ニュース
» 2020年03月20日 06時01分 公開

長尾の“見せるケース”、ATXとmicroATX版にもホワイトカラーが登場!古田雄介の週末アキバ速報(1/2 ページ)

長尾製作所のオープンフレーム「N-FRAME」のATXとmicroATX版にもホワイトモデルが登場して話題になっている。“パーツを閉じ込めないケース”の需要は着実に広がっている様子だ。

[古田雄介,ITmedia]

 今週、複数のショップで長尾製作所のオープンフレーム(ケース)「N-FRAME」が話題になっていた。2020年1月に登場したATXとmicroATXバージョンのホワイトモデルが売り出されたためだ。価格は順に1万7000円前後と1万6000円前後で、通常のブラックより1000円程度高い(税込み、以下同)。アユートの「ProjectM」とのコラボモデルとなる。

ver.ATX ホワイトエディション 長尾製作所「オープンフレーム ver.ATX ホワイトエディション」と「同ver.micro-ATX ホワイトエディション」

生で拝める需要を喚起――好調な「N-FRAME」

 2019年11月に登場した「オープンフレーム Ver.mini-ITX」も白黒ともに現在も好評で、新ラインアップもヒットを期待されている。

 TSUKUMO eX.は「オープンフレームはパーツを閉じ込めないので、質感も光も生のままで鑑賞できます。ホコリが入りやすいなどのデメリットもありますが、物理的な制限がアバウトになるメリットもありますし、けっこう幅広い層に浸透している感があります」と高く評価していた。

 オリオスペックも「元々、黒しかない頃に自らホワイトに塗装した人がいたくらい、最近の自作はホワイト需要があります。白一色でそろえたい人にはたまらないモデルだと思いますよ」と新たなラインアップを歓迎している。

オープンフレーム ver.mini-ITX オリオスペックに置かれた「オープンフレーム ver.mini-ITX」の白黒
N-FRAME TSUKUMO eX.の「N-FRAME」売り場。白の値札も加わっている
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう