ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「ビール」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

質問!お酒→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」でお酒関連の質問をチェック
「ビール」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

アサヒビール、紙パルプ由来の樹脂でビール用カップ開発 パナソニックと
プラスチック製や紙製のビールカップと異なり繰り返し使えることから、環境負荷軽減につながるとして、屋外イベントでのビール販売などで活用する考えだ。(2019/7/10)

J-Coin Pay、ZOZOマリンスタジアムに導入 ビール100円引きも
J-Coin Payが8月6日からZOZOマリンスタジアムで使えるようになる。スタジアム内でJ-Coin Payを使うと、期間限定でビールを通常価格から100円引きになる。(2019/7/9)

「酒場のサブスク」は、流行るのか
定額料金で期間中何度でもサービスを利用できるサブスクリプション(サブスク)。東京・銀座でスタートした日本初のクラフトビール専門のサブスクは、会員の来店頻度が店側の想定を大きく上回り、新規の「常連さん」がにぎわいを生んでいる。(2019/7/8)

「お前は今幸せか?」 群馬県の地ビール ラベルが何を言っているか分からないぶっ飛び具合で話題に
プロデューサーに詩に込めた思いを聞きました。(2019/7/4)

「驕れる者は久しからずやで」 初夏に「そうだ 京都、行こう」と誘われたのでアートと地ビールをまったり堪能してきた
あざやか新緑と「モッフモフ」な苔!! 嵐電・嵐山駅名物の駅構内ビアガーデンも始まっていました。【写真46枚】(2019/7/3)

自然エネルギー:
ビール工場に「再エネ×水素」で電力供給、アサヒビールが東芝「H2One」を導入
アサヒグループホールディングスが茨城県のビール工場に東芝のCO2フリーの自立型水素エネルギー供給システム「H2One」を導入。工場見学時の試飲に必要なビールサーバ、照明など見学施設の電力として活用する。(2019/6/20)

「BI」×「自然言語クエリ」のメリット【前編】
ビール大手がMicroStrategy製BIの社内普及に役立てた「自然言語クエリ」とは?
ビジネスインテリジェンス(BI)ツールに自然言語技術が搭載されていれば、従業員にとっての「使いやすさ」のハードルが大幅に下がる可能性がある。飲料大手Hijos de Riveraの事例から、その実力を探る。(2019/6/18)

成城石井でそろうレモネードとビールで夏向け爽快カクテル! パナシェ3種を飲み比べ
休日のお昼に飲むのに、ぴったりなカクテルのひとつ。(2019/6/16)

平日の仕事終わりに:
月2496円で1日1杯 ビールの「サブスクリプション」サービスの狙い
スプリングバレーブルワリーは6月17日から、月額制で1日1杯ビールを提供するサブスクリプションサービスを開始。東京・銀座の1店舗で実施する。(2019/6/13)

災い転じて福となす:
HUBがビールを値上げしたのに、客数と売り上げを増やせたワケ
英国風PUBチェーンの「HUB」は2018年6月にビールを値上げした。しかし、客数は減るどころか逆に増えた。どのような戦略を打ち出したかというと……。(2019/6/7)

【Amazonタイムセール祭り】Echo Spotが6月2日限定で4500円割引! 人気のビールやチューハイも限定特価に
お得です……!(2019/6/2)

転職バーのハルカさん(14):
PR:ここを外しちゃオサラバよ――思い出のにっがい黒ビール
アナタ、何を怖がってるの?――憧れのアイドル「ファンシーメタル」が自宅まで来てくれたのに、扉の外に出られないカナタ。深く傷ついてしまった彼の心を、シュウヘイたちは解きほぐせるのか?(2019/5/30)

タイムアウト東京のオススメ:
野外ビールの季節を祝う
東京の街の“ローカルエキスパート”が、仕事の合間に一息つけるスポットやイベントを紹介します。(2019/5/8)

GWの人ごみに疲れたパパを癒す「お父さん預かりサービス」が大阪・なんばに登場 ビール片手にマットでごろごろ
子どもと一緒に利用可能。(2019/4/25)

期間限定オープン:
「からあげクンBAR」に行ってみた 独自の世界観と創作レシピをビールと一緒に味わう
4月15日から5月6日まで、「からあげクンBAR(バル)」がオープン。限定メニューをビールと一緒に味わえる。誕生してから33周年を迎えたからあげクンの新戦略とは?(2019/4/17)

“泡”で業界底上げ目指す:
ビールの味が変わる? 「プレモル」が注力する“体験”戦略
ビール市場の縮小が続く中、サントリー「ザ・プレミアム・モルツ」は足元の販売が堅調だ。ビールの「泡」のおいしさを体験する機会を増やす活動に注力している。「業界全体の活性化につなげたい」と話す山田賢治社長に戦略を聞いた。(2019/3/20)

「完全におっさんの飲み方」 川口春奈、ジョッキビールをかっくらう“飾らない姿”にファン驚き
最高だね。(2019/3/9)

「一緒にビールが飲めました」 あいみょん&新垣結衣、密着2ショットにファン「けもなれロス」「最高の組み合わせ」
2人と一緒にお酒が飲みたい。(2019/2/23)

シンカンセンスゴイカタイアイスも対象 JR東日本、駅弁など車内販売の見直しを発表 北海道や九州でも
ビールとおつまみは残る。【訂正】(2019/2/18)

かつては競合関係:
米企業による“乗っ取り”? 「オリオン買収」への沖縄県民感情に配慮、TOBの舞台裏
野村ホールディングス(HD)傘下の投資ファンドと米投資ファンドのカーライル・グループがオリオンビール(沖縄県浦添市)に対する株式の公開買い付け(TOB)を進めている。経営陣による自社買収(MBO)の一環で、営業力を強化して海外展開を加速し、地域経済の発展につなげるというストーリーを描く。実は当初、野村HDとカーライルは競合関係にあった。最終的に共同提案の形に落ち着いた背景には、会社の将来性のためだけでなく、複雑な県民感情への配慮があったという。(2019/2/14)

「第3のビール」だったのか、果たして:
「極ZERO」訴訟で国に敗訴したサッポロ、控訴へ 「正当性主張する」
ビール系飲料「極ZERO」の酒税として納付した約115億円の返還を巡って国に敗訴したことを受け、サッポロビールが控訴すると発表。「引き続き当社の正当性を主張してまいります」とコメントしている。(2019/2/13)

シャウエッセンにピリ辛な「ホットチリ」が登場 発売35年目にして初となる新しい味
めっちゃビールに合いそう……!(2019/2/8)

春節前、SNSデータから分析:
中国人客は日本で「取りあえずビール」をやってみたい…… なぜ?
春節を前に中国人向けSNSのつぶやきを調査。2018年間の「訪日時に食べた物」を分析した。唐揚げやビールなどちょっと意外な物がランクイン。(2019/1/31)

ビール事業の活路探る:
オリオンビール買収の行く末は?
オリオンビールが、野村ホールディングスと米投資ファンドのカーライル・グループによる買収を受け入れた。厳しい環境にあるビール事業をどう発展させるのか。新体制の手腕が試されている。(2019/1/30)

スピン経済の歩き方:
「アルコール離れ」は悪いことばかりなのか 関係者の“不都合な真実”
「ビール離れ」に歯止めがかからない。大手メディアは「消費者の節約志向」「豪雨や地震の影響」などと報じているが、ビールの消費量は14年連続で減少している。「減少が続いている」と聞くと、あまりいいイメージを抱かないかもしれないが、筆者の窪田氏はちょっと違う見方をしている。どういうことかというと……。(2019/1/22)

楽天が「スマートスタジアム構想」を発表 チケットや飲食代を完全キャッシュレスに
来場者へのサポート施策やビール半額などのサービスも予定。(2019/1/14)

「真の成長へ」挑戦誓う:
販売開始60年、節目迎えたオリオンビール
ビール販売開始から60年の節目を迎えるオリオンビールは、今年を「新たな創業の年」と位置付ける。(2019/1/9)

神サービスか悪魔のワナか ビールの備蓄が減ると自動で補充分が配達される専用冷蔵庫が開発
ユーザーの酒量まで把握したうえで、最適なタイミングでビールを配送してくれます。(2019/1/8)

CES2019:
Shiftallの自社製品第1弾はIoT冷蔵庫、ビールを飲んだら自動で補充
Shiftall(シフトール)は、自社開発の専用冷蔵庫と組み合わせたクラフトビールの自動補充サービス「DrinkShift(ドリンクシフト)」を開発。2019年内にサービスを開始する。(2019/1/8)

CES 2019:
好きなビールを切らさない シフトール、CESでクラフトビール自動補充サービスを発表 年内にサービス開始
Shiftall(シフトール)が「CES 2019」でクラフトビールの自動補充サービス「DrinkShift」(ドリンクシフト)を発表した。2019年中のサービス開始を目指す。(2019/1/7)

スウィーツにも合うビール!? 豊かな風味の癒やし系ビールがチーズケーキと相性抜群で意外すぎた
海外のビールではたまーーにありますが……。(2018/12/7)

「第3のビール」ってそもそも何? 第2のビールもあるの?
お酒を飲む人には常識?(2018/11/20)

今日のリサーチ:
クラフトビールを飲むきっかけ、1位は「口コミ」――ヤッホーブルーイング調査
クラフトビールはなぜ人気なのか。ブームを支える常飲者に調査した結果が発表されました。(2018/10/29)

