ニュース
» 2013年10月02日 23時36分 UPDATE

エミライ、クラスA動作&バランス駆動対応のヘッドフォンアンプ「TAURUS MK2」を発売

エミライから、香港AURALiC製のバランス駆動対応ヘッドフォンアンプ/プリアンプ「TAURUS MK2(AUR-TRSH2)」が登場。

[ITmedia]

 エミライは、香港AURALiC製のバランス駆動対応ヘッドフォンアンプ/プリアンプ「TAURUS MK2(AUR-TRSH2)」を10月25日に発売する。予想実売価格は20万円前後。

Photo 「TAURUS MK2」

 クラスA動作の「ORFEOクラスAモジュール」を搭載し、バランス駆動にも対応した据え置き型のヘッドフォンアンプ。負荷600オーム時で1000ミリワット(BALモード)、32オーム時で4500ミリワット(STDモード)という高出力に加え、超低ノイズ回路によりノイズレベル0.8uV以下、130dBを超える広いダイナミックレンジを実現したという。またRCA/XLRのプリアウトを備えており、プリアンプとしても利用できる。

Photo 背面のインタフェース

 そのほかのインタフェースは、出力が6.35ミリステレオ標準ヘッドフォン端子、4ピンXLRキャノン端子。入力はRCAおよびXLRとなっている。

 本体サイズは330(幅)×65(高さ)×230(奥行き)ミリ。重量は3.6キログラム。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう