は11万5000円前後だ。(2015/4/6)

プロセッサ/マイコン:
ギガビットイーサネット対応を5ドル以下で実現、16コア搭載マイコン
XMOS(エックスモス)は、ギガビットイーサネットに対応するマルチコアマイクロコントローラ「xCORE-200」ファミリを開発し、サンプル出荷を始めた。第1弾となる製品は16個のプロセッサコアを内蔵しており、最大2000MIPSの処理性能を実現しながら、量産時の価格は5米ドル以下と安価である。(2015/3/24)

ASRock、10GbEポートも備えたX99チップセット搭載のWS向けE-ATXマザー「X99 WS-E/10G」
マスタードシードは、台湾ASRock製となるワークステーション向けE-ATXマザーボード「X99 WS-E/10G」の取り扱いを開始する。(2015/3/20)

コレガ、USB給電に対応した5ポートギガビットLANハブ
コレガは、ギガビット接続対応の5ポートLANハブ「CG-SW05GTXU」を発表。USB給電に対応した省スペースモデルだ。(2015/2/9)

アスク、Synology製の法人向け8ベイNAS「DiskStation DS2015xs」
アスクからSynology製8ベイNASが登場。10GbE SFP+ポートを2基搭載し、VLANを使用したRAID 5構成で1930.18Mバイト/秒以上のスループットを実現した。(2014/12/26)

サーバ仮想化のネットワーク課題はこれで解決
バンダイナムコがネットワーク仮想化を導入「管理工数が3分の1以下に」
サーバ仮想化によってネットワークスイッチには高い耐障害性と拡張性が求められるようになった。だが、高性能なシャーシ型10GbE/40GbEスイッチは高価で導入をためらう。そんな企業に現実的な「解」を紹介する。(2014/12/26)

Windows Insider用語解説:
ギガビットクラスの高速通信を可能にする「IEEE 802.11ac」無線LAN規格
2014年1月に正式な規格として承認された「IEEE 802.11ac」は、理論最大速度6.9Gbit/sと、ギガビットイーサネット並の高速な通信を可能にする無線LAN規格だ。その概要を解説。(2014/9/11)

サンワ、PoE+対応の8ポートGbEスイッチングLANハブ
サンワサプライは、ラックマウント設置にも対応した8ポートスイッチングLANハブ「500-SWH004」を発売した。(2014/3/12)

ネットギア、Xeon E3+10GbE×2基を備えた“世界最速”デスクトップNAS
ネットギアジャパンは、デスクトップ型NASとして“世界最速”の処理能力をうたった高機能NAS「ReadyNAS 716X」を発表した。(2014/1/23)

エレコム、子どものネット利用時間を管理できる無線LANルータ「WRC-300GHBK」
エレコムはギガビットLANポートを4ポート備えたIEEE802.11b/g/n対応ルータを1月中旬に発売する。インターネット利用時間を制限する「こどもネットタイマー」機能を搭載。(2013/12/24)

ベルキン、Windowsタブレット用のスタンド機能付きドッキングステーション
ベルキンは、USB 3.0/ギガビットLAN/DVI出力などを増設できるスタンド機能付きドッキングステーション計2モデルを発売する。(2013/12/12)

新旧比較:
Haswell搭載NUC見参!! USB 3.0とGbEで「可能性」が大幅アップ!
インテルが超小型PC「NUC」を発売して約1年、そのNUCに待望のHaswell搭載モデルが追加された。IvyBridgeを搭載した前製品と、Haswellを搭載する今回の製品、パフォーマンスの違いを見てみよう。(2013/12/6)

導入事例:
ドワンゴ、niconicoのネットワークに100ギガビットイーサを採用
データ配信容量の増加に応じて10ギガビットイーサネットサービスを増設してきたが、より広帯域なネットワークを整備すべく100ギガビットイーサを導入した。(2013/11/18)

Windows Server 2012 R2時代のHyper-Vサーバ設計術:
第3回 Hyper-Vネットワーク設計のベストプラクティス
Hyper-Vの性能を最大限に引き出すためには最適なネットワーク設計が欠かせない。仮想マシンの通信用ネットワークのほかに、ホスト・アクセス用やクラスタ用、IPストレージ用など、多数のネットワーク系統も必要だ。これらをどう配置し、実際のサーバ上でどう管理するべきか。Hyper-Vのネットワーク設計のベストプラクティスを解説。10GbEの最新トレンドも解説。(2013/11/1)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。