ニュース
» 2020年03月07日 06時01分 公開

古田雄介の週末アキバ速報:GeForce GTX 1080搭載カードのバルク品が税込み2.8万円で掘り出される (1/2)

流通の緊急時は、意外な掘り出し物が出回ることもある。今週末はZOTACの「GeForce GTX 1080 Blow」のバルク品がスポット入荷して話題を呼んでいる。

[古田雄介,ITmedia]

 アキバのPCパーツショップでは今週も複数の新製品があり、棚にも大きな穴は見られない。それでもじわじわと在庫不安が強まっているのは、大半のショップが認めるところだ。

メモリに大容量SSD、電源、PCケースに不安――品薄とスポット

 特に品薄になっているパーツを尋ねると、ショップによって答えが分かれた。先週までと同じく、DDR4メモリや大容量SSDの在庫を挙げるショップが複数あったが、PCケースの倉庫ストックの枯渇を心配する声は明らかに増えた。また、電源ユニットも危険視する声が高まっている。ドスパラ秋葉原本店は「売れ筋の定格600〜650Wあたりの電源が厳しくなっています」と現況を伝える。

 また、TSUKUMO eX.は電源ユニットの在庫不足を補うため、Apexgamingの750W電源「AG-750M-JP」の取り扱いも始めた。価格は8660円(税込み、以下同)だ。「売れ筋シリーズの在庫が怪しくなってきたので、穴が出ないようにいろいろ動いています。80PLUS Gold認証の10年保証でこのお値段はお得だと思いますよ」という。

AG-750M-JP Apexgaming「AG-750M-JP」

 流通が平常通りにいかないときは、こうした形で新しい顔ぶれが加わることもある。同じ理由で珍しいスポット入荷品が店頭に並ぶこともだ。

 AG-750M-JPと同じフロアには、ZOTACから2016年7月に登場した企業向けのGeForce GTX 1080搭載カード「GeForce GTX 1080 Blow」のバルク品が並んでいた。価格は2万7478円だ。数十台入荷したが、「土曜日まで在庫が残っているか微妙」という状況とのこと。

GeForce GTX 1080 Blow TSUKUMO eX.にスポット入荷した「GeForce GTX 1080 Blow」のバルク品

 製品だけでなく、街の往来はどうなったのだろうか。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう