ニュース
» 2020年03月09日 12時00分 公開

古田雄介のアキバPick UP!:ROG STRIXから白と黒の“最強モデル”が登場! (1/4)

先週はグラフィックスカードの新製品が多数店頭に並んだ他、プレクスターの新型PCIe SSDや4K&IPSで3.5万円の28インチ液晶なども売り出されている。

[古田雄介,ITmedia]

 先週、複数のショップで目立っていたのはASUSTeKの新製品だ。

 クーラー売り場には簡易水冷キット「ROG STRIX LC 360 RGB」が並んでいる。2月半ばに登場したROG STRIX LCシリーズの中で、唯一出荷が遅れていた。360mmラジエーターを採用し、3連の12cmRGBファンで放熱する。価格は3万3000円前後(税込み、以下同)だ。

ROG STRIX LC RGBの360mm黒とRTX 2080 SUPERの白が登場

 入荷したTSUKUMO eX.は「最近の水冷は360mmタイプが人気ですし、黒のROGで統一したい人は白の360mmがあっても待っていたと思います。確実に需要があるモデルじゃないかと思いますね」と話していた。

ROG STRIX LC 360 RGB ASUSTeK「ROG STRIX LC 360 RGB」のパッケージ
ROG STRIX LC 360 RGB ROG STRIX LC 360 RGBの動作イメージ

 逆に、先行する黒モデルに白モデルが追加されたのが、GeForce RTX 2080 SUPER搭載カードだ。ROG STRIX LC 360 RGBと同じタイミングで、白いボディーで統一した「ROG-STRIX-RTX2080S-O8G-WHITE-GAMING」が出回っている。価格は2019年8月登場の黒モデルより数千円高い12万円前後となっている。

 パソコンSHOPアークは「全体をホワイトで統一したいというニーズもありますし、ROG STRIXということでこちらも注目を集めそうです」という。

ROG-STRIX-RTX2080S-O8G-WHITE-GAMING ASUSTeK「ROG-STRIX-RTX2080S-O8G-WHITE-GAMING」のパッケージ
ROG-STRIX-RTX2080S-O8G-WHITE-GAMING 白いボディーが印象的だ

 その他、同社からはGeForce RTX 2060 SUPERを搭載した2連ファンモデル「DUAL-RTX2060S-O8G-EVO-V2」も6万円前後で登場している。「V2」なしモデルよりもカード長が短くなり、DisplayPortを1基減らしているのが主な違いだ。

       1|2|3|4 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう