ITmedia NEWS >
ニュース
» 2014年04月16日 21時15分 公開

パイオニア、振動素子で重低音再生を強化したカナル型イヤフォン「SE-CL751」

パイオニアは、「BASS HEAD」シリーズに低周波数振動を発生させる新開発の「BASS EXCITER」を搭載した「SE-CL751」を4月下旬に発売する。

[ITmedia]

 パイオニアは、重低音の再生を強化したヘッドフォン/イヤフォン「BASS HEAD」シリーズに、カナル型ヘッドフォンの新ラインアップ「SE-CL751」を追加し、4月下旬より発売する。価格はオープンで、市場想定価格は6700円(税別)だ。

 同社のクラブミュージックを“聴く”ためのヘッドフォン/イヤフォンとして最上位モデルとなる「Superior Club Sound」シリーズ「SE-CX9」と「SE-CX8」にも搭載されている新開発の「BASS EXCITER」を採用し、低音域をより強く体感できることをうたう。

「SE-CL751」シリーズは、3色のカラーバリエーション(レッド、ブルー、ブラック)で展開する

 コードを耳の上にかけるスタイルを採用し、右耳用は赤色として容易に判別ができるよう工夫されている。重量は約11グラム(コード含まず)で、S/M/Lのイヤフォンチップ(シリコン)が各2個ずつ付属する。

「SE-CL751」のスペック

型番 SE-CL751
ドライバー ダイナミック型+エキサイター
再生周波数特性 4〜2万5000Hz
インピーダンス 16オーム
音圧感度 101dB
最大入力 100ミリワット(JEITA)
ケーブル長 1.2メートル
プラグ形状 3.5ミリステレオミニ
カラーバリエーション レッド(-R)/ブルー(-L)/ブラック(-K)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.