「サウナで良くなった血流に幸福物質を流し込んでやれっ!!」 サウナとグルメのルポ漫画制作プロジェクトが支援を募集中
サウナの後のビール……!(2018/10/1)

会社の飲み会では「正しいビールの選び方」がある、という謎のマナーを守りたい
新人よ、がんばるな。(2018/9/2)

7色のビール「レインボーやる気ビール」が京都の焼肉バルに登場 カラフルに残暑を乗り切れそう
フレーバーも、もちろん7種類!(2018/8/21)

「はやぶさ2」応援ビールのラベルデザイン募集中 「リュウグウ」タッチダウンに合わせ発売
小惑星探索「はやぶさ2」のタッチダウンに合わせて10月に発売するビール「はやぶさ2 タッチダウン 清里ラガー」のラベルデザインを募集中。「八ヶ岳ビール タッチダウン」のブランドで発売へ。(2018/8/17)

漫画「ルーツレポ」:
自分がツインテールのかわいい女の子だと思い込んで「大江戸ビール祭り」の取材をレポートする
感想「日常と非日常の交わる場所……雨の境目に立っているような……」(2018/8/10)

「ガートナー データ & アナリティクス サミット 2018」レポート
アサヒビール×JAL×SOMPOホールディングス、データ活用のための組織と人材を語る
データ分析を担う人と組織はどうあるべきか、企業においてデータサイエンスに取り組む3人の担当者が語り合った。(2018/8/9)

キリンビールは9年ぶり増収増益:
キリンHD、1〜6月事業益は4.3%減 ビール類販売計画は上方修正
キリンホールディングスの18年1〜6月期連結業績のうち、売上収益から売上原価や販管費を差し引いた事業利益が前年同期比4.3%減の860億円になった。(2018/8/7)

エビスが大きく減少:
サッポロHD、今期営業益予想を下方修正 国内ビール類が不振
サッポロHDは18年12月期の連結営業利益予想を187億円から161億円(前年比25.7%増)に下方修正。(2018/8/3)

「俺の若いころはさあ〜」→扇風機ぶお〜ん 会話中の「先輩風」を可視化する装置が開発
クラフトビールブランド「よなよなエール」による、会社関連の飲み会における課題への取り組み。「無礼講」がテーマのトークゲーム「無礼講ースター」もあります。(2018/8/3)

消費者の今を知る:
飲まない若者でも職場の飲み会は重視 縮小するアルコール市場、その活路は?
日本のアルコール市場は1996年をピークに縮小傾向に。さらには消費されるアルコールの種類も変容している。90年代半ばまではビールが約7割を占めていたが、今では発泡酒やリキュール、その他の醸造酒等が増えているのだ。この市場の活路は?(2018/8/3)

名は体を表す:
サッポロ第三のビール「LEVEL9」、謎のレベル設定で売れた深い訳 
サッポロビールの高アル系第三のビール「LEVEL9」が好調だ。このジャンルで最高のアルコール度数「9」の数字をプロモーションで強調したほか、ターゲットである中年男性がゲーム世代のためRPGで出てくる「レベル」を商品名に入れた。(2018/7/30)

ねとめし:
「酒好きは全員やってみてほしい」 ICEBOXに缶ビールをぶち込むカクテル「ビールボックス」が暑い日に最高
今年の夏はこれで乗り切りたい。(2018/7/27)

スピン経済の歩き方:
セブンが「100円生ビール」を中止した、2つの心当たり
セブン-イレブンの「100円生ビール」が中止になった。本部が中止の判断を下したことを受け、さまざまな憶測が飛び交っているが、筆者の窪田氏は2つの理由が大きいのではないかと見ている。どういうことかというと……。(2018/7/24)

「おい、生ビール」なら1杯1000円 頼み方で値段が変わる居酒屋のユニーク貼り紙、運営元に話を聞いた
(2018/7/23)

実際にお店で飲んでみた:
生ビールが飲める“居酒屋コンビニ”発見! これがセブンの目指す道?
セブン‐イレブンは生ビールのテスト販売を中止したが、実は2016年から約50店舗で生ビールを提供しているコンビニチェーンがある。お客に好評なので今年からある店舗でチューハイとハイボールの提供も始めたという。実際に記者が足を運んで、どんなお客が利用しているのか取材してみた。(2018/7/19)

セブン‐イレブンの生ビールサーバー「本部からの指示により提供中止」に 今後の提供については「未定」
【追記】広報からのコメントを追記いたしました。(2018/7/17)

7月下旬に再販売:
“透明ビール”を飲んでみた 8年越しの開発、アサヒ「クリアクラフト」
アサヒビールがテスト販売を開始した透明な発泡酒「クリアクラフト」。7月下旬から2回目のテスト販売を実施する。技術的なハードルを越え、8年越しで開発された「透明ビール」を飲んでみた。(2018/7/17)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。