ニュース
» 2013年12月11日 23時27分 UPDATE

フォステクス、フルレンジスピーカー並の位相特性を実現したプロ向けモニター「PX-6」

フォステクスから、プロフェッショナル・モニター・システムの新製品「PX-6」が登場。デジタルFIRフィルターの採用で、フルレンジスピーカーに匹敵する位相特性を実現したという。

[ITmedia]

 フォステクスは、プロフェッショナル・モニター・システム「PX-6」を2014年1月中旬に発売する。1台あたりの標準価格は5万400円。

Photo プロフェッショナル・モニター・システム「PX-6」

 165ミリ径ウーファーと25ミリ径ソフトドームツィーターに加え、デジタルFIRフィルターの採用でフルレンジスピーカーに匹敵する位相特性を実現したというアクティブスピーカーシステム。ウーファーの振動板は、天然繊維とアラミド繊維を混ぜてクリムゾン樹脂に浸し、高い強度と安定した中低音を実現する。またエッジにはブチルゴムを、磁気回路には強力なマグネットを搭載。一方のソフトドームツイーターは、UFLC振動板により軽量で安定度の高い性能を実現したという。

PhotoPhoto

 定格出力は、50ワット(LF)と28ワット(HF)。そのほか、サブウーファーとの位相調整(0〜180度/20ステップ)が可能なハイパスフィルター機能、摺動ノイズに影響されないボリューム/トリム調整用のロータリーエンコーダー、入力信号のない状態が約4時間続くと自動で消費電力を下げるスタンバイ機能、電源投入時に設定音量レベルまで徐々に大きくするフェードイン機能なども備えている。

 本体サイズは208(幅)×335(高さ)×253.3(奥行き)ミリ、重量は約7キロ。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう