ニュース
» 2014年05月19日 19時05分 UPDATE

氷点下の味わいを自宅でも!:タカラトミー、缶ビール急冷器「ストロングビアクーラー」発売

氷点下まで冷やしたビールののどごし……。飲食店のビアサーバーでしか味わえないものと思っていたら、タカラトミーが自宅で缶ビールをあっという間に氷点下まで冷やしてしまう急冷器を発売するという。

[ITmedia]

 タカラトミーマーケティングは2014年5月22日、缶ビールを急速に冷却する器具「ストロングビアクーラー」を発売する。価格はオープンで、予想実売価格は3980円(税別)の見込みだ。

hs_Strong_Beer_Cooler.jpg タカラトミーマーケティングの「ストロングビアクーラー」。本体右側のスイッチで好みの温度を設定する

 使い方は簡単。ふたを開け、缶ビールを入れて仕切り板をセットしたら氷を投入し、ふたを閉めてスイッチを入れるだけ。冷やせる缶の大きさは330ミリリットル、350ミリリットル、500ミリリットルの3種類。

 冷却モードは2種類。約6度に冷やす「飲み頃モード」と、約-2度まで冷やす「氷点下モード」だ。モードは本体右側のスイッチで切り替える。氷点下モードで冷やすには、氷に加えて塩も投入する必要がある。常温から氷点下まで冷やす場合、6〜8分で済むという。温度センサーを内蔵しているので、冷やし過ぎることもない。

 急速に冷却できるのは、氷が溶けて水になるときに周囲の熱を奪う融解熱や、塩が水に溶けるときに周囲の熱を奪う溶解熱を利用しているため。さらに、スイッチを入れて冷却が始まると、本体内で缶がゆっくりと回転する。回転することでむらなく缶を冷やすのだ。

 電源は単3乾電池3本。外形寸法は248(幅)×142(高さ)×124(奥行き)ミリ。重量は約480グラム。

関連キーワード

ビール | タカラトミー


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.