ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「エレコム」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「エレコム」に関する情報が集まったページです。

エレコム、設置場所に合わせて選べるPoE対応の監視カメラ3タイプを発売
エレコムは、PoEに対応した監視カメラ3タイプ計5製品の販売を開始する。(2019/12/10)

エレコム、データ復旧サービスを付属したUSBメモリ
エレコムは、データ復旧サービスを標準で付属したUSBメモリ「MF-DRU30」シリーズを発売する。(2019/12/3)

エレコム、USB 3.2 Gen.1接続に対応した外付けポータブルSSD
エレコムは、USB 3.2 Gen.1外付け型のポータブルSSD「ESD-EJ」シリーズを発売する。(2019/11/26)

エレコム、手元で握って操作できるハンディ型トラックボール「Relacon」
エレコムは、ハンディ型筐体を採用したワイヤレストラックボール「Relacon」(リラコン)を発売する。(2019/10/29)

エレコム、省スペース設計のワイヤレストラックボール
エレコムは、ワイヤレス接続に対応したトラックボール「bitra」シリーズの販売を開始する。(2019/10/29)

エレコム、最長20mまでのLANケーブルをスマートに収納できる円筒型ケース
エレコムは、LANケーブル収納用の円筒型ケース「EKC-CLD001」シリーズを発表した。(2019/10/15)

エレコム、FPSゲーム向けの8ボタンゲーミングマウスなど7製品を投入
エレコムは、PC用FPSゲーム向けデバイスを扱う新ブランド“ARMA”を発表した。(2019/10/8)

エレコム、Apple Pencil用ペンケース/ポーチなど専用アクセサリーを発売
エレコムは、Apple Pencil用アクセサリー製品計20アイテムの販売を開始する。(2019/10/1)

エレコム、Wi-Fi 6対応の無線LANルーター
エレコムは、Wi-Fi 6対応をうたった無線LANルーター「WRC-X3000GS」を発表した。(2019/9/17)

エレコム、Type-Cケーブルも付属したポータブルSSD
エレコムは、USB Type-A/Type-C接続に対応したポータブルSSD「ESD-EF」シリーズを発売する。(2019/9/10)

エレコム、Ping値改善機能も備えたUSB 3.0接続対応のゲーミング有線LANアダプター
エレコムは、USB 3.0接続に対応したゲーミング有線LANアダプター「EDC-G01」を発売する。(2019/9/3)

エレコム、USB Type-C接続対応の多機能拡張アダプター4製品を発売
エレコムは、USB Type-C外付け型拡張アダプター計4製品の販売を開始する。(2019/9/3)

CADニュース:
中ボタン操作がしやすい、3D CAD設計者向けマウス登場
エレコムは2019年8月中旬から、中ボタンでのクリック操作が可能な3D CAD用ホイールレスマウス「M-CAD01DBBK」と「M-CAD01UBBK」の販売を開始した。(2019/8/26)

エレコム、Windows Server IoT 2019 for Storage搭載の法人向けNASの発売を告知 10月下旬から出荷
エレコムは、NAS向けOS「Windows Server IoT 2019 for Storage」を搭載したNAS製品の発売告知を行った。(2019/8/20)

エレコム、左右対称デザインの“3D CAD用”3ボタンマウス
エレコムは、3D CAD向けをうたった3ボタン搭載マウス計2シリーズを発売する。(2019/8/6)

エレコム、片側約4gの完全ワイヤレスヘッドフォン3製品を発売
エレコムは、8月上旬にBluetooth接続の完全ワイヤレスヘッドフォン3製品を発売する。付属の充電ケースはポケットやポーチに収まる小型サイズで、イヤフォン本体は片側約4gという軽量モデル。1回の充電で約2.0時間、充電ケースを使用して計6時間使用できる。(2019/7/24)

エレコム、リード最大3400MB/sのゲーミングPC向けNVMe SSD
エレコムは、ゲーミングPC向けをうたったM.2 NVMe SSD「ESD-GMIA」シリーズを発売する。(2019/6/4)

エレコム、メッシュWi-Fi対応ルーター製品を今夏発売
エレコムは、メッシュWi-Fi対応ルーター製品の販売予告を行った。(2019/5/27)

スマホと本体をまとめて充電できる1万50mAhのモバイルバッテリー エレコムから
エレコムは、5月中旬に容量1万50mAhのモバイルバッテリー3モデルを発売。いずれもUSB Type-C端子搭載の充電ケーブル1本が付属し、充電用ケーブルを接続したままスマホとバッテリーを同時充電できる。Quick Charge 3.0規格対応モデル、2ポート仕様モデル、最大2.4Aの高出力モデルを用意する。(2019/5/14)

エレコム、USB外付けポータブルSSD計2シリーズに960GBモデルを追加
エレコムは、同社製のUSB外付けポータブルSSD「ESD-ED」「ESD-EC」シリーズのラインアップに960GBモデルを追加した。(2019/4/23)

エレコム、持ち運びに便利なキャリーハンドル付きの2ベイ/4ベイ外付けHDD
エレコムは、RAID対応の2ベイ/4ベイ外付けHDD「ELD-2B」「ELD-4B」シリーズを発売する。(2019/4/17)

エレコム、高耐久スイッチを採用した法人向け3ボタンマウス
エレコムは、法人ニーズに適した3ボタンマウス計2モデルの販売を開始する。(2019/3/5)

エレコム、アンテナ付きで通信安定性を高めたUSB外付け型11ac無線LANアダプター
エレコムは、USB接続に対応したIEEE 802.11ac接続対応の無線LANアダプター「WDC-433DU2H2-B」を発売する。(2019/2/26)

エレコム、業界最薄のスリム筐体を採用した11ac対応の無線LAN中継器
エレコムは、薄型デザイン筐体を採用するIEEE 802.11ac接続対応の無線LAN中継器「WTC-1167US」シリーズを発売する。(2019/2/5)

PD対応Type-Cポートも備えた5ポートUSB充電器
エレコムは、Type-Cポートも備える5ポートUSB充電器など2製品を発表した。(2019/1/15)

「Google Home Mini」を目覚まし時計風にするアクセサリーなど3種 エレコムから
エレコムは、11月下旬にスマートスピーカー「Google Home Mini」に取り付けることでインテリアとして楽しめるスタンドアクセサリー3種を発売。デザインは目覚まし時計のようなクロックスタンド、スピーカーの向きを自由にセットできるフラワースタンド、壁に取り付けて使用できるウォールホルダーをラインアップする。(2018/11/13)

乗るだけでクラウドにデータ蓄積、エレコムがIoT体組成計を発売
エレコムがWi-Fi対応の体組成計を11月下旬に発売する。体組成計に乗るだけで測定データをクラウドに蓄積するため、スマートフォン接続などの作業が不要になるという。(2018/11/6)

エレコム、自動でクラウドにデータ蓄積ができる「エクリア 体組成計」
エレコムは、Wi-Fi接続に対応した体組成計「エクリア 体組成計」を発売する。(2018/11/6)

エレコム、Surface Pro・Go用のマグネット着脱対応のぞき見防止フィルター
エレコムは、マグネット式装着に対応したSurface Pro用、Surface Go用のぞき見防止フィルターを発売する。(2018/9/11)

iPhoneとApple Watchを同時に充電できるスタンドなど3製品 エレコムから
エレコムは、8月中旬にスマホ・タブレット向けスタンド3製品を発売。iPhoneとApple Watchを同時に設置・充電できるシリコン製スタンド、フレキシブルアームを採用した三脚スタンド、自在に位置調整できるタブレット用フレキシブルアームスタンドをラインアップする。(2018/8/8)

エレコム、名刺サイズの小型ポータブルSSD「ESD-ED」
エレコムは、名刺サイズのコンパクト筐体を採用するポータブルSSD「ESD-ED」シリーズを発表した。(2018/8/7)

エレコム、Lightningコネクターを保護できる動物フィギュア型のケーブルアクセサリー
エレコムは、Lightningケーブルのコネクター部に装着できるケーブルアクセサリー「ケーブルフィギュア」シリーズを発売する。(2018/7/17)

企業のAR制作、ハードル低く 配信まで一気通貫で エレコムとメガハウス「@AR」
エレコムとメガハウスが、ARコンテンツの制作、配信までを一括して提供する法人向けサービス「@AR」を始める。コンテンツの配信は、月額980円から可能。(2018/7/5)

エレコム、カラフルで薄型のワイヤレス充電器を発売
エレコムは、6月下旬にQi規格へ準拠したワイヤレス充電器「W-QA03シリーズ」を発売。厚さ約8mmの薄型設計で、カラフルな6色をラインアップしている。(2018/6/19)

