ニュース
» 2020年03月16日 06時00分 公開

古田雄介のアキバPick UP!:東芝から16TB HDDが登場! サムスンからはPCIeカード型1.6TB SSDも!! (1/4)

先週は、NAS向け16TB HDD「MN-He MN08ACA16T」が登場した他、Xtrfyの“スーファミカラー”キーボードやSeasonicの電源ユニットもデビューしている。

[古田雄介,ITmedia]

 先週は、大容量ストレージの新製品が目立っていた。東芝からはNASや監視カメラ向けの16TB HDD「MN08ACA16T」と、3.5インチのスタンダードな6TB HDD「DT02ABA600」が登場した。価格は、順に6万円前後と1万2000円前後(税込み、以下同)となる。

MN-He MN08ACA16T 東芝のMN-Heシリーズ「MN08ACA16T」
DT02ABA600 東芝「DT02ABA600」

東芝16TB HDDは約6万円、サムスン1.6TB PCIeカードは約9.2万円

 特に注目を集めているのは、MN-Heシリーズの「MN08ACA16T」だ。現行のHDDで最大容量となる16TBモデルは、Seagateから2019年6月末にエンタープライズ向けの「Exos X16 ST16000NM001G」が、7月末にNAS向けの「IronWolf ST16000VN001」と「IronWolf ST16000NE000」が売り出されているが、東芝からは初のラインアップとなる。

 入荷したTSUKUMO eX.は「10TB以上は、明確に用途を決めて買いに来られる方が増えます。14TB以上の選択肢がかなり少なくなっているので、良い位置に来たかなと思います」と話していた。

TSUKUMO eX. TSUKUMO eX.の14〜16TB HDD価格表。取材時に、16TBは在庫切れとなっていた

 また、SSDではサムスンからPCIe x8接続のエンタープライズ向けシリーズ「PM1725b」が登場している。オリオスペックは1.6TBモデル「MZPLL1T6HAJQ-00005」を入荷した他、3.2TBモデル「MZPLL3T2HAJQ-00005」の受注も行っている。価格は順に9万2000円前後と16万3000円前後だ。

 容量1.6TBとなるMZPLL1T6HAJQ-00005のシーケンシャルリードは毎秒5400MBで、ライトは毎秒2000MBとなる。

 「法人さんは割と2.5インチSSDを好むところが多くて、PCIeカード型は個人や小規模オフィスで意外と人気があります。高速で大容量なSSDを求める方には面白いシリーズだと思いますよ」(同店)

サムスン「PM1725b MZPLL1T6HAJQ-00005」
       1|2|3|4 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう