ニュース
» 2013年10月23日 13時00分 UPDATE

フルHDで番組持ち出し&ストリーミング、ソニーのBDレコーダー新ラインアップ (1/2)

ソニーがBDレコーダー5機種を発表した。新たにフルHD解像度の“番組持ち出し”やストリーミング再生(DLNA/DTCP-IP)を可能にして、高機能なスマートフォンを生かせるようになった。

[芹澤隆徳,ITmedia]

 ソニーは10月23日、Blu-ray Discレコーダーの新ラインアップを発表した。新たにフルHD解像度の“番組持ち出し”やストリーミング再生(DLNA/DTCP-IP)を可能にして高機能化するスマートフォンに対応。また、4Kテレビとの接続を想定して映像エンジンをブラッシュアップしたモデルも用意している。5機種を11月16日に発売する予定だ。

ts_sonybdrec01.jpgts_sonybdrec02.jpg 「BDZ-ET2100」(左)、「BDZ-ET1100」と「BDZ-EW1100」(右)。トリプルチューナーモデルは、従来の57ミリから46.5ミリへと薄型化。デザインは“クォーツ”デザインコンセプトを継承。フロントパネルはハーフミラー加工だ

型番 BDZ-ET2100 BDZ-ET1100 BDZ-EW1100 BDZ-EW510 BDZ-EW510
チューナー 3 2 1
内蔵HDD 2Tバイト 1Tバイト 500Gバイト
映像処理回路 CREAS 5 CREAS 4
ソニールームリンク
おでかけ転送 なし
市場想定価格 11万円前後 9万円前後 7万5000円前後 6万5000円前後 5万5000円前後
発売日 11月16日

 3番組の同時録画に対応したトリプルチューナーモデルは、「BDZ-ET2100」および「BDZ-ET1100」の2機種。基本機能に差はなく、HDD容量のみが異なる。ダブルチューナーモデル「BDZ-EW1100」と「BDZ-EW510」も同様で、これにシングルチューナーモデル「BDZ-EW510」を加えた5機種が2013年冬商戦向けラインアップとなる。

 なお、最上位モデル「BDZ-EX3000」は継続販売するが、スカパー!プレミアムチューナー内蔵の「BDZ-SKP75」は生産終了。Wチューナーモデルに用意されていたホワイトのカラーバリエーション(BDZ-E500/W)も新製品へのリプレースに伴って生産完了となる。

トリプルチューナー機には「4Kテレビモード」搭載

 「BDZ-ET2100」および「BDZ-ET1100」には、新しい映像処理回路「CREAS 5」を搭載した。BDZ-EX3000の「CREAS Pro」から一部機能を移植したもので、階調表現は最大16bit相当に拡大。またEPGの番組ジャンル情報を元に各種パラメータを切り替える「ジャンル別最適画質」に機能追加を行ったほか、4Kテレビに適した「4Kテレビ」モードを新たに搭載している。「映像出力こそ1080/60p(2K)のままだが、4Kブラビアのアップコンバートを前提としてチューニングを施した。輪郭強調は抑え、精細感を高める」(同社)。

ts_sonybdrec04.jpgts_sonybdrec03.jpg 「4Kテレビ」モードを搭載(左)。トリプルチューナーモデルの背面端子(右)

 一方の「ジャンル別最適画質」には、動きの速いシーンからノイズを抑える「スポーツ」や、アップのシーンでも出演者の顔をキレイに見せる「ドラマ」、音楽ライブの臨場感を向上させる「音楽」を新設した。また従来機から継承した「映画」や「アニメ」もノイズ除去の精度を高めるなどアップデートが図られている。

 音質面では、バーチャルサラウンド技術「S-Forceフロントサラウンド」をはじめ、圧縮音源再生でも奥行き間や立体感を追加する「ハーモニクスイコライザー」、アンダースピーカーのテレビを使用した際に音声を上方引き上げる信号処理技術「テレビ音声位置補正」の3つを追加。「BDZ-EX3000」譲りの技術をトリプルチューナーモデル全体に展開するという。


iconicon
       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.