ニュース
» 2014年01月06日 16時54分 UPDATE

zionote、4ピンXLR端子のバランス出力を備えたヘッドフォンアンプ「Marley」

トップウイングとzionoteが、M2TECHのデュアルドライブClass Aヘッドフォンアンプ「Marley」を販売する

[ITmedia]

 トップウイングとzionoteは1月6日、M2TECHのデュアルドライブClass Aヘッドフォンアンプ「Marley」を販売すると発表した。価格は16万円。1月7日に発売する予定だ。

ts_mar01.jpg 「Marley」

 ディスクリート構成のClass A回路を搭載したヘッドフォンアンプ。「あらゆる曲とヘッドフォンで“ベストオーディオパフォーマンス”」を目指して開発したという。

 入力は、RCAピンのアナログ2系統。ヘッドフォン出力は2系統あり、ボリュームが独立したデュアルステレオ構成となっている。2つのヘッドフォンを同時に使用し、音量を個別に設定することが可能だ。さらに、4ピンXLR端子によるバランスヘッドフォン出力も搭載している。

 アナログライン出力も2系統。ボリューム操作を反映する端子とボリュームを経由しない端子を個別に搭載した。前者はプリアンプとして利用する際に、後者はTAPE OUT用として利用できる。

ts_mar02.jpg 背面端子

 本体サイズは200(幅)×200(奥行き)×50(高さ)ミリと、M2TECHのD/Aコンバーター「YOUNG」と同サイズに仕上げた。重量は約2キログラム。電源にはACアダプターを使用する。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう