ITmedia NEWS >
ニュース
» 2014年04月24日 17時32分 公開

384kHz DXDやDSDギャップレス再生に対応した「Astell&Kern AK240」用拡張ファームウェア が公開

アユートが4月24日、「Astell&Kern AK240」用拡張ファームウェア 「ver.1.11」を公開。 DXD(WAV 384kHz、32/24bit)の再生サポートなど機能を追加した。

[ITmedia]

 アユートは4月24日、iriver「Astell&Kern」ブランドのフラグシップモデル「AK240」用拡張ファームウェア「ver.1.11」を公開した。

「ver.1.11」での機能拡張

01:DXD(WAV 384kHz、32/24bit)の再生をサポート(192kHzにダウンサンプリングしての再生となり、イコライザーはサポート対象外)

02:DSDファイル再生時の光出力サポート(PCM 176.4kHz、24bit変換)

03:DSDファイル再生時のギャップレス再生をサポート

04:データベース更新機能追加(「設定」→「出荷時の設定に戻す」項目に追加 )

05:通知バー(画面上側から引き出すメニュー)にバランス出力、ライン出力のオン/オフ機能を追加、 MQSストリーミング時、ALAC及びAIFFファイルに対応

06:アルバム検索リストにてアルバムアートサムネイル表示機能を追加

07:再生時アルバムアートフル表示機能を追加(画面タッチで表示変更)

08:USB-DACモード時、LCD画面にサンプリングレート表示機能を追加

09:バランス出力時、ボリューム画面にてオン/オフ機能を追加

10:再生ファイルの詳細表示にファイルのパス(保存場所)表示機能を追加

11:一部ファイルの文字化けを改善

「Astell&Kern AK240」

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.