エレコム、横ホイール搭載モデルも用意したマクロ対応ワイヤレスマウス
エレコムは、ハードウェアベースのマクロ機能を搭載したワイヤレスマウス計2製品を発売する。(2018/6/12)

エレコム、省電力設計のBluetoothワイヤレスマウス
エレコムは、Bluetooth 4.0接続に対応したワイヤレスマウス計2製品の販売を開始する。(2018/5/8)

エレコム、低反発素材を採用した衝撃吸収タブレットケース「ZEROSHOCK」
エレコムは、衝撃吸収機能を備えた汎用タブレットケース「ZEROSHOCK」を発売する。(2018/4/17)

エレコム、高耐久パーツを採用した多機能ワイヤレストラックボール“DEFT PRO”
エレコムは、ハイスペック仕様のワイヤレストラックボール“DEFT PRO”を発表した。(2018/4/3)

Androidスマホで手軽に360度撮影ができるVRカメラ「OMNI shot mini」
エレコムは、スマートフォンなどに装着して360度のVR撮影ができるVRカメラ「OMNI shot mini」を発売する。(2018/3/20)

エレコム、microUSBにも直挿しできる超小型デザインのUSBメモリ
エレコムは、USBおよびmicroUSB端子を標準装備した超小型USBメモリ「MF-SEU3」シリーズを発売する。(2018/3/13)

販売差し止め求める:
キングジム、商標権侵害でエレコムら提訴 「テプラ PRO」に似たロゴ無断使用
文具メーカーのキングジムが、カラークリエーションとエレコムを提訴。前者が製造、後者が販売を担う、「テプラPRO」と互換性のあるテープカートリッジのロゴが本家に酷似しているため。商品名・ロゴの使用許可を求める問い合わせはなかったという。(2018/1/19)

センサー2基で360度全周撮影ができる4K VRカメラ「OMNI shot」
エレコムは、本体の前後に装備した2基のCMOSセンサーで全周撮影ができるVRカメラ「OMNI shot」を発表した。(2017/12/12)

軽いタッチで操作できる新開発ファイバーチップを採用したタッチペン
エレコムは、ペン先素材に高密度ファイバーチップを採用したタッチペン計4タイプを発表した。(2017/11/21)

エレコム、Qi規格対応の据え置き&車で使えるワイヤレス充電器を発売
エレコムは、Qi規格に準拠したワイヤレス充電器2タイプを発売。自宅などで便利に使える据え置きタイプと、車のダッシュボード上に設置できるホルダータイプを11月中旬に提供する。(2017/11/14)

エレコム、重ね持ちに便利な薄型モバイルバッテリー4モデルを発売
エレコムは、10月中旬に薄型タイプのモバイルバッテリー「Pile one」を発売。1万mAh(最大出力4.8A)から3000mAh(最大出力1.5A)まで選べる4モデルを用意している。(2017/10/10)

スマホの音楽操作ができる車載用Bluetoothリモコン エレコムから
エレコムは、Bluetoothを使ってスマートフォンの音楽機能をワイヤレスに操作できるコンパクトなリモコン「LAT-RC01シリーズ」を10月中旬に発売。付属のハンドルホルダーを使えば車のハンドルに取り付けることができる。(2017/10/3)

くるりと丸めて持ち運べるシリコン素材のモバイルキーボード
エレコムは、軟性のシリコン素材筐体を採用したBluetoothキーボード「TK-FBS095」を発売する。(2017/8/29)

エレコム、1万円ちょっとで買える完全ワイヤレスイヤフォン
エレコムは、“完全ワイヤレスイヤフォン”2シリーズを9月上旬に発売する。イヤフォン部を収納して充電できるケースが付属。(2017/8/29)

エレコム、士郎正宗デザインのワイヤレスイヤフォンを正式発表――アニソン向けにチューニング
エレコムは、士郎正宗氏がデザインしたBluetoothイヤフォン「LBT-SL100シリーズ」を9月上旬に発売する。7月の「ポタフェス2017 東京・秋葉原」で参考展示したもの。(2017/8/22)

スマホでカラオケを楽しめるマイクが登場 エレコムから
エレコムは、家庭やアウトドアでカラオケを気軽に楽しめるスマートフォン用カラオケマイク3モデルを発売。余計な音を拾いにくい「単一指向性マイクユニット」を採用し、マイク本体で音量やエコーの調節も行える。(2017/8/16)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。