ニュース
» 2014年05月07日 15時12分 UPDATE

お風呂でも使えます:ボール型Bluetoothスピーカーが防水仕様に! ソニーから「SRS-X1」「SRS-X2」発売

ソニーは、ワイヤレススピーカーの新製品「SRS-X1」および「SRS-X2」を発表した。SRS-X1は、従来機からデザインや基本機能を継承しつつ、ユーザーから要望が多かったという防水機能を備えた。

[ITmedia]

 ソニーは5月7日、ワイヤレススピーカーの新製品「SRS-X1」および「SRS-X2」を発表した。どちらもBluetooth 3.0/NFCとバッテリーを搭載し、スマートフォンなどとの接続を容易にしたポータブルタイプだ。いずれも価格はオープンで、6月21日に発売する。店頭ではSRS-X1が8500円前後、SRS-X2は9500円前後になる見込みだ(税別)。

ts_ball07.jpg 「SRS-X1」。カラーバリエーションは、ホワイト、ピンク、バイオレット、ブラックの4色

 「SRS-X1」は、2012年に発売した球形Bluetoothスピーカー「SRS-BTV5」の後継機。デザインや基本機能を継承しつつ、ユーザーから要望が多かったという防水機能を備えた。防水機能は、JISのIPX5(あらゆる方向からの噴流水に対して本体に影響がない)およびIPX7相当(水深1メートルに静かに沈め、30分間放置しても影響がない)。キッチンや浴室などの水回りでも利用できる。

ts_ball01.jpgts_ball02.jpgts_ball03.jpg 上面にマイクやNFCを搭載。背面のボタンで早送り/早戻しも可能だ

 搭載ユニットはフルレンジ1基のモノラル仕様。従来機同様、音を効率よく拡散させる“サークルサウンドステージ”(ディフューザー)を備えている。本体下面にはパッシブラジエーターを搭載して低域を補強した。さらにステレオペアリング機能を搭載しており、2台購入すればステレオスピーカーとしても利用できる。またマイクを内蔵し、ハンズフリー通話も可能だ。

 内蔵アンプの出力は従来機の最大1.2ワットに対して新製品は5ワットに強化。内蔵バッテリーで最長12時間の連続駆動が可能だ。充電は本体のmicro USB端子で行う。パッケージにはmicro USBの充電ケーブルおよびキャリングポーチが同梱(どうこん)される。

 本体サイズは、約78(幅)×80.5(高さ)×78(奥行き)ミリ、重量は約185グラム。

ステレオのポータブルタイプ「SRS-X2」も登場

 「SRS-X2」は、ステレオスピーカーを搭載した横長タイプ。防水仕様ではないが、バッテリーを内蔵して手軽に持ち運べる点は「SRS-X1」と同じだ。Bluetooth 3.0およびNFCに対応しているため、NFC搭載スマートフォンとの組み合わせではワンタッチでワイヤレス再生が可能になる。

ts_ball04.jpg 「SRS-X2」。カラーバリエーションはブラックとホワイトの2色だ

 バスレフ式のキャビネットにフルレンジユニットをステレオで搭載。各チャンネル最大10ワットで駆動する。またソニー独自のさまざまなデジタル信号処理技術を組み合わせ、煩雑な設定は不要で“ソニー推奨設定”を活用できる「ClearAudio+」(クリアオーディオプラス)も搭載した。内蔵バッテリーで最長5時間の連続駆動が可能だ。内蔵マイクによるハンズフリー通話にも対応している。

ts_ball05.jpgts_ball06.jpg 上面に各種操作部とNFC、背面にmicro USB端子とアナログ外部入力を装備

 本体サイズは、約171(幅)×60.5(高さ)×56.5(奥行き)ミリ。重量は約500グラム。ACアダプターやmicro USB充電ケーブル、キャリングポーチが付属する。

 なおソニーでは、5月8日から東京、大阪、名古屋のソニーショールームおよびソニーストアで新製品2機種の先行展示を行う。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう